フェード単語

フェード

  • 1
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

フェードとは、

概要

日本語では「フェード」という言葉が単体で用いられることは少なく、「フェードイン」や「フェードアウト」などの音響映像分野に関する単の一部分として用いられる場合が多い。「フェードイン」は音や映像の信号が徐々に増大していく、逆に「フェードアウト」はそれらの信号が徐々に減少していく音響映像効果のことをす。フェードは、信号をすぐ切り替えず徐々に変化させることにより、余韻を残しつつ場面を切り替えることのできる手法として広く一般的に用いられている。このため、プロ映像編集では論のこと、動画編集や音編集を行うことができるフリーソフトウェアでも大半は、標準的な機としてフェード効果を与える機を搭載している。ニコスクリプト@BGMにもフェードアウトの機能が有るexit

ある信号をフェードアウトさせつつ別の信号をフェードインさせる手法は「クロスフェード」と呼ばれ、一部の音楽再生プレイヤーにその機が搭載されている。クロスフェードを用いることで、自然に切れなく音楽を繋げることができる。

このように元々音響映像分野で用いられてきた言葉ではあるが、「フェードアウト」は転じて人がある集団や間から徐々に存在感を消していくことをす一般的な単にもなっている。

同じく「フェード」が使われる「フェード現」は、自動車などブレーキパッドの摩擦抵抗によって制動を得るブレーキで発生する。ブレーキの多用などでブレーキパッドが過熱することで摩擦抵抗が減衰し、制動が低下してしまう現を言う。摩擦抵抗を用いない方式(エンジンブレーキ回生ブレーキなど)では発生しない。
下り坂が長い、急勾配、車両重いなどの条件でブレーキを多用すると、この現ベーパーロック現象が発生し、停止できなかったりカーブを曲がりきれなかったりする恐れがある。そのため、そのような場所ではエンジンブレーキを利用することが推奨されている。また、それらの現が発生して減速できなくなったのために、箱根や碓氷バイパスなどの勾配の急な道路では下り坂にブレーキ故障用の待避所が設けられている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/27(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/27(日) 09:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP