フジマサマーチ単語

フジマサマーチ

3.2千文字の記事
掲示板をみる(58)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

フジマサマーチとは、ウマ娘 プリティーダービーシリーズの一つである漫画作品『ウマ娘 シンデレラグレイ』に登場するキャラクター(ウマ娘)である。

実在の名前を持たない同作オリジナルウマ娘だが、モデルになったと思われるは存在する(後述)。

以下の記事内容には『シンデレラグレイ』のネタバレを多く含むので注意。

概要

シンデレラグレイ』の主人公オグリキャップのカサマツトレセン学園における同期であり、同作カサマツ編における最大のライバルキャラクター。担当トレーナー理論柴崎トレーナー

オグリキャップと同じ芦毛ウマ娘で、カサマツトレセンには特待生として入学してきた。緩い意識のウマ娘も多い地方トレセンにあって非常に向上心の高いストイックな性格であり、東海地区レースの最高峰・東海ダービー制覇を強く志している。

デビュー前の模擬レースでは圧勝してスカウト攻めに合うが、オグリ北原トレーナーから「お前なら東海ダービーせる」とスカウトされるのを見かけたことをきっかけにオグリキャップの存在を意識するようになる。お互いのデビュー戦では、オグリが靴の故障に見舞われたこともあり辛勝を収めるが、その結果に納得することは出来ず、オグリに「お前に勝って東海ダービーを取る」と宣言。ただただ走るのを楽しんでいるだけだった当時のオグリ敗北の悔しさを教えるとともに、初めてのえるべき標として立ちはだかった。

劇中における2度の対戦となったジュニアクラウン杯では、レース展開の綿密なシミュレーションを行い万全の対策を取って臨むが、オグリキャップシミュレーション駕する常識外れのスパートの前に惜敗。レース後は悔しさを滲ませつつも、「マーチのおかげで強くなれた」とオグリの手を取り、ライバルとして共に東海ダービーすことを誓い合った。

だが、オグリキャップの才地方レベルかに駕しており、連戦連勝の末に中央トレセンからのスカウトに至る。「オグリ中央移籍か」の報道を見たフジマサマーチは共に東海ダービー約束を反故にされたことに昂。彼女を倒し中央移籍を阻止するためにゴールドジュニアでの勝負に挑む。レースでは、北原マーチとの約束を反故にして中央へ行くことへの迷いから本気で走れないオグリキャップに怒りを見せて詰め寄るものの、北原によって吹っ切れたオグリスパートにはまるでついていけず

「違う
 私とあいつ… 圧倒的に…
 私がどう抗っても敵う相手じゃない あれでは まるで…」

絶望的な差を見せつけられての敗戦にレース後は泣きじゃくっていたが、オグリが正式に中央移籍を表明した後は吹っ切れた表情で再開。「負けっぱなしは性に合わん。走って走って走り続けて、お前よりも永くレース場に立ってみせるよ」という言葉と共に、笑顔ライバル立ちを見送った。

本編では終始クールかつストイックな面が強調されている彼女だが、幕間のおまけイラストでは露出多めのウイニングライブ衣装赤面したり、話しかけるタイミングがつかめないあまり同部屋の子をにらみつけて怖がらせたりと、割とおちゃめな様子が描かれている。かわいい

中央編では単行本3巻までの時点ではほとんど登場していない。元ネタの史実通りの展開を辿るなら、彼女の軌跡はもう一度オグリと交わる日が来るが、はてさて……。

元ネタ

元ネタになっていると思われるのは1985年まれのマーチウショウ(「トウショウ(正)→フジマサ」という名前の読み換え)。笠松競馬時代のオグリキャップにただ一頭だけ勝利した、オグリの最初のライバルである。

プレストウコウマーチアスト、マーチインド
プレストウコウ1977年菊花賞で、日本競馬史上初めて芦毛クラシックを制した名……なのだが、何しろ同期マルゼンスキーがおり、そのマルゼンスキーが7身差でぶっちぎった伝説日本短波賞での2着というイメージかに強い不遇の
シンデレラグレイ』2巻のおまけイラストで、フジマサマーチを見たマルゼンスキーが「あの、どこかで見たことあるような気がするのよねぇ」と不思議がっているのはこのとの因縁が元ネタと思われる。

ちなみに名前にトウショウとついているが、顕彰馬トウショウボーイウマ娘でもお染みスイープトウショウらを輩出した名門・トウショウ牧場とは何の関係もない。なので「同じトウショウなのに何でスイープは名使用OKでこちらは別名なのか」という批判はお門違い。当時の地方にはこういう勝手に中央の名あやかったなんちゃって名が多かったとか。

1987年5月笠松競馬デビューし、新馬戦オグリキャップにクビ差勝利。更に2度の対戦でもクビ差で連勝する。だがこの後は『シンデレラグレイ』でも描かれたゴールドジュニアまでにオグリキャップと6回対戦し、オグリの2着5回、4着1回と一度も勝てず。オグリに先着した2戦も、当時脚に不安を抱えていたオグリスタートで大きく出遅れたのがな勝因であるとされており、体調が万全になってからのオグリにはが立たなかった。とはいえ、オグリキャップ時代の成績は12戦10勝2着2回。「地方オグリに勝った一の」という称号は揺るがない。

オグリが中央に去った後はシルバーコレクター街道を驀進していた彼の下かと思いきや、掲示板には絡むものの勝ちきれないレースが続き、『シンデレラグレイ』であれほどこだわっていた東海ダービーも4着に敗れている。しかし東海ダービーから1か後の1988年7月岐阜王冠賞を勝利晴れ地方重賞となり、トップホースになる日が訪れる。

……と思いきや、何と翌1989年中央競馬に移籍する。当時通算は22戦4勝で、いくら重賞とは言えどこにでもいる地方であり、本来なら中央からがかかる成績ではない。だが世はまさに前のオグリキャップブームっただ中。実よりも「オグリに勝った」という肩書きが大きくめられ、あわよくばオグリに続く2匹どじょうを、という考えがあったのは想像に難くない。

だが、中央でのマーチウショウのレースは悲惨の一言だった。1400万下(現在で言う3勝クラス)でデビューした初戦、2戦ともブービーから10身以上離された大差の最下位。3戦にはオグリキャップにも跨った中央屈の名手・南井克巳上に招いたが、9身差での最下位。シーズンをを全休し、翌1990年の4戦900万下(2勝クラス)に落としたが、これもブービーから9身差の最下位。4戦してすべてブービーから10身前後も離された最下位、しかもすべて新馬戦ですら勝てるか怪しい酷いタイムでの惨敗である。オグリキャップとはもはや住む世界が違うことをひたすら見せつけられる結果になってしまった。

結局中央の在籍はこの4戦だけで終わり、90にはに戻るがこの復帰戦すら最下位に敗れてしまい、高知競馬に移籍する。高知では1991年に5勝を含む11戦連続連対(2着以内)を記録し、曲がりなりにも元中央の意地を見せた。だがクラスが上がってからは高知でもなかなか勝てなくなり、1992年引退オグリより2年ほど長い現役生活だった。現在の消息は不明だが、少なくとも2006年までは愛媛県牧場で乗としてしまれていたことが分かっており、そう悪い余生ではなかったと思いたい。

通算成績は55戦10勝。成績だけなら80年代90年代初頭のパッとしない地方であり、彼に関する資料は非常に少なく、レース映像もほとんど残っていない。だがオグリキャップという伝説的な物語り続けられる限り、そこに欠かせない名脇役として彼の名も残っていくだろう。

関連動画

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/21(火) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/21(火) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP