今注目のニュース
紗倉まな、ツイッターの悩みを赤裸々に告白 「結構きつい」
ロケット花火が口の中で爆発、56歳の女性が即死 「想像するだけで恐ろしい」と恐怖の悲鳴殺到も物議に?
今の小学生は「殺し合い系のゲーム」に夢中…親を悩ませるトラブルも発生

フラフープ単語

フラフープ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

フラフープとは、プラスティックでできた輪っか状の遊具である。
近年では、ダイエットパフォーマンスなどでも用いられている。

概要

フラフープが日本で流行ったのは、昭和33年西暦1958年)であった。当時の価格は、大人用は270円、子供用は200円だったが爆発的な人気となった。しかし、フラフープに熱中するあまりに自動車と接触して死亡する子供がでたり、あまりの熱狂ぶりになんの科学的根拠がないにも関わらず「フラフープは有」と唱える人々が出てきたりして、フラフープの熱狂は同年終わってしまった。

日本でフラフープが流行ったのが上記の年代のため、フラフープは近代の遊具と思っている人も多いかもしれないが、実はフラフープの歴史は古い。


はっきりした発祥はわかっていないが、関連性があると思われるものの起をたどると、約3000年前の古代エジプト古代ギリシャにまでさかのぼる。もちろん、当時プラスティックが存在したわけがないので、エジプトではブドウを輪っか状に編んだものを地面にころがし、ギリシャではダイエットのために「輪っか状のなにか」が使われていたという記録が残っている。

「フラフープ」という名前、更にそれを登録商標としたのは、アメリカカリフォルニア男性二人であった。彼らは、オーストラリア旅行したときに子供たちがフープ状のもので遊んでいるのを見て「フラフープ」を売り出し、1957年に登録商標した。しかし、上記したように「フープ状のもの」は、昔からあったために、彼らが特許を取ることはわなかった。だが、登録商標できたのが功を奏し、二人が立ち上げた会社「Wham-O社」は、2年間で1億本ものフラフープを売り上げた。

このように爆発的にはやったフラフープだが、2000年以降にはフラフープを使ったパフォーマーが現れたり、またダイエット効果があるとしてまた日のを見てきている。更にサーカスの演においてもフラフープは定番のものになっている。

関連動画

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP