今注目のニュース
「にゃんだこれ……?」 人形を乗せられてもされるがままの猫ちゃん 困惑の表情がかわいくてツボる
好きな人には自分だけを見てほしい… 仕事で話すのさえ嫌がる事例も
飛行機「バードストライク」の実態 毎日のように発生も、ほぼ問題なく目的地へ到着

フェアリートーン単語

フェアリートーン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(53)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

フェアリートーン3つの約束シシ!
1. はぐれないように気を付けるドド
2. いつも笑顔でにっこりファファ
3. 困ったときはチームワークラ!

フェアリートーンとは、『スイートプリキュア♪』に登場する妖精である。

担当声優は、本作のOP「ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪」をはじめ、プリキュア主題歌を数多く歌っている工藤真由がフェアリートーン全てのを担当してる。くどまゆ無双

なお、クレッシェンドトーンについてもこの記事にて紹介する。

概要

スイートプリキュア♪の登場キャラクター。それぞれがプリキュア変身に必要だったりするなど、詳細は全て明らかにはなっていないが、様々なを持っている。前々作「フレッシュプリキュア!」に登場したピックルンに近い感じの妖精だと思っていただければ宜しいかと。でもそれぞれのフェアリートーンの効果から、前作「ハートキャッチプリキュア!」のこころの種に近いかもしれない。
メイジャーランド女王アフロディテに命ぜられ、ハミィと共に、主人公である北条響南野奏たちの世界にやってきた。その的は、伝説戦士プリキュアとなる少女を探し、共に散らばった伝説楽譜の音符を探し集めることである。ハミィとは常に行動を共にしている。時に見せてくれるコミカルな動きは、ファンの間でもかわいいと評判な様子。また、投げ飛ばされたハミィを気遣い、ハミィの周囲を固めるような行動をとることもあるため、ハミィのボディガード的存在でもあるようだ。ちなみにそれぞれに語尾はあるものの、一応普通に喋れる。

今回プリキュアになれる資格とされるのが、ハートマーク付きのト音記号である為、「フェアリート音」だと思った人が何人か居るらしい。実際、スタッフが考えてフェアリートーンの「トーン」と、ト音記号の「ト音」を掛けている可性も考えられる。

全部で8匹おり、1匹ごとに色や語尾が異なる。基本的にはキュアモジューレに装着してプリキュア変身するほか、その状態のモジューレをオカリナとして吹いたり、新商品パワーアップアイテムに装着することなどで効果を発揮する。
各固体の名前の由来はもちろん、一般的に日本で浸透している音の呼び名であるイタリア語音名の「ドレミファソラシ」の7音から。念の為に言っておくが、一般的に浸透している固定ド(要するにピアノなどハ長調)におけるドレミファソラシである。また、間にある5音(ファやシ♭など(に相当するフェアリートーンは居ないらしい。

回収した音符を貯めこむことができるほか、7匹が集まってマイナーランド勢が拘束に用いる五線譜を解くこともできる。

ちなみに、各自担当の音階を出せるほかに、サッカーホイッスル音?)や太鼓、風鈴学校チャイムなどといった音を出すことができるそうだ。

ドリー
ピンク色妖精北条響のキュアモジューレに装着することで、キュアメロディ変身するを与える。またオカリナとして吹くと、傷ついた心を癒し、夢見る気分にさせる効果がある。ハミィく、「『ド』は『ドリーム』の『ド』」。もしかして夢原のぞみ/キュアドリーム
また、ミリーと共にミラクルベルティエに装着することで、上位技「プリキュアミラクルハートアルペジオ」を放つことができる。余談だが、ドとミの和音は長3度の音程である。
更に上位技である「プリキュアミュージックロンド・スーパーカルテット」を放つ際、「ファンタスティックベルティエクロスロッド」としてリズムの元へ移動する。ちなみにこのド・ファだと全4度の和音になる。
レリー
白色妖精南野奏のキュアモジューレに装着することで、キュアリズム変身するを与える。また、オカリナとして吹くと元気が湧いてくるようだ。「『レ』の音符のレジェンドメロディレレ♪」もしかするとこの子がくどまゆのに一番近いかもしれない。
また、ファリーと共にファンタスティックベルティエに装着することで、上位技「プリキュアファンタスティック・ピアチェーレ」を放つことが出来る。なおこちらも余談であるが、レとファでは短3度の音程である。
更に上位技である「プリキュアミュージックロンド・スーパーカルテット」を放つ際、「ミラクルベルティエクロスロッド」としてメロディの元へ移動する。ちなみにこのレ・ミだと長2度という広義での不協和音である。
ミリ
オレンジ色の妖精キュアメロディアイテムであるミラクルベルティエに装着し、新技「プリキュアミュージックロンド」を繰り出せる。若干影が薄い気がするが気のせいだろう。
ファリー
黄色妖精キュアリズムアイテムであるファンタスティックベルティエに装着し、メロディ同様新技「プリキュアミュージックロンド」を繰り出せる。
この子だけ腕が短いので腕組みできなくてすねてました。
フェアリートーンのコミカル担当的存在。
ソリー
緑色妖精キュアビートアイテムである「ラブギターロッド」に装着し、必殺技ハートフルビートロック」を繰り出す。「『ソ』は『ソウル』の『ソ』」。吹くと集中が上がるが、実際あんまり効果なかった
ラリー
水色妖精黒川エレンのキュアモジューレに装着することで、キュアビート変身するを与える。また、ラブギターロッドセットすることにより固有技「ビートリア」と「ビートソニック」を繰り出せる。フェアリートーンの中では一番幼いようだ。
シリー
青色妖精キュアミューズのキュアモジューレにセットすることで、新技「プリキュアシャイニングサークル」及び「プリキュアスパークリングシャワー」を繰り出せる。「『シ』の音符のシャイニングメロディ!」誰だ死の音符なんて言ったやつは!出てこいよ!
フェアリートーンのリーダー格であると見られる。
ドドリー
紫色妖精調辺アコのキュアモジューレに装着することで、キュアミューズ変身するを与える。ミューズ仮面を付けて行動していた時点では全く喋らない彼女の代わりに喋っていたが、かなり毒舌な様子。・・・かと思ったら他のフェアリートーンも意外と毒舌なようだ。ミューズの気持ちが分かるため、勝手にミューズの胸の内を明かしてしまうこともある。
なお、ドリーと「ド」が被る事になるが、どうやら1オクターブ上のドということらしい。
玩具『キュアドール』では、パッケージの横に妖精イラストが写っているが、キュアミューズだけはドドリーである(他の3人はハミィ)。

ティロ・フィナーレ」とか「音撃棒」とか言った少し頭冷やそうか・・・

なお、これらフェアリートーン達のは前述のように工藤真由が全て一人で担当し、それぞれを微妙に演じ分けている。ちなみにくどまゆ自身、過去プリキュアシリーズ劇場版を含め3度のゲスト出演を果たしており、このフェアリートーン役で遂にレギュラー出演となった。なお、プリキュア5でED曲を歌った宮本佳那子は、この翌々年に剣崎真琴キュアソード)役でプリキュアを演じており、今後もプリキュア主題歌を担当した歌手プリキュア妖精役に選ばれることがあるかもしれない。

なお、オールスターズ映画でも登場しているが、歴代妖精にはカウントされていない。

クレッシェンドトーン

この世界の全ての音を生み出したとされる音の精霊色の体でが生えている。担当声優は「Yes!プリキュア5GoGo!」でクレープ王女役だった西原久美子(この翌々年のドキドキ!プリキュアでは、キュアハート相棒妖精であるシャルルを演じている)。

フェアリートーンもこのクレッシェンドトーンから生まれたといい、いわばフェアリートーンの母親のような存在である。穏やかな口調とは裏に、本編ではなかなかのスパルタぶりを発揮している(特に映画版)。新アイテムとなる「ヒーリングチェスト」をり、フェアリートーンをベストコンディションにすることが出来る。

・・・だったのだが物語の終盤においてフェアリートーンが集まり、おや・・・?フェアリートーンのようすが・・・?

なお、「クレッシェンド」とは「だんだん強く」という意味を持つ音楽で、楽譜では不等号「<」に似た形の記号を用いるか、「cresc.」と表記する。対義は「だんだん弱く」の意味を持つ「ディクレッシェンド」もしくは「ディミヌエンド」。よく用いられる表現であるため、大抵の人は楽譜にしたことがあるだろう。

関連動画

待望の、権利者に優しいMMDモデルが登場w

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP