ブリヂストン単語

ブリヂストン

1.4千文字の記事
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ブリヂストンとは、日本タイヤメーカーである。

ブリトン』はミス表記。

概要

乗用車自転車などの車輌タイヤと、関連部品を販売する。
業界最大のシェアを誇り、2005年に、それまで世界最大であったフランスミシュランを抜いている。

スポーツタイヤ「ポテンザ」、スタッドレスタイヤブリザック」などの商品で知られる。
特にブリザックは、東北北海道で10年以上にわたってトップシェアを保っており、皇室の御料にも使用されているなど、高い信頼性で知られる。ちなみに産初の御料の生産を掲げたのもブリヂストン(正確にはかかわりの深かったプリンス自動車)であった。 

創業者は石橋二郎鳩山由紀夫・邦夫の外祖に当たる。
社名の由来はその名にちなんで、「ブリッジ」()と「ストーン」(石)を合成したもの。
ストーンブリッジでは呂が悪いので逆さまにした。
当時一流のタイヤゴムメーカーであったアメリカファイアトンのようになりたいという願いもこめられていた(同社は後に、ブリヂストンに買収されている)。

ブリヂストンを略して「BS」と称される事が多い(1967年1984年までBSマークロゴだった)。
タイヤの中に狂気じみた笑顔を湛えた顔が詰まっている、という、見た者にトラウマを負わせかねないロゴもあったが、ブリヂストン的にはなかったことになっている。
1984年からは、Bをかたどったマークが使われている。 このロゴは一般のタイヤや、モータースポーツでも使用されている(2011年には丸みを帯びたものに変更している)。

現在でこそ世界タイヤメーカーに君臨するブリヂストンだが、そのルーツ福岡県久留米市にあった仕立物屋「志まや」に始まる。
その仕立物屋が足袋商品として売り出し、農家大工向けに足袋の底にゴム生地をり合わせた「地下足袋」を開発したところ大ヒット。ここからゴム製品製造のノウハウを活かしてタイヤ製造にも乗り出し、これが独立したのが現在ブリジストンである。
そのため、 「志まや」を原点とする靴メーカーアサコーポレーションブリジストン兄弟会社にあたる。

世界展開

世界展開の勢いは凄まじく、世界タイヤ売上ではミシュランとグッドイヤーを抜き世界1位である。

販売数の7割近くが欧州で、日本シェア全体に占める割合は3割程度。
その日本国内では5割シェアを誇る。 

インド東欧にもを入れて、2012年連結売上高は4兆円の大台に達する見込みとなった。

モータースポーツ

トップフォーミュラや、全日プロトタイプカー選手権などにタイヤ供給している。
SUPER GTには発足当初から供給している (ほぼGT500クラス)。

海外ではヨーロッパF2選手権、ドイツツーリングカー選手権(1期)にも供給していた。

F1での活躍

1998年の予定を97年に繰り上げてタイヤ供給を開始する。

BS優勝は、98年のオーストラリアGPのマクラーレンミカ・ハッキネンによる。
同年、ハッキネンが個人とチームの両タイトルを獲得、ブリヂストンは参加2年でWタイトルを獲得している。

以降、ミシュランと共にタイヤを供給し、同社が撤退した2006年以降は、独占的にタイヤを供給してきた。
しかし、契約満了に伴い、2011年限りでブリヂストンも供給停止を決定した。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/22(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/22(水) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP