フリゲート単語

フリゲート

  • 4
  • 0
掲示板をみる(26)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

フリゲート(Frigate)とは、軍艦の一種である。「フリゲイト」とも表記される。

概要

 フリゲートの歴史は、近代帆走軍艦時代まで遡ることができ、時代や国家によって様々なタイプがあるが、概ね次のような特徴を備えた軍艦であった。

  • 戦列艦にべ小
  • 高速
  • 戦列艦にべ軽武装(搭載する大砲は最大50門程度、30門前後が標準的) 

 このような特徴を備えたフリゲートは、当時の艦であった戦列艦の護衛の他、、 連絡、通商破壊、さらには戦列艦に変わっての艦隊戦などもこなす万艦だったが(そういう意味では後世の巡洋艦駆逐艦的な艦でもあった)、帆走/木造船の時代から、汽走/鋼製の時代になるにつれ、戦艦巡洋艦といった現代艦の登場により、海軍から消えてしまった。
 日本では幕末期に江戸幕府が購入した汽帆走フリゲート「開陽」がこれにあたる。

 こうして一度は消えてしまったフリゲートだったが 、第二次世界大戦で意外な形で復活を遂げることとなった。ドイツ潜水艦に悩まされた連合は多くの船団護衛用艦艇を建造したがその中で、駆逐艦より小の船団護衛用の軍艦にフリゲートの艦種が与えられたのである。復活したフリゲートは対・対潜用の兵装を搭載した1000t程度の小艦であったが、速は20k程度とかつてのような軽快な軍艦とは言い難い艦だった。しかしそれ故に海軍や大造船所ではない、中小の民間造船所でも建造が可で、戦中に大量に建造され連合勝利を陰で支えた殊勲艦となった。

 第二次大戦が終結すると、大量に建造されたフリゲートはその多くが余剰となり、退役するか他へ譲渡されたが(創期の海上自衛隊にも米海軍のフリゲートが在籍していた) 、その小ゆえの経済性とそこそこの性から、特に戦後独立した新を始めとした中小国海軍を担うこととなった。そして、現用艦ではフリゲートは戦後駆逐艦の発展と同様に、大化し対・対潜・対艦用のあらゆる装備を搭載する軍艦となり(そのため現用艦においてはフリゲートと駆逐艦との差異はほとんどく、単に所属する海軍が何と呼ぶか程度の違いしかない)、駆逐艦とならんで海軍の中心を占めるようになっている。

尚、余談であるがしばしばみかける「フリゲート艦」という表現は上記のようにフリゲートの中に「戦列艦より小・高速・軽武装な軍艦」「駆逐艦より小な船団護衛用の軍艦」という意味が含まれているため、”艦”の意味が重なってしまい誤った用法である。また、「Frigate」には「Battle Ship戦艦」「Destroyer駆逐艦」のような日本語に対応する訳い。 

軍オタネット住民で訳を考案してみてはどうだろうか?

記事のあるフリゲート一覧

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/02/28(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2021/02/28(日) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP