フライング・キッパー単語

フライングキッパー

  • 4
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

フライング・キッパー(Flying Kipper)とは、『きかんしゃトーマス』に登場する、鮮を積んだ臨時貨物列車である。

概要

ソドー島が豊漁のときに仕立てられる臨時の貨物列車揚げされたニシンを新鮮なうちに遠くのまで運ぶ。このような列車貨物列車とよび、冷凍庫つきのトラックが普及するまでは一般的なものであった(原作汽車のえほん』は1940年代の話)。

ミニチュア版では、事に的地に着くことができない「呪われた貨物列車」として視聴者から恐れられていた(見えないところでは事に到着していると思われる)。ヘンリーが牽引している。

エピソード

名前

「キッパー(Kipper)」とはイギリスで一般的に食べられている燻製ニシンのこと。
実際に運んでいるのは鮮ニシン(Herring)と思われるが、乗務員がしゃれてつけたのだろう。

フライング(Flying)」は「飛ぶ」の意だが、「飛ぶように速く走る」の意でもあり、このような例はフライング・ダッチマン(さまよえるオランダ船)や、本元ネタであろうフライング・スコッツマン号などに散見される。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

フライング・キッパーに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2014/01/08(水) 02:24:22 ID: XN1WhjctMd

    大丈夫ヘンリーの次のクローンはきっとうまくやってくれるでしょう。

  • 8ななしのよっしん

    2014/04/06(日) 15:17:56 ID: XQ1J5LDMnU

    サカナなんてこわくない」でついに再登場
    のせいで遅刻はしたけど事故もなく事に運べて良かったなヘンリー
    やっぱり劇中で描写されていところではちゃんと運べてるんだな

  • 9ななしのよっしん

    2020/03/31(火) 07:48:58 ID: XQ1J5LDMnU

    貨物列車は牽引力だけじゃなくて速度められるので
    貨客両用機関車ヘンリーが確かに適任ではあるのよね
    モデルとなったLMSクラス5も貨客両用機でありながら侮れない高速性を持ってたというし

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/02/27(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/02/27(土) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP