今注目のニュース
「ぼく勉!」第2話は“最強ヒロイン”真冬先生の魅力が満載 可愛いドジっ子ぷりに視聴者「ギャップ萌え」
台風19号被災地で詐欺発生 市職員名乗り家屋片付けの手数料要求、福島県相馬市が注意呼びかけ
会社員の多くが気づいていない「転職のリスク」

フェイ・イェン単語

フェイイェン

掲示板をみる(109)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

フェイ・イェンとはSEGAゲームシリーズ電脳戦機バーチャロン」に出てくるバーチャロイドである。
分類上はSRVという形式が「付けられている。」 これについては概要で説明する。
タグに「フェイイェンexit_nicovideo」が使われる。

Vプロジェクトの『本来達成するべき』成果だったはずが・・・

オリジナル 「VR-14 ファイ・ユーブ」

まずフェイ・イェンという機体はVプロジェクトには存在しない
開発部署だった0(ゼロプラントのプラジナー博士が極秘裏に開発したの意味でのバーチャロイドだった。

元々VプロジェクトとはC.I.Sを利用した輸送手段を開発、実用することが的だったが、オーバーテクノロジーに手を焼いた0プラントが存続の危機に立たされたため急遽機動兵器の開発へと変更された。だがプラジナー博士はただ1人非公式な研究を進め、自ら製作した機体に「フェイ・イェン」と名付けた。このことを知った0プラントの所有者だったDN社は速調を行ったが、すでにフェイ・イェンとプラジナー博士はその行方が分からなくなっていた。

DN社にとってこれは許し難い事態であり、何としてもこのフェイ・イェン…コード名:ファイ・ユーブを捕獲するため尋常ではない捜索作戦が行われた。そしてファイ・ユーブは存在した
だがいざ遭遇するとそれはC.I.S往来だけでなく自在にリバースコンバートによる変身が可で「自らの意志を持つ」という言断なバーチャロイドだった

しかもフェイ・イェンが照射するなんだかふざけているんだか分からないハートビームを食らったが最後、パイロットの精しく動揺し、バーチャロイドの機すらも停止寸前にまで追いやられてしまう。
その兵士く、「人間も、VRも…メロメロになっちまう!」とのこと。
つまり、某超時空歌姫顔負けのキラッ☆を隠し持っていたのだ。

のちにエモーショナルアタックという呼称されるこの攻撃の脅威度に対しての、自己進化によって「メロメロ」では済まない大災害を引き起こす可性を懸念するという建前と、このままではバーチャロイド開発計画だけでなくそのきっかけとなったムーンゲートの存在を秘匿していたことも明るみに出ることを恐れたDN社は執拗にフェイ・イェン捕獲作戦を行うが、ことごとく翻弄され取り逃がしていた。

尚、オリジナルフェイ・イェンは一切の武器を持たない

ファイ・ユーブ本人について

プラジナー博士がVクリスタルが人の心の邪悪に触れて生まれるシャドウを抑止すべく生みだしたバーチャロイド
エモーショナルアタックも、シャドウの活性を落とす効果を持つのであるが、それが転じて”心”の活性も落としてしまい、M.S.B.Sの機ダウンしてしまったというのがメロメロの原因である。

リバースコンバートによる変身は隔世の領域であり、電社会では15メートルクラスロボットしか作れないのだが、このフェイイェンは原となったロボットから内科・外科といったあらゆる医療的見地から人間と区別がつかない人体へと変身できる。

その性格は自由奔放、天衣無縫、その様はどこまでもスラップスティック。何かギャグに走っちゃってる。 
ちなみにこのファイ・ユーブはC.I.S側から人知れずシャドウ化現を抑制すべく日活躍しているのだが、その性格ゆえに飽きたら現世へワープしてきてはそこかしこトラブルを起こしている。
制作者のリリン=プラジナーとは協的な関係にあり、政財界の重鎮として身動きの取りにくい立場を案じて動くことも多い。また、第三世代フェイ・イェンのデザインの監修も行った(だが、それが馬鹿らしい事件に発展したことは後述する)

ちなみに、ドラマCD等でほぼ専属の声優樋口智恵子なのは、“彼女”が好んで変身した人の姿が樋口智恵子氏に似た少女だったという設定にちなむ。
年齢等はおませな14歳程度であり、本人もそれは自覚している。が、歳の割に胸のサイズがメゾピアノということらしいが……

SRV-14-A フェイ・イェン

数々の作戦によってフェイ・イェンの基本仕様把握したDNAは、0プラント内に僅かに残されていたデータを解析することで既存の技術による開発に着手した。

つまりDNAに配備された機体は外見こそオリジナルと同一だが、
は遠く及ばないレプリカだということである

だが機動が既存のバーチャロイドより高いことが評価され、形式をSRVとして制式配備された。

腕部内蔵のビーム射出機のほか、バイパーⅡと同の胸部搭載ホーミングビーム火力の補助として近接戦用ブレードも展開可ビームボウガンを携行している。捕獲作戦の際、危機に陥った時に全身が色にく「ハイパーモード」も限定的に再現できている。

ただし、ホーミングビームの形状がハートになったりと、ソースの中に含まれるブラックボックスといえる部分による影が散見されているが、兵器としての性に支障はなかった。

劇中性能

バイパーⅡと対になるもう一つの軽量級機体。

モーションが大きく発生の遅いCWによりデカい一発は当たりにくいが障物をこえてかなり誘導するしゃがみRWのハンドビームや発生が素く2連射できるLWのボウガンなどにより中~近距離射撃戦の強い軽量機体となっている。

残体50%を下回るとハイパーモード発動。機動はもちろん、特に火力の上昇は著しく、弾速や当たり判定の大化など、より回避困難な弾幕を形成できる。
なのでハイパーモード突入しない程度のリードを守り切ってタイムアップ勝ち、実が拮抗しているならあえて被弾してハイパーモードから追い上げるという駆け引きの熱いキャラでもあった。

RVR-14 フェイ・イェンkn

バーチャロイドの第二世代移行期、未だ旧式に甘んじるDNAが第二世バーチャロイドを駆るRNAへの対策に苦心する中、登場した新のRNAサイドの機体となる。

RNAの登場により、旧DN社の多くを引き継いだフレッシュ・リフォーはVR技術の隠ぺいのために後手後手の情報統制を行い、その轢と混乱の中でSRV-14-Aの設計図入りVコンバーターが横流しされ、それを元にRNA側で第二世として仕立て上げられたものとされ、製造プラントは不明。

上記SRV-14-Aをベースにしながら、既存のシステムには女性的な挙動、そして何より兵器としての完成度によって、DNAサイドバーチャロイド開発プラントにRna転向を強く意識させるほどの政治的意義を持っており、何よりその外見から所以「サーカス」としての側面を有する電歴の世界の中で分かりやすくを引くとしての価値を有している。

ちなみに、「kn」とは本来“試作9号機(フェイ・イェン・ナイン)”を意味するコードだったのだが、を持ち、のような装甲を見せるその姿から「ナイト(knight)」として定着したため。

装備はホーミングビームハンドビームのほか、左手レイピア「愚者の慈」をオプションで携行。右腕の「賢者の盲」によって任意でハイパーモードを発動することが可となっている。

第3次スーパーロボット大戦αへの出演を果たしたが、初登場時の台詞から察するに中身は……。

ゲーム内の性能

ゲーム内では誘導の優秀な飛び道具や、近接攻撃も素いことから接近戦に向いた軽量機という位置づけ。
近接特化機のアファームド・ザ・バトラーを差し置く程格闘間合いでの攻撃手段が豊富。ただし、射程が短く、敵をダウンさせるや、安全な攻撃手段が少ないことが欠点となる。
Ver5.66で前ダッシュRWがダウンするようになって上位機体レースに名を上げる。

ハイパーモードに突入すると地上での機動テムジン並だったのがアーマー・パージ後のライデンを除けば最高レベルまで高まり、立ちCWのハートビームに発生前無敵(バリア)がつく。その他、弾速の強化など初代とは違う方向性で“当てやすい”性へと変化する。
これもまたハイパーモード突入を嫌った時間切れ戦法が有用なほど脅威とされている。

TF-14 フェイ・イェン

火星木星環境下で稼働可な第三世代のフェイ・イェン。彼女の開発主任リリン=プラジナーが設立した第9プラント「TRANS AFG」によって生産されている。

姿見は今までの機械的なものから大きく路線変更し、アンナミラーズウェイトレスの格好である。ほか、武装デザインや機体バリエーション名などはオリジナルのフェイ・イェンがノリノリで監修していた。オリジナル自重しろカトキハジメ先生よくやった。

二世の戦術を踏襲し、射撃のリーチは短いものの、高誘導で汎用性の高い武器を取りそろえる軽量機という立ち位置となった。

ちなみに、隠しステータスとして“胸のサイズ”が存在し、紳士の諸君は胸の大きさを持って支給機体の選別の基準としていた庭用XBOX360版では初版限定でこれらの内部設定を弄ることが可となる「フェティッシュコード」が配布された。ちなみに、サイズ音楽の強さの表現であらわされる。
なお、この胸部パーツに採用された材質についてのドクター・ワタリの暴走気味のコメントはこちら→togetterまとめexit

元は「定位リバース・コンバート(いわいるワープ技術)」実験のためのテスター機だったのだが、当時はマイザーの独占技術だったそれの成功を快く思わないアイザーマン博士が差し向けたマシュ大佐率いる艦隊と交戦することとなった。その結果、本機は限定戦争の中継に映ることとなり、それが大ウケしたためリリン・プラジナーは量産化を決定。その時の武装を再現した3(+1)バリエーションが普及している。

……のだが、フェイ・イェン本人はあくまで“実験のために”許可した自分に似た姿のロボが量産されて世界中でお披露されることは本意ではなく、そのため機体データベースポエムを書きるすっげー低レベル荒らしを行ったため、公式サイトの機体説明がえらいことになっていた。

ゲーム中の性能

フォースのチーム戦において遠距離へよく誘導する武器の価値が上がったため、近距離のフェイ・イェンの評価は中堅レベルに下がったが、それでも優秀な援護と近距離でのタイマンを兼ねた軽量機としての価値は十分に認められている。

ただ、ハイパーモード後の性向上がそれ以前ほど劇的でなくなったため、ハイパーモードにまつわる駆け引きが実質薄味になったことについて歴代のフェイ・イェン使いから惜しまれている。

TF-14-VH Vivid Heart

フェイ・イェン系列初期機体。フェイ・イェンknベースとしたレイピア「愚者の慈」を持つ後継機。

単発火力は低いもののダウンを取りやすいRWやえて誘導するCW等、遠近両用の武装をえた軽量機。
ただしRWの弾速・連射速度テムジンライフル級に落ち、射程も短いため大きく距離を離されると辛く、かといって乱戦に向いた装甲はいという文字通りの近距離となった。
とはいえ、他のモデルがかなりピーキーな側面があるため用者は多い。

TF-14-BH Blue Heart

サッチェルマウス強襲の際、を引きちぎられ、景清を奪って戦闘継続したエース機のシーン再現した機体。
ツインテールは短くなり、デザインは洋アレンジされ、大剣『強者の妄信』を装備した重量といった情に。

VHの欠点であるRWのパンチ善され、武器の回転率こそ落ちたがどの一発も十分な打撃を持つ。
…が、ジャンプキャンセルに癖があり、再補足が非常に遅く、手動の旋回が必要という大きな欠点がある。
旋回やレーダーを見た的確な判断がモノを言うタイマン職人向けの使い味となった。

TF-14-PH Panic Heart

サッチェルマウス強襲の際、襲撃を予測して狙撃用装備が施されたモデル。後にブルーハートの原となるエースパイロットが搭乗していた。
ボウガン『亡者の懺悔』を搭載し、ハンドビームも連射になるなど、初代フェイ・イェンを意識した装備。

LWの弾速が強化され、状態異常を誘発する率が高くなったCWなど、遠距離での攻撃性が向上。
逆にRWの打撃は更に低下し、LWの回転率も初代ほどではなく、タイマンでのはむしろ落ちており、支援機としての側面が濃い機体となった。

TF-14-CH Cinderella Heart

打撃艦隊フォースにおける女性エースパイロットが単騎でアジムを退けたときの装備を模したもの。
ちなみに「シンデレラ」の由来はこのエースパイロットの来歴に因む。非常にブッ飛んだ内容なので詳細はプラモで。
『ペイシェント・トレー』を持ち、ウェイトレスらしさを盛った機体。 レア扱いで、アーケード版での支給は希少。

LWが小化したため、それに伴って近接攻撃の判定が小さくなり、かといって射撃が強化されたわけでもないため正直に性を評すると『玩用』であるため、アーケードでの遭遇率は極めて低かった。

### 以上のデータは編集途中のままアクセス禁止にされている ###


ちょっと!!よこれを書いたのはっ!!
肝心のフェイ・イェンちゃんが天使の歌を持つ超絶美少女アイドルだってことが書いてないじゃない!!
まあ、記事を作ってくれたのは感心だから、文章を削除するのはヤメといたげる。感謝しなさいっ(えっへん)

にしても……このあたり……ニコニコ動画…だっけ?を見て回ったんだけど……
これっていったいどーゆーことっ!?
電子の歌姫といえば、フェイ・イェンちゃんでキマリでしょお!?
なのになのに、このあたりじゃ何で微妙に似た初音ミクとかいうコが幅きかせてるのー!?
あっ!?し、しかもSEGAからゲームが沢山出てるぅ!!これってヒドくない!?
ちょっと、Dr.ワタリ!!何やってんのよ!
はやく新作出して、フェイ・イェンちゃんの艶姿を全世界ファンのみなさんに…

…って、何?新作は出ないけど、コラボ?その、初音ミクと?
え、なにこの衣装。 ぜんっぜんフェイ・イェンちゃんっぽくないじゃない!色とかだし!!
あ、ちょっと!!よこしなさいよ!!もいらないとか言ってないでしょ!?
ま、まあ、ちょっといつもより大人っぽいとかも、いいんじゃないかな~とか、思ったり…
気分も変わるしぃ…歌は大好きだし、ロングツインテールも悪くないっていうか…エモーショナル?
こういうフェイ・イェンちゃんもカワイイと思わないでも…

あはっなんかわくわくしてきちゃった!
も~、じっとしてなんかいらんない!じゃっ、Dr!一足お先にしっつれい~~♪(スパロボ方面の座標に向かって)

関連動画

あ、出かける前に紹介を忘れてた!
フェイ・イェンちゃんの歌と活躍を聞っきなさ~い!……ちょっと!なんでノリ悪いのよ!?

関連商品

フェイ・イェンちゃんに関するニコニコ市場の商品よ。
レプリカレプリカってとこ?………言っとくけど、ヘンなことに使わないでよっ!!

関連コミュニティ

ちょっと!フェイ・イェンちゃんに関するニコニコミュニティがないってどーゆーことっ!?

関連項目

んもー、関連項目くらい紹介しといてよねっ!今回はあたしが紹介しとくけど。


ふう……ざっとこんなものかな~。もっと書きたいこともあるけど、あたしってばいそがしいの!
つまんない仕事が山のようにあってね~。ま、これはちょっとした息抜きってとこ?
だからこういう記事はもっとヒマな人たちが詳し~く書くべきだと思うわ!
も・ち・ろ・ん、その時は忘れずにフェイ・イェンちゃんの美貌について書いとくのよっ!!
約束だからね!!

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/16(水) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/16(水) 02:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP