今注目のニュース
「可愛すぎる」「笑顔最高」声優・上坂すみれのカジュアルな黒Tシャツ姿に絶賛の声
「京アニ事件」10カ月後の逮捕なぜ ろくに動けない容疑者、身柄拘束の必要は?
漫画『にゃんこ大戦争』&『ポケスペ』新刊発売

フェリペ・マッサ単語

フェリペマッサ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(49)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マッサは、マッサである。(MASSAisMASSA)

概要

に言うとウィリアムズ所属のF1ドライバーである。フルネームはフェリペ・マッサ(Felipe Massa)。1981年4月25日生まれ、ブラジル・サンパウロ出身。チームメイト2017年ルーキーランスストロール。

通算勝利11勝('16終了時点)。得意なものはポールトゥウィンと左回りサーキット(イスタンブールインテルラゴスなど)。11勝中8勝がポールトゥウィン、5勝が左回りサーキットである。トルコマイスター称号を得ている。苦手なものは雨。

経歴

2002年に弱冠20歳でザウバーからF1デビュー2003年フェラーリテストドライバーを務めたが、2004年ザウバーからレース復帰。2005年までに最高位4位のリザルトを残す。

2006年フェラーリに移籍し、ミハエル・シューマッハチームメイトとなる。序盤数戦はスピンを繰り返し未熟さを露呈したが、ヨーロッパGPで初表台を経験すると一気に成績を上げ、トルコGPで初優勝。最終戦ブラジルGPではフェラーリ初年度にして優勝を遂げた。

2007年からはチームメイトキミ・ライコネンに変わる。ヨーロッパGPでは終盤アロンソに抜かれ2位レース後、アロンソイタリア語で口論しているシーンが全世界に中継された。トルコGPはもちろんポールトゥウィン。また同年日本GPではの中ファイナルラップクビサと熾な6位争いを演じた。最終戦ブラジルGPではトップを快走していたが、チャンピオンの可性を僅かに残すライコネンピットインした直後にわざとらしいブレーキグミスを犯し、ライコネンの大逆転チャンピオン獲得を見事アシストした。

2008年は開幕から2戦連続スピンでリタイアし、世界中から猛バッシングされたが、その後は調子を取り戻し、不調のライコネンを差し置いてハミルトンとのチャンピオン争いを展開。シーズン最多となる6勝を挙げたものの、序盤のリタイア、ハンガリーGPでのトップ走行中のエンジントラブルシンガポールGPでの給油ミスなどがひびき、最終戦ブラジルGPでハットトリックは達成するが1ポイント差でワールドチャンピオンを逃した。

2009年以降は怪や不調が続いて勝利から遠のいており、2013年オーストラリアGPを以てフェラーリ史上最も連続で勝てなかったドライバーとなるなど今後の進退が注されている。そしてついに2013年限りでフェラーリ放出が決まり、2014年からはウィリアムズドライブすることになった。

ウィリアムズ移籍でナンバー1待遇になるかと思いきや、ルーキードライバーバルテリ・ボッタスにドライバーポイント、表台獲得回数で負け、くもセカンド扱いとなってしまった。

2016年シーズンを以てF1引退を決め、引退セレモニーもブラジルGPで盛大に行われた。
が、ニコ・ロズベルグ引退によってチームメイトバルテリ・ボッタスがメルセデスへの移籍に動いたことで、ウィリアムズ引退撤回と2017年シーズンも参戦をオファーした。
当初はフォーミュラEの参戦を決めていたが、チームからの要請に応え、2017年シーズンも走ることとなった。

2008年ブラジルGP

2008年終戦。マッサは優勝しても、ハミルトンが6位以下でなければ、マッサのワールドチャンピオンはないという状況だった。マッサが1位ハミルトンが4位で迎えた終盤、急に振り出したにより、マッサやハミルトンもふくめ各ピットインしウェットタイヤにかえたが、7位走行中だったグロックタイヤを換えずにそのまま留まった。

その結果、グロックが4位に浮上し、ハミルトンは5位に転落。さらに、6位走行中だったベッテルに抜かれ、ハミルトンは6位転落。この時点でマッサはトップチェッカーフラッグを受け、マッサのチャンピオン獲得と思われたが、ドライタイヤで走行を続けていたグロックが失速、最終コーナーグロックハミルトンにかわされたことによりハミルトンの5位が確定。マッサはワールドチャンピオンを1ポイント差で逃すこととなった。

2009年ハンガリーGP

ハンガリーGPのQ2でマッサが走行中、バリチェロマシンから脱落したサスペンションのバネが飛来し、マッサの頭を直撃。頭蓋折という生死にかかわる重傷を負った。2009年中のレース復帰は厳しいとされ、残りのレースの代役をにするのか注されていたが、一度はミハエル・シューマッハが選出された。

しかしシューマッハバイクレースでの事故が祟り(首を痛めていた)復帰を断念、同チームテストドライバーであるルカ・バドエルヨーロッパGP・ベルギーGPと代役を務めた。しかしブランクの長かった(その前に決勝を走ったのは1999年)バドエルは2戦でお役御免となってしまう。イタリアGPからはジャンカルロ・フィジケラフォース・インディアから移籍することになった(余談だが、フィジケラバドエルの後任として2010年テストドライバー契約フェラーリと結んだ)。

なお、現在F1で使用されている2004年世界モータースポーツ評議会で承認されたヘルメットでなければ、重症化、もしくは死亡していたのかもしれない。F1の安全性を向上させる取組みが実ったともいえる。

2010年ドイツGP

ドイツGPまでに、マッサはチャンピオン争いの可性が残るアロンソに対してポイントで大きく後れを取っていた。ドイツGPはトップがマッサ、2位アロンソレースが進行していた。アロンソのほうがペースが速かったが、オーバーテイクできるような速度差はない。そんな着状態が続いていたレース後半、マッサに線が飛ぶ。「FERNANDO IS FASTER THAN YOU --can you confirm you understood that message?」("フェルナンド(アロンソ)は君より速い" ―この言葉の意味がわかるか?)

47周、マッサはヘアピンの立ち上がりでがどう見ても不自然ペースを落とし、アロンソを先行させた。

FIAレース後にフェラーリに対しチームオーダー禁止ルールを違反したとして10万ドルの罰を科した。F1チームスポーツであるべきとの立場をとるフェラーリは以前からチームオーダーに肯定的であり、チームオーダー禁止ルールを何かにつけて批判していた(フェラーリのモンテゼーモロ社長いわく、「あんなもの偽善だ」)。この一件を機に、チームオーダーの是非について議論がなされ、ついに2011年からチームオーダーが解禁されることとなった。

2010年からアロンソコンビを組んでおり、当初から2度のチャンピオン経験のあるアロンソに対してセカンドドライバーとの見方をしていたが、本人・チーム共にそれを否定していた。
だが、この事件によってセカンドドライバーである事が確定してしまった。

結果論になるが、このチームオーダーが最終戦でのアロンソチャンピオン争いを大きく有利にした(アロンソは結局チャンピオンを逃したが。)。

エピソード

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 47ななしのよっしん

    2017/11/13(月) 14:17:20 ID: cybUwgkX2Q

    まだまだやれそうだよなぁ 来年も引退してくれないかなぁ

  • 48ななしのよっしん

    2017/11/18(土) 12:04:24 ID: 6QRTxV741m

    まだやれると思わせる時点でやめるのはいい引き際だと思うよ

  • 49ななしのよっしん

    2018/12/06(木) 13:53:28 ID: K+dWYS4IxN

    マッサマンカレー自動リンクが切れる

急上昇ワード

最終更新:2020/05/28(木) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2020/05/28(木) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP