ブラストワンピース 単語

24件

ブラストワンピース

4.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ブラストワンピース(Blast Onepiece)とは、2015年生まれの日本競走馬である。鹿毛

大竹正博厩舎所属、安町・ノーザンファーム生産、馬主シルクレーシング
な勝ち
2018年有馬記念(GⅠ)
2019年札幌記念(GⅡ)、2020年AJCC(GⅡ)
2018年毎日杯(GⅢ)、2018年新潟記念(GⅢ)

概要

~2歳

ハービンジャールマワンピースキングカメハメハキングジョージを勝った英国で、来日後3年産駒からGⅠ3頭が出て軌に乗り始めた種牡馬は3勝で、祖母アルナスラインがいる。とはいえ近の活躍はそのくらいで、兄弟も大半が地方。そこまですごい感じではなく、クラブの募集額も2000万円(4万円×500口)とさほど高いものではなかった。

幼少期から脚が内向気味で背中に疲れを溜めやすい体質でもあり、育成は慎重に進められた。2歳11月デビュー戦も調整途上で5番人気だったが、直線で鋭く反応し差し切り勝ちを決める。

3歳春

体質を見越して間隔をけ、2月の自己条件戦ゆりかもめ賞で戦列に復帰。差のない2番人気に支持されると、中団後方からレースを進めると、直線で稍重馬場ながら上がり最速340の脚を披露。2着を4身置き去りにする圧勝で一躍注を集める。

間隔を詰めることを嫌った営は標をダービー1本に絞り、さらに中間は1戦のみ、そこで権利が得られなければダービーも諦めるという思い切ったローテを組む。

クラシック挑戦を賭けて出走したGⅢ毎日杯。前走とは一転して2番手につける競馬を選択すると、直線はラチに接触してもひるまずインコースを強く突破し2身差の楽勝。クラシックへの切符を手にする。

予定通り皐月賞はパスして迎えた大一番のダービー。混戦模様の中、2歳王者ダノンプレミアムに次いで2番人気に支持される。しかし本番、騎手池添謙一が不安視していたスタートで後手を踏み後方からの競馬を余儀なくされた上、中徐々にポジションを上げたが4や直線で進路をカットされるロスもあり、を出し切れないまま5着に敗戦。傷のダービー制覇とはならなかった。

3歳夏~秋

予定通り夏休みに入ったブラストワンピース。菊花賞標に、関東なのでセントライト記念で始動…と思いきや、なんと古重賞GⅢ新潟記念への参戦を表明。上がりの古重賞に出ることは時々あるが、クラシックの実績が出るなんてことは前代未聞で議論を呼んだ。前述の疲労体質を踏まえて間隔をけたかったこともあるが、なんでもトライアルで有とぶつかるよりいいとクラブ側が判断したらしい。

新潟記念は3歳との相性がだいぶ悪いレースだったが、メンバーが手薄だったこともあり断然人気レースも後方から上がり最速の末脚でぶち抜き、最後は池添が「お客さんに見せてあげようと」外に出す余裕も見せて圧勝。新潟記念では35年ぶりの3歳による勝利を達成する。

再び間をけて臨んだ大一番菊花賞ダービーワグネリアンが不在、皐月賞エポカドーロトライアルで4着とつまずいたこともあり1番人気となる。中も人気マークしながらスムーズに進めるが、1000m627というスローで直線ヨーイドン勝負ではさすがに分が悪く、ディープ産駒フィエールマンの4着。クラシック冠で終わってしまう。

約2かの間隔が欲しいということでJCではなく有馬記念を選択。有に不安要素が多く、メンバー中1頭だけの3歳ということもあってか、競馬で活躍したレイデオロキセキに次ぐ3番人気に支持される。しかし調教タイムが上がらず、予想の間では不安視するもあった。

稍重の馬場、8番からスタートしたブラストワンピース。五分の出ながら中団前の外を確保すると、3コーナー手前から仕掛ける積極的な競馬で進出。外を突いて4番手で直線に向くと、強い末脚で先行を捉える。最後の1ハロンで1番人気レイデオロが上がり最速で突っ込んできたが、クビ差振り切ってゴール。自身初のGⅠ制覇をグランプリで成し遂げた。

管理する大竹正博調教師は10年で初GⅠ勝利。そして騎手池添謙一2009年ドリームジャーニー2011年2013年オルフェーヴルに続き史上単独最多となる有馬記念4勝を挙げた。ちなみに、池添宝塚記念も3勝(2005年スイープトウショウ2009年ドリームジャーニー2012年オルフェーヴル)しているのでグランプリ通算では7勝である。グランリキラーにもほどがあるだろ…。

この勝利が高く評価され、ダービーワグネリアンダートGⅠ3勝のルヴァンスレーヴを抑えて最優秀3歳を受賞している。

4歳

明け4歳となったブラストワンピースは大阪杯から始動。同期ダービーワグネリアン他本含めGⅠ8頭が集結したメンバーの中で1番人気に推されたが、中中団後方から捲るように上がって直線で外に回したものの、前を捉えきれず6着に敗戦する。

その後凱旋門賞を見据えて目黒記念札幌記念ローテーションが組まれ、目黒記念池添とのコンビは解消となる予定だったが、騎乗予定のルメールNHKマイルカップ騎乗停止を喰らった為池添が続投。目黒記念では最重量59kgのハンデが課せられたが、高速馬場によるレコード決着の前に直線で失速し8着に敗れた。
少し間をけて札幌記念へ出走。ここで新たに川田将雅コンビを結成し、ワグネリアンフィエールマン等の実績が集まる中3番人気で出走。ここでは最内から中9番手を追走し、直線に入ってインから抜け出してサングレーザーを半身離し勝利重賞4勝となった。

そしてイギリスで調整が進められた後に凱旋門賞へ出走。しかし折からのによりパリロンシャン競馬場は重馬場となり、中団を追走するものの直線で失速し12頭立ての11着に敗れた。
その後帰するが、11月下旬に年内の復帰を諦めて翌年のAJCCから復帰する事がクラブから発表された。

5歳

明け5歳となり予定通りにAJCCから始動。ミッキースワロースティッフェリオといった中山巧者がう中1番人気に推され、11番スタートから中団前の好位を追走し、3~4コーナー中間からスパートをかけて直線で内を突き、先に抜け出したステイフーリッシュを差し切って勝利重賞5勝を挙げた。

次走には大阪杯を選択。ここではダノンキングリーラッキーライラックに次ぐ3番人気に推された。レースでは中後方を追走し、残り600mからポジションを上げて直線を外から入ったものの失速し、7着に敗れた。

次の出走はグランプリ宝塚記念、ここでは5~6番手につけるも、第3コーナーからついていけなくなり後退、まさかの18頭立て16着と大敗した。

季休養を挟んで初戦は天皇賞(秋)、このレースでは中団からの競馬となるが、直線に入ると後続に次々と追い抜かれ、ここでも12頭立て11着と大敗した。

捲土重来を狙ったこの年の年末のグランプリ有馬記念、ここでは2番手につけるが第3コーナーからズルズル後退、異常を察した横山武史騎手は手綱を止め、競走中止。レース後に心房細動と発表された。

6歳~7歳

心房細動を起こしたブラストワンピースだが、幸いにも大事には至らずは療養に充てる。大竹師によると「その後は背中筋肉がなかなか戻らず、復帰に時間を要した」との事。

復帰戦は6月鳴尾記念。13頭立ての5番人気で中団後方から展開していったが、最後の直線でユニコーンライオンに離され3着。しかし復帰後初のレース掲示板圏内に入り健在をアピール

次走は札幌記念桜花賞ソダシ香港クイーンエリザベス2世カップを勝ったラヴズオンリーユーなどが出走予定であり、このレースを機に上位戦線へ復調できるかに注が集まった。結果はトップソダシと0.5離されての5着であった。GIはこのレースでは先にあげた2頭のほかにペルシアンナイト(2017年マイルチャンピオンシップ)もいたが、彼は3着に入り込んだ。

その後、その札幌記念で痛めた右前球節が回復しなかったこともあり登録抹消。今後は乗馬になる予定exit
テンポイント予後不良で亡くなったことを考えると2024年現在現役を全うしたのに種牡馬になれてない有馬記念優勝となってしまった。血統と距離適性的に需要がなかったと言われればそれまでだが。

余談

ブラストワンピースはシャドーロールがトレードマークなのだが、これはナリタブライアンのような気性的な問題で着けているのではなく、530~540kg台の巨体で顔もデカいので、見栄えが良くなるように着けているだけらしい。実際ものすごくたくましい体でパドックでは一際立っており、新潟記念菊花賞ではよく躾けられ手入れされたスタッフに贈られるベストターンドアウト賞を受賞している。

またその巨体にふさわしい健啖らしく、坂路追いした後にを食べ始めたり、厩舎の寝藁も食べようとしたりするらしい。流石凱旋門賞後は食欲が落ちたようであるが。

ブラストウェーブ(2023年クラシック世代)がいた。7月新馬戦勝利し、9月札幌2歳ステークスを5着としたのち、12月葉牡丹賞で7着となったが、2023年1月24日調教中に死亡した。

血統表

*ハービンジャー
2006 鹿毛
Dansili
1996 黒鹿毛
*デインヒル Danzig
Razyana
Hasili Kahyasi
Kerali
Penang Pearl
1996 鹿毛
Bering Arctic Tern
Beaune
Guapa Shareef Dancer
Sauceboat
ルマワンピース
2008 鹿毛
FNo.9-c
キングカメハメハ
2001 鹿毛
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファ *ラストタイクー
Pilot Bird
ルマグラマー
1999 鹿毛
フジキセキ *サンデーサイレンス
*ミルレーサー
*エラティ El Gran Senor
Summer Review

クロスNorthern Dancer 5×5×5

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/23(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/23(火) 05:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP