今注目のニュース
アニメ『ゾンビランドサガ』舞台化決定 オリジナルキャストで20年春上演
見た目で損をする「残念な人」の歩き方
720種の性別があり、脳もないのに学習能力を持つ。自己修復可能な脅威の生命体の姿が明らかに(フランス)

フランケンシュタイン単語

フランケンシュタイン

  • 10
  • 0
掲示板をみる(88)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

フランケンシュタインとは、イギリスメアリシェリーによる小説、及び同作品の主人公である。

しばしば頭にボルトを刺したつぎはぎの大男をしてこの呼名が用いられるが誤りである。この名はその人造人間を生み出した科学者のものであり、人造人間に名前は存在しない。

概要

正式な題名は『フランケンシュタイン あるいは現代のプロメテウス』(Frankenstein; or, The Modern Prometheus) であるが、多くの場合単に『フランケンシュタイン』と呼称される。

1816年、メアリは後の夫パーシーシェリー、異クレアクレアモント、詩人G・G・バイロン医師ジョン・ポリドリと共にレマン湖畔の屋敷 "ディオダディ館" でお互いに怖い話を創って披露しあうという催しを行った。そこでメアリが書上げたものこそ本作である (ちなみに同企画発の有名作品の中にはポリドリの『吸血鬼』(The Vampyre) が挙げられる) 。1818年匿名で出版された。1831年の訂第三版以降メアリの名が記されており、現在書店に並んでいるのはこの版である。

位置付け

本作にはある青年科学の知識を基に新しい生命を創出すという空想科学小説的な要素と、人外の存在に命を狙われるという恐怖小説的な要素が含まれており、本作はSFホラージャンル古典名作として知られている。特にブライアンオールディズが本作をSFの "種の起原" と位置付けた事は有名であり、しばしばロボット人工知能SF等 "創造 (人間)" と "被創造物 (機械)" の関係を描く作品の元祖とも言われる。

怪物について

「ある科学者が自ら創りあげた人造人間に襲われる。」

多く読まれているとは言い難い本作であるが、上記の様な内容であるという事は広く知られている。この一文は非常にシンプルに作品内容を書き現したものであるが、よく用いられる無表情の大男というステレオタイプな外見図と相俟って、フランケンシュタインの怪物は冷酷非でとても人間とは相容れない存在であるというイメージが先行してしまっている。

もし同怪物に対し上の様な先入観を持っている方がいれば、是非下の市場で買って読んで欲しい。彼は実際かなり可哀相ななのである。

なお、この人造人間について「人間の死体をつぎはぎして作った」と表現されることが多いが、作中で主人公科学者はこの人造人間材料を納堂、解剖室、屠殺場(slaughter-house)から得ている。slaughter-houseは食解体場なので、ウシブタ等の動物の死体も含まれているのかもしれない。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

外部リンク

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 23:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ポータルサイトリンク

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP