今注目のニュース
公立高校と私立高校、年額はいくら?学費を比較
関東甲信の雪の見通し 東京23区など平野部も積雪か
大人になって最も役に立ったと思う科目は? 1位は使う機会の多い…

フロイド・メイウェザー単語

フロイドメイウェザー

  • 5
  • 0
掲示板をみる(120)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

フロイド・メイウェザー・ジュニア(Floyd Mayweather Jr. / 1977年2月24日 - )とは、米国男性プロボクサーである。

身長173cmリーチ183cm称:プリティボーイスピードスター、マネー。

類稀なスピード、最高級のオフェンステクニックとディフェンステクニックで史上初、全戦全勝のまま世界5階級を制した自他共に認める天才PFP最強と称されていたが、一時引退している最にマニー・パッキャオ大躍進によりその称号は奪われる形となる。現在フォーマーPFPに甘んじており、パッキャオとのメガファイトが期待されている。

フロイド・メイウェザー・シニアexitシュガー・レイ・レナードexitと対戦したこともあり、現在ボクシング界では偉大な名トレーナーとして知られる。叔父ロジャー・メイウェザーexitも名トレーナーであり、世界2階級制覇を達成したボクサーであったため、ジュニアボクシングエリート一家に生まれ育った。

ビッグマウスとして有名であり、対戦相手を言葉で軽蔑したり、私生活での暴力沙汰などでマスコミネタされているが、ヒール役を自ら望んでいるようである。 

であるが、ハード練習のため」と思って練習していると発言している。

来歴

1996年アトランタオリンピックボクシングフェザー級銅メダルを獲得し、同年の10月11日ロベルトアポダーカに2回KO勝ちでプロデビュー。その2年後の1998年10月3日ヘナロ・エルナンデスexitから、8回TKO勝ちでWBC世界スーパーフェザー級王座を奪取、デビュー約2年で初の世界タイトル戴冠。

2階級2002年4月20日ホセ・ルイス・カスティージョexitから、3-0の判定勝ちでWBC世界ライト王座を奪取。さらに増量すると、2005年6月25日アルツロ・ガッティexitから6回終了TKO勝ちでWBC世界スーパーライト王座奪取し3階級の制覇。2006年4月8日ザブ・ジュダーexitから3-0の判定勝ちで、IBF世界ウェルター級王座奪取、4階級世界王者も成し遂げる。同年11月4日カルロス・バルドミールexitから3-0の判定勝ちでWBC世界ウェルター級王座を奪取し、WBCでは初めてとなる同一団体4階級制覇。

翌年の2007年5月5日には、オスカー・デ・ラ・ホーヤexitとの1億2000ドル以上の行収益を生み出した世紀の一戦を2-1の判定勝ち。WBC世界スーパーウェルター級王座を奪取し、5階級制覇達成。全勝のままでの5階級制覇は史上初。同一団体での5階級制覇も史上初である。

2007年12月8日リッキー・ハットンexitとの敗対決で、10回TKO勝ちでWBC世界ウェルター級王座を防衛したが、2008年6月6日、一度引退引退の3か前にはWWEレッスルマニアにも参戦、ビッグショーと対戦していた。

2009年9月19日ファン・マヌエル・マルケスexitとの試合で現役復帰。引退する前と同様のスピード、ディフェンスを保持し、2回にダウンを奪うなど圧倒して判定勝ちを収める。2010年5月2日シェーン・モズリーexitと対戦。2ラウンドにビックパンチを受けてピンチに陥るも、その後は安定した試合振りで相手を寄せ付けず、大差の判定勝利

2011年9月17日WBC世界ウェルター級王者のビクトル・オルティスexitと対決。4ラウンドに相手の頭突きを受け、反則行為として中断された試合が再開された直後、左右のコンビネーションヒットさせてのKO勝利ルール上は問題ないものの「スポーツマンシップに欠ける」として非難を受ける結果となった。

2012年5月5日、WBA世界スーパーウェルター級スーパー王者のミゲール・コットexitと対戦。多少押される場面もあったものの、終始試合をコントロールして3-0で判定勝ち。同時にこの試合にかけられていたWBCダイヤモンドベルトも獲得した。

2013年9月14日、次世代のスター選手であるWBC世界スーパーウェルター級王者のサウル・アルバレスexitと対戦。WBA・WBCリングマジンスーパーウェルター級王座が掛かったこの統一戦はメイウェザーがアルバレスを圧倒。2-0で判定勝ちし、王座統一に成功した。ちなみにドローをつけた女性ジャッジは非難され、その後に辞任することになった。

そして2015年5月1日、5年前から画策されていたマニー・パッキャオと史上初のWBA、WBC、WBOという3団体統一ウェルター級王座戦が実現。一晩で約590億ドルが動いたとされる21世紀最大の一戦を制し、初の3団体統一王座に就くことになった。

2015年9月2日にWBA世界ウェルター級暫定王者アンドレ・ベルトexitと対戦し、3-0で大差判定勝ち。その後2度引退を表明した。

戦績・獲得タイトル

4949勝26KOと、2015年9月現在までキャリア敗の記録を保持。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/03/29(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2020/03/29(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP