今注目のニュース
「法政大第一志望0人説」で炎上のユーチューバー 大学に乗り込んだ結果…
鈴木奈々、すっぴんと加工後を比較するも 「むしろかわいい…」
沢尻エリカ逮捕陰謀論を唱える文化人に対し百田尚樹さん「安倍政権にそんな力があるなら、とっくにあんたらが逮捕されてるよ」

フサイチパンドラ単語

フサイチパンドラ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

フサイチパンドラとは、2003年まれの日本の元競走馬・繁殖である。

な勝ち2006年エリザベス女王杯

概要

サンデーサイレンスロッタレース、ヌレイエフという血統。は説明不要の大種2002年死亡しており、この世代がラストクロップであった。米国で、兄弟1984年欧州年度代表El Gran Senorや種としてLast Tycoon(キングカメハメハ等の)を輩出したトライマイベストを持ち、同系からカジノドライヴ欧州2歳王者XaarにしてベルモントSを勝ったRags to Ritchesなどが出ているかなりの良血

購入者が高額の爆買いで名を馳せたフサローこと関口房朗なのでこのも高額…かと思いきや、8700万円と案外安く購入された(もちろん普通より数段高いのだが)。ちなみにこの時フサローが買ったで一番高かったのが、テレビ番組内で命名されたことでも有名なフサイジャンク(3億3000万円)である。…なんだかなぁ。

戦を6身差で圧勝し、1勝ながら2番人気阪神JFに出走するが、テイエムプリキュアの大駆けに追いつけず3着。年末の自己条件も3着と敗れ3戦1勝で2歳シーズンは終了。翌年初戦のエルフィンSは6着と大敗するが続く自己条件を勝ち、GⅢフラワーカップで2着となり本賞を加算。クラシックへの挑戦権を確保する。

クラシック初戦の桜花賞は2番人気に支持されるが6.6倍と微妙なオッズ。本番は微妙どころではなく14着と惨敗してしまう。オークス福永祐一に乗り替わり、中団からよく伸びたがカワカミプリンセスの2着に敗れる。

ローズS、秋華賞と連続3着と惜しい競馬が続く。エリザベス女王杯メンバーったこともあって7番人気と評価を落とすが、それに反発するようにめに集団の前に出る積極策から外を突いて伸びる。しかし最後はまたも群のどん中を突き抜けたカワカミプリンセスに破られ2着。

…かと思いきや、最後の直線でカワカミプリンセスがヤマニンシュクル(11着)の進路を妨していたことが発覚。審議の結果12着に降着となり、フサイチパンドラに初GⅠが転がり込む結果となった。この勝利で、サンデーサイレンス産駒は初年度のフジキセキから最終世代まで全世代の産駒がGⅠを勝つことになった。
なお、この勝利SS産駒のによる最後のGⅠ勝利(産駒全体ではマツリダゴッホが勝った2007年有馬記念が最後)。そして、この世の謳歌していた関口房朗はその後資繰りに行き詰まり、所有馬を差し押さえられるなど一気に没落。消えるように競馬界から去り、結果的にこれが最後のGⅠ勝利となった。として15年、あまりにい栄枯盛衰だった…。まあ、フサイジャンクとかザサンデーサイチとか掴まされてたらそうもなるだろう…。

ともあれGⅠとなったフサイチパンドラは中1週でジャパンカップに参戦し、当年の二冠メイショウサムソンや前年ディープインパクトを破った喉鳴りのハーツクライに先着し5着と善戦する。

翌年は何故か交流重賞のエンプレス杯で始動し2着。その後日経賞とマイラーズCは9着、ヴィクトリアマイルでは12着、GⅢクイーンカップでさえ5着と不振に陥るが、札幌記念ではフサイチと縁の深い藤田伸二と初タッグを組み、なんと逃げ切って勝利。3歳2月の自己条件戦以来の1着入線での勝利を挙げる。

その後中1週でダートGⅢエルムSに出走するという奇策に出るが11着と惨敗。仕切り直して出走したエリザベス女王杯では先団につけて上がり最速タイという強い競馬をしたのだが、相手がよりにもよって先行して強いダイワスカーレット…。最後まで末脚を伸ばして追い詰めたが3/4身及ばず逃げ切られ2着に惜敗。それでもスイープトウショウには先着する意地を見せた。その後ジャパンカップは先行して見せ場は作るも直線で尽き9着。ラストランとして予定していた有馬記念は跛行で回避し、そのまま引退となった。

引退後は既定路線通り繁殖入り。子出しはよかったし、産駒も安定して勝ち上がるがパッとしないばかり。フサイチパンドラは2017年10月死亡してしまう。
ところが、ちょうど死の直前に未勝利を脱出していた7番アーモンドアイが次走のシンザン記念を制覇し重賞初制覇。さらに直行して桜花賞も勝つと、オークスはさらにぶっちぎって圧勝。秋華賞も圧倒的な強さで勝利牝馬三冠を達成。クラシック冠に終わった念を次々とらす快走を見せた。同期テイエムプリキュアカワカミプリンセスは繁殖として苦戦しており、フサイチパンドラもの活躍に鼻高々であろう。

関連動画

関連商品

フサイチパンドラに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/17(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/17(日) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP