今注目のニュース
女子高生2人にみだらな行為した男を逮捕 同室で2人相手に買春した日も
三重や東北で雨 土砂災害など警戒
昭和戦隊の雄「太陽戦隊サンバルカン」の「サンバルカンロボ」が、スーパーミニプラに登場!!

ブライアン・バリントン単語

ブライアンバリントン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ブライアン・バリントン(Bryan Bullington、1980年9月30日-)とは、アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手投手)である。現在ミルウォーキー・ブルワーズスカウトを務めている。

概要

速球はフォーシーム(直球)、ツーシーム(動く球)、カッター変化球スライダーカーブチェンジアップコントロール良く投げ分ける。時代からコントロールには定評があり、与四球率が非常に低い。テンポよく追い込んだ後、打者の打ち気を逸らしての三振や、ゴロを打たせて取るタイプ時代のコーチからも1打者を3球で打ち取る投球を心がけるように言われていたという。実際の投球にもその教えは実践されており、彼の投げる試合は非常に短時間で終わる傾向が強い。

略歴

MLB時代(2002年~2010年)

2002年MLBドラフト1巡(全1位)でピッツバーグ・パイレーツに入団する。

しかしその後は度重なる故障もあって2005年にようやくメジャーデビュー2008年からは1年毎に所属チームが変わり、2010年ロイヤルズ)にニューヨーク・ヤンキースを相手に8回失点の好投でメジャー勝利を飾るも、これが現時点でのMLB一の勝利となっている。
2010年オフ広島東洋カープエリック・シュールストロムスカウトされ契約。本人も拠点を一新して出直しをしたいとの思いで、家族子供3人)を引き連れて来日した。

NPB時代(2011年~)

オープン戦は絶好調の速球リリーフ投手デニス・サファテの評判の影に隠れる形でほとんど注されていなかったが、開幕カード阪神タイガース戦を前田健太篠田純平で2連敗で落とすという重苦しいチーム状況の中、2時間弱で8回を失点に抑え、日本での初勝利を飾る。死走者をほとんど出さず、めに追い込んで打ち取る評判通りの投球だった。2戦横浜ベイスターズ戦こそエラー絡みで5失点したものの打線の援護により2勝4月29日中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)では、8回死まで与四球1の安打得点という抜群の内容で、結果的に2安打完封勝利カープの助っ人投手1年としては球団史上初の開幕3連勝を飾った。5月5日横浜ベイスターズ戦(マツダスタジアム)でも7回1失点で勝利し、記録を4戦4勝まで更新したが、5月13日読売ジャイアンツ戦(マツダ)にてついに敗戦投手となった。
4月は3勝0敗、防御率1.96という抜群の安定感でMVPを獲得。新外国人の開幕MVPは、ガリクソン(元巨人)、ブロス(元ヤクルトスワローズ)以来、16年ぶりの3人という快挙である。
一部のファンの間では「ルイスの再来」と囁かれていた。

好投の要因としては、ローテ先番の前田健篠田の攻め方を参考にしているとの本人の弁。斯様に観察眼・応用にも優れていることが見て取れる。
ヒーローインタビューでは、「覚えた日本語」をくことが定番になっているのか、最後の一言を日本語で言わされることが多い。→「バリバリチマス!」(2勝横浜スタジアムでのヒーローインタビューより)

2012年、1年間ローテーションを守りぬいたが、昨年にべ大きく成績を落としたシーズンとなった。敗戦数・失点数はリーグワースト。数字で見るとQS率は80%から65.5%に、WHIPも1.11から1.20と悪化した。しかし1失点以下の試合が10試合と試合を作るものの、援護点0点の試合が15試合もあるなど、勝ち運に恵まれないことが多かった(ちなみに、8月11日9月27日の間の8試合での援護点は1点であり、その間のQS成功率は87.5%)。

2013年カープ在籍通算30勝を挙げ、ネイサン・ミンチーのもつ球団記録を更新先発ローテーションで11勝9敗と活躍し、カープ史上初のクライマックスシリーズ進出に貢献した。
しかし2014年は9勝8敗、防御率4.58と安定感を欠き、オフ自由契約となる。

2014年オフにはオリックス・バファローズに入団するも(背番号は27)、2015年は怪で5勝に留まり、オフ自由契約となった。

2016年球界に戻り、カンザスシティ・ロイヤルズAAA級のオマハストームチェイサーズでプレーしたが、その年限りで現役を引退した。

引退後

2016年に帰した後、日本での5年間の活躍は海外でも報じられていたexitが、その経歴もあるのか現在ミルウォーキー・ブルワーズスカウトを担当している。
その為、現在でもNPBの試合やWBCを視察するため来日し、一般客に混じっているところを撃されることがある。

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2005年 PIT 1 0 0 0 0 0 0 0 .--- 1.1 1 1 2 2 13.50
2007年 5 3 0 0 0 3 0 0 .000 17.0 5 7 11 10 5.29
2008年 CLE 3 2 0 0 0 2 0 0 .000 14.2 2 12 9 8 4.91
2009年 TPR 4 0 0 0 0 0 0 0 .--- 6.0 6 5 2 2 3.00
2010年 KC 13 5 0 0 1 4 0 0 .200 42.2 17 29 29 29 6.12
2011年 広島 30 30 3 2 13 11 0 0 .542 204.1 43 136 61 55 2.42
2012年 29 29 0 0 7 14 0 0 .333 175.2 44 137 79 63 3.23
2013年 28 28 0 0 11 9 0 0 .550 172.2 41 117 67 62 3.23
2014年 23 23 1 0 9 8 0 0 .529 131.2 32 85 77 67 4.58
2015年 オリックス 14 14 1 1 5 3 0 0 .625 73.2 24 46 30 27 3.30
MLB:5年 26 10 0 0 1 9 0 0 .100 81.2 31 54 53 51 5.62
NPB:5年 124 124 5 3 45 45 0 0 .500 758.0 143 521 314 274 3.25

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 15:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP