今注目のニュース
スレイヤーズ本編17巻「遥かなる帰路」10月19日発売、Amazonでいきなり予約数が跳ね上がる大反響
『Call of Duty: Mobile』が10月1日に配信決定。マルチプレイヤー主軸の基本プレイ無料ゲームとして大人気FPSシリーズがモバイルに登場
ウサギさんの「おひざのんの」がかわいい! 飼い主のお膝の上で見せるウサギさんのしぐさがたまらない

ブリトヴァ単語

ブリトヴァ

掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ブリトヴァとは、機動新世紀ガンダムXに登場するMSの一つ。
式番号はNRX-011。パイロット東部戦線狩人の異名を持つドゥエート・ラングラフ。

概要

連邦軍が開発した後方支援MSの試作機。
本来は腕部や脚部からミサイルを放てる重装MSとして生み出され、恐らくは後方から味方を援護するのをな役として想定していたことが予測される。

だが……本機のパイロットを務めることとなったドゥエート少尉の一(…かどうかはともかく彼の要望によることは確か)によって、なんとそんな役割とは逆の近接用変態MSが誕生してしまった。
ちなみにドゥエート少尉の要望は、上層部からの要請へと昇したようで……。

上の人「パイロットが『コイツの武器を近接用にしてくんね?』って言ってるから、カスタマイズよろしくね」
現場「はぁ?!後方支援機になんでわざわざそんな逆の改造しなきゃなんねえんだ!ふざけんな!」
上の人「まあまあそう言わずに、せっかくこいつを使ってくれるパイロットの頼みなんだし…」
現場「冗談じゃねえ!んなことは他の機体でやってくれよ!これは後方支援機なんだ!」
上の人「    や    れ    
現場「……………………」

と、こんなやりとりがあったかどうかはともかく、お偉いさんの勅命によって開発渋々カスタマイズを行ったという。
そして本編に登場するブリトヴァは、肥大化した肩からマイクロミサイルを撃ちまくって自分の得意距離に誘い込んで、内蔵されたヒートワイヤーモノフィラメントワイヤーカッター』で相手を切り刻むという新過ぎるMSとなった。

このモノフィラメントワイヤーカッターの恐ろしいところは、ワイヤーが細すぎて視が困難な点で、このワイヤーの存在を把握していないと食らっている側は一体何をされているかわからないポルナレフ状態になってしまうことである。
切れ味も抜群で、ガンダムに使われているルナチタニウムすらあっさりと切り落としてしまう。劇中ではテスト戦闘に付き合ったMSは尽く細切れにされてしまっていた。
こうした何が起こってるかわからない状態に相手を陥らせ、パニックのうちに倒すというのがこのMSの得意戦法である。 

しかし裏を返せば、ワイヤーの原理さえわかってしまえば、突破口は十分に掴めるという点である。
劇中ではガロードの奇策でエアマスター餌マスター囮にし、エアマスターの肩口スレスレからビームライフルを撃って相手に攻撃を当て、その隙にエアマスタートドメを刺すという危ない方法で倒している。

さらに言えばブリトヴァのワイヤーが有効だとされる間合いから離れ、射程外から集中火を浴びせればこのMSの突破はそう難しくないと考えられる。
もっとも、そうさせないためにドゥエートはあの肥大化した肩にマイクロミサイルを装備させたわけだが。

関連動画

開発も涙した(かもしれない)名機の活躍する動画をお待ちしております。

関連商品

開発が刻の涙を見ながら改造したMSです。是非立体化を……。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 10:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP