今注目のニュース
頭蓋骨の外に脳 堕胎を助言された男の子、無事生き延びる
「ゼルダの伝説」マップ画面を表現した超大作アイロンビーズがすごい! 5万7344個のビーズで制作期間約半年
八村塁のダンクを目の前で! 5Gで変わるスポーツの楽しみかた

ブイズ単語

ブイズ

掲示板をみる(301)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ブイズとは、ポケットモンスターにおいて ①.イーブイとその進化系の通称、または②.その総称 の事である。

ブイズの基礎知識

種族名 姿 タイプ 初登場作品
イーブイ ノーマル (第1世代・GB
シャワーズ みず
サンダース でんき
ブースター ほのお
エーフィ エスパー (第2世代・GB
ブラッキー あく
リーフィア くさ ダイアモンドパール(第4世代・DS
グレイシア こおり
ニンフィア フェアリー XY(第6世代・3DS

イーブイとその進化系→イーブイズ→省略してブイズ。あの増田順一氏も普通に使う、公式認定(?)の略称である。ちなみに英語圏でも“eeveelution(eevee+evolution)”という呼び名で定着している。

その容姿から老若男女問わず人気が高く、また熱ファンを持つ。グッズ等の販売はもちろんの事、公式で『ピカチュウイーブイフレンズ』というブイズ役の短編映画が作られたり、ブイズ限定でのバトル大会が催されたりもしている。

イーブイはいちポケモンからの分岐進化としては、現時点では最も多い8つもの進化先を持つ。さすがは『しんかポケモン』。・・・あれ?メガシンカは? これから先もポケモンが続いていく限り、新たな進化先が追加されていく・・・はずである。されて欲しい。して下s(ry
ちなみに分岐進化進化条件を複数同時に満たした場合には、その優先順位は
①.リーフィアorグレイシア、②.ニンフィア、③.エーフィorブラッキー
の順となる。

偶数世代毎に新たな進化先が追加されてきた。また攻撃技の依存するステータスが、技毎にではなくタイプ毎に『こうげき』『とくこう』に分かれていた第3世代以前の『とくこう』依存タイプ進化してきた。
第4世代までは2種類ずつ追加されてきたのだが、第6世代では1種類のみ(フェアリーニンフィア)。フェアリーは第6世代で初登場のタイプだったが、もし第3世代以前に存在していたとしたら『とくこう』依存タイプだった、という事なのであろう(?)。
ちなみに余談ではあるが、第6世代で既存ポケモンの新たな進化系が追加されたのは、イーブイニンフィア)だけである。

第5世代において、公式ファンクラブポケモンだいすきクラブ』で催された企画ポケモンラビリンスの大調団~』への参加者全員プレゼントとして夢特性隠れ特性)のイーブイ進化系が解禁され、その後PDWの期間限定のポケモンカフェから行ける特別な“ゆめしま”『ポケモンカフェ』にて夢特性イーブイも解禁された。BW2では本編でもクリア後に1個体だけ入手する事が出来る()。
6世代において夢特性フレンドサファリにて解禁され、普通の野生と同じ様に(性別による大きな偏りはあるが)♂♀共に出現する。第6世代以降は×メタモンによる孵化でも夢特性が遺伝する様になった為に厳選難易度は下がり、またからはボールが遺伝する様になった為に厳選の幅は拡がった。

イーブイには第3世代で通常特性『にげあし』が当てられ、第4世代では第2特性『てきおうりょく』が、第5世代では夢特性『きけんよち』が追加された。・・・のだが、その進化先には通常特性1種と夢特性、2種類の特性しか与えられていない。その為、進化先への第2特性の追加が心待ちにされている。

対戦におけるブイズ

ブイズは進化前のイーブイを除き、種族値が全て13011095656560(合計525)を入れ替えたものになっている(=必ず何かに特化したを持つ)。頼むからシャワーズサンダースエーフィのこうげき(65)⇔ぼうぎょ(60)を入れ替えて下さいお願いしm(ry

ブイズの特長の1つとして、その補助技の多さが挙げられる。その反面攻撃技のラインナップは本当に貧相で、その貧相さたるやめざパサブウェポンの第1補として挙がってしまう程。現時点ではメガシンカもなく、他のポケモンとの殴り合いでは火力や範囲で劣ってしまう事がほとんどな為、その多な補助技をいかに活かすかがブイズを使いこなすキーとなる。

性別率が7:1(87.5%:12.5%)、孵化歩数が8960歩(ドラゴン系統等に続き2番に多い)、その上前述した理由によりめざパる必要性も高いetc・・・厳選が大変なポケモンの代名詞的な存在である。更に進化系それぞれに似合ったオシャボにしたい、なんて思ってしまったら・・・

最後に

ブイズのみでパーティを組む“ブイズパ”、そのブイズパを使う“ブイズ使い”も少なくない。そしてそれがいわゆる“ブイオナ”等と罵られ嫌われてしまう事も決して少なくはなく、本当に悲しい限りではある。・・・が、レーティングバトルシングルにおいてレート2000を達成したり、ダブルにおいて毎シーズンレート1800に乗せる凄腕ブイズ使いが現実に存在するのも確か。ブイオナ?弱い?言いたいヤツには言わせておけ。厳しい戦いになる事は安易に想像されるが、興味がある方には臆する事なく堂々とブイズパを使って頂きたい。

ポケモンGOでは

ポケモンGOではイーブイ自体の出現頻度が高く、図鑑埋めには困らない部類。それぞれの進化もアメ25個と割と少ないが、進化方法はそれぞれの個体によって異なる。

第1世代のシャワーズサンダースブースターの3匹はアメ25個でランダム進化する。第2世代のエーフィブラッキーイーブイ相棒に設定したのち10km歩き、さらにアメ25個でもしくはの時間帯に進化させることでどちらかになる。いずれもローコストで強化も容易なためジムバトルにも期に投入しやすいが、CP2500以上の高性面子には負けしやすいのがネック。それでも弱点となるタイプを突いていけばジムレイドバトルにも重宝することに変わりはない。

なお、現時点で出現している5匹は1回のみ名前を特定のものに変更することで必ず狙った進化がさせられる。対応する名前は以下の通り。

これらの元ネタは、第1世代の3匹がアニポケに登場したイーブイ3兄弟トレーナーの名前。第2世代がこちらもゲームアニポケ両方に登場した、エンジュシティにいるイーブイ5姉妹トレーナーの名前からとられている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP