今注目のニュース
田中みな実が昔使っていたガラケーを「大切に保管する理由」に衝撃
『ボンビーガール』出演者の小言聞こえ物議 「応募した子がかわいそう」
「不良少年が騒ぐかも」 地元に愛されたスーパーが「ドンキ」に…住民に懸念広がる

ブラッドシェパード単語

ドウジュンケンゴ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(146)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ブラッドシェパードとは、アニメ遊☆戯☆王ヴレインズ』の登場キャラクターである
CV奥田隆仁

概要

道順健碁

SOLテクノロジー社契約している凄腕の賞稼ぎ(バウティハンター
獲物を捕らえる為ならどんな手段も厭わない冷酷な性格で、リアリスト寄りの思考を持つ。
AIというものを一切信用しておらず、デュエルAIに対して高圧的な態度を取ったり、奔放な発言をするイグニスAiに対して「AI人間に従っていればいい」とづいたりする場面も見られる。

過去ゴーストガール財前晃と組んで仕事をしたこともあるが、この二人からも「ですべてを決める」「危険な」と評判は良くない。

AIの故障による交通事故で右腕を損傷し、義手に替えている。アバターデザインにもその影が見られる。また、ネットでも現実でもを鳴らす癖がある。

2期OPではPlaymakerに対してミサイル射撃を行うシーンがあるが、ただのイメージではなく本当に撃ってくるタイプの人物である。おい、デュエルしろよ

凄腕と呼ばれる程の実力を持つ冷酷なデュエリスト

ロスト事件関係者以外でイグニスアルゴリズムを理解する凄腕のハッカー。相当有名なのか、ハノイの騎士にも名前を把握されている。
作中でイグニスアルゴリズムを扱うのは、ハノイの騎士、6体のイグニスボーマントップクラスプログラマー達と言えば凄さがわかるだろう。もしニューロンリンク攻略時にブラッドシェパードがいれば、もう少し結果は変わったのかもしれない。
3期の人物相関図でも相変わらず「冷酷」文字が付けられているが、アニメ本編ではゴーストガールと仲良くタッグデュエルを行い、に対して甘好きにしろ兄貴と化したことを視聴者は知っている為、冷酷かどうかは再考の余地がある。

使用カード

機械族/・地・炎属性の【ドローンデッキ
効果ダメージによるバーン、装備魔法による制圧など、堅実な戦術を扱う。

スキルは「ドローンクラフトフォース」。
ターン終了時まで、相手フィールドモンスター1体の攻撃墓地の「ドローンカードの数×200ダウンさせ、その数値分だけ自分フィールドモンスター1体の攻撃アップさせる。

リンク召喚時の口上は「出でよ、勝利を導くサーキット!」

人間こそがAIを使役するという信念に基づくテーマだと思われるが、Aiに「兵器オタクか?」と言われて特に否定していない為、本当に趣味の可性もある。

道順健碁くん

ブラッドシェパードは初登場時からアバターのみで登場しており、中の人の素性は不明だった。
50話でSOLテクノロジー社会議室に現れるが、この時サングラスマフラーで顔を隠しており、
「私にはネットで素顔をす心理のほうがわからんね。ネットで正体を知られるなどデメリットでしかない」ネットリテラシーの高さを見せつける。(同室にいたのは鬼塚豪財前晃アバターと外見が一致する人物ばかりだった)

が、この回の字幕で「順」、スタッフロールでは「道順健碁/ブラッドシェパード」と容赦なく視聴者に対して本名をバラされてしまう。
冷酷な賞稼ぎ・ブラッドシェパードのイメージに似合わない割と普通の名前だったこともあり、その後、視聴者からは「健くん」と親しみを込めてネタにされる事となった。

なお、このネットリテラシーの高さが役に立ったかというと……
残念ながらゴーストガールには本名を探られ、ハノイの騎士には住所まで割られて出待ちされていた。
77話でゴーストガールが解析している映像には「LV PASSPORT」の文字があり、おそらくリンクレインズでは本名・性別・誕生日血液型籍等を登録する必要があると思われる。(ハッカーなのでその気になれば適当にごまかせるはずだが、仕事をする上で必要な登録だったのだろうか?)
というわけで、個人情報は余裕で作中の凄腕ハッカー達の餌食になった。かわいそう。

時系列整理

父親の再婚を知ったのは事故より前(77話、右腕が義手ではない)

AI交通事故高校卒業前~就職前(18歳前後?)
『ねぇ健。もう一度考えてみない?大学のこと』
『その話はいいんだって。父さんがいない中で高校卒業までさせてもらって、ほんと感謝してるんだ。これからはが働いて、母さんに楽をさせてあげたいんだ』(54話)

事故後に一度どこかに就職している
はい。サイバー担当部署でもあの右腕でAIを屈させた男と評判です』(54話)

・3年前には賞稼ぎブラッドシェパードとして活動
『3年前の仕事だったわ…私達はリンクレインズとは違う別のネットワールドで、悪質なハッカーを追っていた』(53話)

関連動画

関連項目

掲示板

  • 144ななしのよっしん

    2019/10/10(木) 02:59:58 ID: 9ITSWJ8tZX

    ただの邪推だけど最初はウィンディの事件の被害者の予定だったけど打ち切り決まったから全く関係ない事故でしたで終わらせたんじゃないだろうか
    用意してたドラマカットした結果だとしたら何のためにいたのか分からないキャラで終わった理由としては納得は出来る

    まあその場合っ先に削られる時点で元から大して活躍させるつもりなかったんだろうけど

  • 145ななしのよっしん

    2019/10/22(火) 12:58:16 ID: qxCTWovoBx

    こんなシナリオに一切関与しないに何度もデュエルやらせるくらいならもっとやるべきこといくらでもあった
    終わった今だからこそはっきりわかる存在意義のなさ

  • 146ななしのよっしん

    2019/11/25(月) 13:24:35 ID: 7vniO6LPCt

    ブラッドシェパードは嫌いじゃなかったな。むしろ1年塚じゃなくてコイツを登場させてほしかったくらい。なんだかんだデュエルで決着つけることにしたり、番外戦術もクソボーマンとかと違って面いと思えるものだった。

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/12(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/12(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP