今注目のニュース
マヨネーズの容器をレジンで再現!『銀魂』マヨラー&ヘビースモーカーの土方十四郎が愛用する「マヨライター」を自作【ニコ動注目動画】
猫が『セクシーポーズ』をしちゃうのはどうして?
札幌の自称地方公務員が次男への暴行で逮捕 同居の女も逮捕した道警を取材

フェルナン・ブローデル単語

フェルナンブローデル

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

フェルナン・ブローデル(1902~1985)とは、フランス歴史学者でアナール学派の第2世代を代表する人物である。

概要

1902年フランスのロレーヌ地方で生まれるが、パリに転居しソルボン大学卒業する。その後はアルジェリアのリセの教師として活動していたが、やがてアンリ・ピレンヌや、リュシアン・フェーヴルらと出会う。第2次世界大戦中にドイツの捕虜となるが、捕虜収容所で博士論文を書き続け、1947年に発表した。それこそがかの有名な『地中海』である。

その後1957年からフェーヴルの後任として『アナール』の責任編集者となり、1969年にル・ロワ・ラデュリ、ジャック・ル・ゴフ、マルク・フェローら次の世代に引き継ぐまでアナール学派をけん引した。その後はイマニュエル・ウォーラーステインとともにフェルナン・ブローデル・センターを築くなど、晩年まで精的に活動していったのである。

フェリ2世時代の地中海地中海世界』、いわゆる『地中海』に彼の思想が表れている。まず歴史には、

  1. 環境人間などほとんど動かない歴史
  2. その上で緩慢なリズムを持つ社会歴史
  3. さらにその上にある波のような個人や出来事の歴史

の三層構造になっているとした。

加えて第一のほとんど動かない歴史考察するために地理学的な視点と長期持続を見通そうとし、そのために一つの歴史間として選んだのが地中海世界であるのだ。

こうして彼によって歴史学は事件史から長期持続の歴史というマクログロバルな視座が導入され、現在世界システム論やグロバル・ヒストリーの礎が築かれたのである。

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/05/26(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/26(日) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP