フリーランス 単語

63件

フリーランス

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

フリーランス(freelance)とは、職場的に自由な状態をす英単である。

厚生労働省が定めるガイドライン[1]では「実店舗がなく、雇人もいない自営業や一人社長であって、自身の経験や知識、スキル活用して収入を得る者」と定義されている。

概要

書籍、音楽映像演劇といった出版業界では、特定の出版社・マネジメント事務所に雇用されずに活動をしているクリエイター、パフォーマーをして使われる。
また、俳優業やタレントに属する人も実態として多くの場合フリーランスに当たる。
こうした方々の多くはマネジメントエージェントといった形で所属契約が結ばれているが、企業契約者本人の間で正社員契約社員として雇用される形態ではないためフリーランスに当たる。

ただし、本人が代表になり法人として個人事務所を構えている場合は、法令上では個人事務所と本人の間で雇用されているとみなされるためフリーランスには該当しない。

政治家の場合は「政党所属状態」にあたり、特に地方首長は、特定の党の方針に左右されず、柔軟にその権限を執行できるとして所属が好まれる傾向にあるが、
こちらも、党員登録をしていないだけで支援したりされたりな党がある場合が少なくない。

また、会社という組に拘束されていないと言う点で、「フリーター」のフリーの部分のとも言える。

法令上の定義

フリーランスは日本法令として定義されてはいないが、実態としては所得税法および消費税法によるところの「個人事業主」に該当する。個人事業主は、フリーランスの活動で得られた所得に応じた所得税および消費税の納付が義務であり、白色もしくは青色申告による決算届、確定申告が必要である。

また、フリーランスは自らが業を行っているため労働基準法に定められた労働者にはならない。そのため労働基準法に定められた就業制限の制約は受けないが逆に保護も適用されない。労働安全衛生法や最低賃金法も同様に適用されない。

脚注

  1. *厚生労働省 - フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン(概要)exit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
むらまこ[生放送]

提供: 迷惑配信者

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/17(水) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/17(水) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP