フジテレビ老人火あぶり致死事件単語

フジテレビロウジンヒアブリチシジケン

2.6千文字の記事
掲示板をみる(1,358)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(53)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

フジテレビ老人火あぶり致死事件とは、2003年から2004年頃、TV関係者による責任かつ悪質な行動により事件が起こったとされる"説"である。

2012年フリーランスジャーナリストである中川一徳がこの事件に関する記事を記し、それが週刊文春2012年3月8日号)に署名記事として掲載されたことによって周知され、ネットなどを始めとして炎上話題となった。

中川の記事の内容通りであるなら、事件の加害者側にあたる番組の責任者は現在でもまったく裁かれていない。

……とされているものの、ソースが上記の署名記事しかないため、この説自体は仮定の話と言って差し支えない。

この説に限った話ではないが、情報に信憑性がく、事実関係も判然としない曖昧な情報を、さも真実であるかのように触れ回る行為は自粛すべきである。良かれと思った流した情報が、実際は関係各者の実情と乖離しており、かえって迷惑をかけるという構図は現実でもままあることである。

概要

※この内容は、上述の週刊誌を発祥として、世間に広まった内容をある程度まとめたものです。

かつて放送されていた退屈貴族(2003年2004年)という番組内で行われた一企画により、ピックアップされた老人が重篤な火傷を負い、後にそれが元で死去したとされる事件。

退屈貴族という番組は、おもしろ映像貴族に扮した出演者に見せて、無表情を取り繕う彼等をなんとかして笑かすという内容。
そして出演者を笑かす題材として、フジテレビスタッフは、以前日本テレビの別番組で出演していた「幽体離脱をし、火渡りをする老人」にを付け、出演依頼を取り付けた。
老人は一人暮らしであり、久々に注されたことに気を良くしたのかそれを快諾した。

老人は段ボールに火を付け、その上を歩こうとしていた。
段ボール灯油を撒いて火を付けた所しく燃え上がってしまったが、そのまま中に突入した。

後、オロナインを塗ったはいいが、老人の両足はに焼けただれ、足裏の皮はめくれ上がっていた。
番組スタッフは老人をタクシーに乗せ、そのまま自宅へと送っていった。老人に病院に行くか確認した所、大丈夫と言ったため、出演料2万円を払い撤収した。

5日後、痙攣している所を隣に住んでいたによって発見され、すぐに病院へと搬送される。老人の火傷は足の裏から太ももにかけて、表面積の三割近くまで及んでいた。この火傷により老人は多機不全に陥った。

病院は事件性を疑い、TV上の過失ではないかと警察通報する。警察はすぐに調を開始するが、フジテレビの上層部が撮を認識していなかったのか、撮の存在そのものを否定した。警察はそれをみにし、老人の虚言と判断。その翌日には撮した映像が退屈貴族で放映された。

これを見た視聴者から内容について抗議が寄せられ、フジテレビはロケの存在を認めた。その後スタッフ夫婦に謝罪しに行ったが、夫婦はこの話を老人が持ちかけたものと誤解しており、スタッフはその誤解を解くことのないまま帰った。
その後フジテレビの顧問として天下りしていた元警察関係者が事情説明を行った。

老人は何度も手術を受けたがまるで回復することはなく、歩くことが出来ないまま、数年後の2007年に死去した。死因は火傷の後遺症による可性が高い腎不全だった。

論争

前述の通り、本件は『情報に信憑性がく、事実関係も判然としない曖昧な情報』であるが、記事は真実であるとする者もおり、論争になっている。下記に、記事デマ真実両者のを列挙する。

記事デマ派

  • 情報ソースについての疑問点
    • 事件についてのソースが上記1記事しかない。しかもそのソース週刊文春であり、信用できない。
    • 追跡取材を行うことで知られる週刊文春が上記記事で1回取り上げた後事件について全く追及していない(事件の全容を当事者しか知らない内容含め、詳細に把握している記者がいるにも関わらず)。
  • 記事通りであった場合の疑問点
    • 記事通りであった場合、関係者は業務上過失致死や保護責任者遺棄致死といった重罪に問われてもおかしくない案件である。それにも関わらず警察フジテレビ言だけをみにしており、またいくら元警察関係者と言えども、彼の一だけで事件を隠蔽・もみ消すことが出来るというのは理があるのではないか。
    • 遺族である夫婦は記事が出て騙された事を知った後全く行動を起こしていない。もしくは記者のスクープを追っていない。
  • 火渡りについて
    • 炎の中を歩くという行為は火渡りと呼ばれ、事として行われる程度には安全性があるため重症になるとは考えにくい。
    • 老人は火渡り後に「今日は火が強いねw(でも)大丈夫だった」と発言する、スタッフの「英語で11は?」という質問にふざけて「セブンイレブン」と答える等の余裕を見せており、死に至るほど重度の火傷を負っていた可性は低いのではないか。
    • 当時はすでにCG技術が発展しており、火渡り後の記事に書かれた具合とべ、老人の被・体調が良好のため炎はCGではないか。
  • その他
    • そもそも週刊誌の記事というものは、今も昔も物であるというのが暗黙の了解となっており、それらに逐一訴訟を起こしていたらキリがい。そのため、フジテレビ文藝春秋週刊文春の出版社)に対し訴訟を起こしていないことをもって、記事の信憑性が高いということは出来ない。

記事真実派

  • 情報ソースについて
  • 火渡りについて
    • 老人の火渡りは灯油を使用しており木材を使用する伝統の火渡りとは炎の性質と燃焼温度に大きな差異がある。老人は短パン姿で素肌の大部分が露出しており足裏以外概ねで守られる伝統の火渡りとは炎にされた素肌の表面積が異なる重度の火傷を負い、予後不良で亡くなったという記事の内容と矛盾が生じていない。また合成について具体的な跡の摘がなされていない。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1356ななしのよっしん

    2022/04/28(木) 17:06:37 ID: 7aOLM2NAAY

    根拠が薄い時点で議論の余地もなく真実とは程遠い

  • 1357ななしのよっしん

    2022/04/29(金) 22:37:23 ID: Ozz27Gi2tf

    結局の所、真実は著者の名と(CG合成の可性が高い)映像が残されている事だけしか立できていないんだよね

    普通に考えればフジテレビが起こした死亡事故なんて他のTV局やメディアが放置するとは思えないんだけどな
    そう考えると合成やらせ)ってのが妥当じゃね?

  • 1358ななしのよっしん

    2022/05/07(土) 09:15:39 ID: ciKhYy5VNG

    警察関係者の一で事件をもみ消したは流石、どんな世紀末やねん
    友達警察いるから事件もみ消せるぜ?なんて三流悪役の理屈が通じるのはアニメ世界だけなんですよ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/29(日) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/29(日) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP