今注目のニュース
大麻逮捕の小嶺麗奈、過去に薬物撲滅CM出演の皮肉
社会人の7割「年金は60代から受給したい」 「体が辛くないうちに」「体力等の理由で働けなくなるのがこの年齢」
34歳男、口論になったラブホ支配人を車ではねて逮捕 「揉めた原因」に驚きの声

ブルボン朝単語

ブルボンチョウ

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ブルボン朝1589~1792,1814~1830)とはフランスの王である。

概要

グノー戦争の最中にヴァロワ朝を受け継いで成立した近世フランスの王アンリ4世からルイ17世まで6代、復古王政でも2代続いた。

ルイ14世の代には絶対王政と呼ばれるフランス王国全盛期を迎えるも、フランス大革命で王は瓦解する。

その後、王政復古フランスに返り咲くが7月革命で再び放逐される。西フランク王国成立以来1000年以上続いたフランス王政はここに終わった。

なお、ルイ14世は1700年に自身の孫をスペインフェリペ5世として即位させ、スペインブルボン朝ボルボ)を成立させている。スペインに渡った同王は、300年以上経過した2018年現在スペイン王国でなおも王・王として存続し、立として君臨し続けている。

大王 アンリ4世とユグノー戦争の収束

3アンリの戦いを乗り越えて『フランスかつナヴァラ国王』としてブルボンの初代王になったアンリ4世であったがその前途は多難であった。

グノー戦争はいまだ継続中で、プロテスタントアンリに敵対するカトリックは、彼の叔父であるブルボン枢機卿をシャルル10世としてフランス国王として推挙していた。そこでアンリは自らの王位を確定させるために敵対する都市を一つ一つ攻略していかなければいけなかった。

りの甲斐があったのか、やがて事態はアンリへ好転していく。シャルル10世は1590年に死亡するとカトリックが後継者の名にまごついている間に、宗教対立の平和的解決をすポリティークアンリ支援してくれるようになった。1593年にはアンリカトリック宗し、大義名分を失った反アンリカトリックは瓦解に向かった。翌年アンリシャルトルで成式を行い、名実共にフランス国王として認められる。最終的にユグノー戦争は1598年に信教の自由を条件付きで認めるナントの勅で新旧教の和解が成立した。36年にもわたる宗教戦争はこれで一応の終わりを迎えた。

ようやく平和を取り戻したフランスアンリ4世は慰安政策を進める。農村へは減税を与え彼らを保護した。またブルボンの王としての正当性を高めるために嫡男にルイとつけてカペーの血筋を強調した。以後ブルボン朝の王はすべてルイとなる。更にアンリパリの開発を進め、その一方でシュリーを財務卿として国家財政の再建に当たらせた。アンリ4世はイメージ戦略に熱心で、死後に『人民の』と呼ばれる人気王になった。

しかし当時は宗教政策で恨みを買っていたのだろうか、1610年、アンリ4世はカトリックの男に暗殺されてしまう。犯人には拷問が加えられたが、その背後関係は明らかにされなかった。

正義王 ルイ13世とリシュリュー

アンリ4世の後を継いだのはわずか8歳のルイ13世であった。幼王を補佐するための摂政には母親マリ・ド・メディシスが就任したのだが、マリはルイが成人した後も政権を息子に渡さなかったため、子の間に深い対立が生じてしまった。ついにはマリは大貴族を糾合して息子に戦いを挑むも、最終的には和解している。

このとき二人の間を取り持ったのが、後にフランスの名宰相となるリシュリューである。リシュリューは最初はマリの支配下にあったが後にその影を脱し、宮廷で権を握ったリシュリューは自らに敵対する大貴族への対応を迫られた。リシュリューはまず決闘禁止をだし、更に貴族から不要な武器を回収した。現在日本でもそうだが、近代国家ではあらゆる理由においても武を用いて良いのは警察、軍隊)に限られている。しかし当時のヨーロッパでは自分の身は自分で守るという自救済が当たり前であった。リシュリューは武国家が独占することによって、の増長を図ったのである。

もう一つリシュリューの頭を悩ませていたのは内のプロテスタント問題であった。当時のヨーロッパ政治宗教が密接に結びついており、安易に信教の自由を与えることは統治機構の崩壊を意味していた。よってリシュリュープロテスタント弾圧に踏み切ることとなる。イングランド内のプロテスタント保護を名に軍隊を派遣してくると、リシュリューはルイ13世と共に出プロテスタント都市を屈させて、ナントの勅で認められたプロテスタントの権利の縮小を進めた。

1618年にドイツ30戦争が始まるとフランスは新教サイドでこれに介入する。内でプロテスタントを弾圧していたフランスがなぜプロテスタント側に立ったのかというと、ハプスブルクが嫌いだったからである。最初は新教側への銭的援助のみだったのが1635年にはフランス軍はハプスブルクと直接戦争に突入している。軍隊には大量のが湯のように使われ、増税のフランス民衆を苦しめた。大規模な農民一や反税一も発生したがリシュリューはこれらの反乱を軍隊を使ってすべて鎮圧した。

太陽王 ルイ14世の絶対王政

1642年にリシュリューとルイ13世が相次いで亡くなると、ルイ14世が即位する。「朕は国家なり」とした(と言われる)太陽王ルイの治世下で、カペー朝以来のフランス絶対王政というピークを迎える。

とはいえフランス王に即位したばかりのルイは4歳の児童であった。そこでフランス政権を動かしたのはリシュリューの後継者となったマザランであった。マザランはリシュリューの政策を踏襲したが、その頃には既に大貴族たちの摂政への不満が臨界点を迎えつつあった。1648年にはまずパリ民衆が起しフロンドの乱が始まった。リュエイユの和約でこれを収束させると、今度は貴族たちが反マザランの反乱を起こしたのである。マザランはドイツに亡命。反乱軍トップであるコンデ親王は臨時政府をたてたが、彼の軍隊がパリで乱暴藉を働いたため反乱政権は短命に終わった。

フロンドの乱が集結してパリに帰ったマザランが1661年に死亡するとついにルイ14世の親政が始まった。60年代から70年代にかけてフランス絶対王政へのを突き進んでいく。

まずルイは政の最高意思決定機関である最高会議を組閣し、王族や大貴族を排除して代わりに法貴族を置いた。その中心はル・テリエ(陸軍卿)、リオンヌ(外務卿)、コルベール(財務総監)の三人組と呼ばれる者たちである。特にコルベールは強い行政権を持ち、内に銭を集める重商義をとった。

その他にもルイは多くの内政革を行っている。

  • 民事王刑事を発布し、それまで各都市に任せていた法律を、その一部ではあるが王領内で統一させた
  • パリに警視総監職をおいて治安維持に務めた
  • 救貧院を設置して、それまで教会に任せきりになっていた社会保障を民衆に与えた
  • 軍隊革によって近代的なフランス軍を作り上げた

その一方で内の宗教の統一をしたルイは、信教の自由を保していたナントの勅止してしまった。これによって内のプロテスタントが大量に亡命し、フランス経済に打撃を与えた。

対外的にはハプスブルクとの抗争にルイは熱をあげた。30戦争が終わってもスペインハプスブルクフランス戦争を続け、1659年のピレネー条約でようやく一時の平和が訪れた。この条約でルイはスペイン王女マリテレーズ結婚することになったのだが、ここでもまた一着起きる。スペインは多額の持参を渡す代わりにマリの持つスペインでの権利の一切を放棄させる約束をルイと結んでいたのだが、このお金が支払われる前にマリは死んでしまった。こうなるとマリスペインに持つ領土は夫の私のものだといってルイ14世はスペインへと侵攻する。フランスの強大化を恐れたイングランドオランダスウェーデンが仲介に入り1668年にアーヘン条約で和解し、フランスは豊かなフランドル地方を確保することができた。

時に17世紀は大航海時代である。フランスは先行するイングランドオランダに追いつくべく、オランダ戦争をしかけた(オランダ戦争)。後にオランダ側に神聖ローマスペインが参戦したため戦火は拡大。1678年のナイメーヘン条約でフランスは更に領土を拡げることに成功する。

1686年にはフランスプファルツの継承権をし、出兵を企てたため、反フランスで形成されたアウクスブルク同盟との間にプファルツ継承戦争が勃発した。フランスはこの戦争西ヨーロッパのほぼ全勢を相手に戦うこととなり、1697年のライスワイク条約でフランス地味豊かなロレーヌ地方を失うこととなった。

しかしルイはこれに懲りる事もなくスペイン戦争の火種を燃やす。スペインハプスブルクカルロス2世で断絶すると、次王にはルイ14世の孫のフィリップ名された。しかしこれ以上のフランスの強大化を防ぎたい神聖ローマイングランドオランダがハーグ同盟を結び、ここにスペイン継承戦争が始まった。戦火は海外植民地にも拡大し、最終的にユトレヒト条約で争いは終結した。この条約でスペインブルボン朝際的に認められたが、フランス海外植民地のいくつかをイギリスに奪われることとなった。

ルイ14世の治世は確かにフランス絶対王政と呼ばれる黄金期を迎えたが、それでも中国の専制君や現代フランスのような国家にはほど遠いものであった。フランス王権は内においても数々の中世的制約をいまだ持ち続けたのである。にも関わらずルイがかしい王権を持つとされるのはひとえに絵画などの芸術を通した彼のイメージ戦略の勝利といえる。

最愛王 ルイ15世と最後の王 ルイ16世

1715年にルイ14世が死ぬと、次代フランス王にはルイの曾孫にあたるルイ15世が即位した。新王ルイは5歳だったため、宰相にはオルレアフィリップが就任した。フィリップはルイ14世の専制義とは対照的に大貴族の復権をした多元会議制(ポリノティ)と呼ばれる評議会政治を構築したが、上手くいかず結局ルイ14世システムに戻ってしまった。

当時のフランスはルイ14世の数々の戦争によって財政は危機に陥っていた。そこでフィリップスコットランド出身の銀行ジョン・ロー革を行わせたが、これもバブルが崩壊し破綻してしまった。しかし彼が作ったローのシステムと呼ばれる経済政策は財政赤字と個人債務の縮小の効果もあった。

この時期のフランスは対外的には1733年にはポーランド継承戦争1740年にはマリア・テレジアに対してオーストリア継承戦争を戦っている。後者インドや新大陸での英植民地戦争にも発展し(ジョージ戦争)、これ以降、欧州戦争欧州だけに留まらず、世界舞台に繰り広げられていく。英植民地戦争はその後も断続的に続き、ナポレオン戦争に至るまでの英間の争いは第二次百年戦争とも呼ばれる。

プロイセンロシアと7年戦争に突入すると、フランスもこれに参戦しアメリカ大陸イギリスと戦った(フレンインディアン戦争)が敗。1763年のパリ条約ではフランスカナダルイジアナ植民地を喪失してしまった。植民地競争に破れたフランスと対照的にイギリス黄金期を迎えつつあり、新ロシアプロイセンの躍進もあり、国際政治におけるフランスの凋落はにも明らかだった。

ルイ15世が死亡すると、後を継いだのはルイ16世であった。新王ルイはただでさえ20歳と若い上に、彼は王太子であったが急死して不意に即位したため、帝王学を身につけておらず覇気に欠ける人物であった。彼を補佐したのはモールパ伯であった。伯は財務総監にテュルゴーをつけて、穀物取引の自由化の王を発布させた。いわゆるレッセフェーレ(自由放任義)で穀物に適正価格をつけようとしたのだが、翌年には穀物価格は暴騰し、小麦粉戦争と呼ばれる大規模な食料暴動が各地で起こった。

更にテュルゴーはナントの勅を復活させて信教の自由を再保した一方で、フランスの財政健全化のために全身分への単一地租を提案したが、凄まじい批判を浴びて1776年にルイはテュルゴーを罷免せざるをえなくなった。

1775年にアメリカ独立戦争が勃発するとフランスイギリスへのイヤがらせのためにアメリカ支援した。更には実際に軍隊まで送ってヨークタウンの戦いの勝利に貢献した。しかしその軍費はフランスに大きな負担として伸し掛る。ルイは貴族職者への課税をめるが強い反対にあい、優柔不断なままに失敗する。そして戦費捻出は第三身分への増税にすべて転化され、民衆は塗炭の苦しみに喘ぐ事となった。かくしてフランス大革命発生の社会的条件は既に整いつつあったのである。

国王一覧

関連項目

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2017/09/10(日) 08:19:46 ID: NFZyYJb6Gj

    なんでみんな、一桁代の時に王位継承してるんだ

  • 4ななしのよっしん

    2018/01/20(土) 19:57:11 ID: hSKbJdij5Q

    スペインブルボン朝にも触れた方が良いのでは?今でも残っているわけだし

  • 5ななしのよっしん

    2018/10/26(金) 03:50:02 ID: 7hFU7ggjMT

    >>3
    後継者がバタバタ若死にする巡りの悪さ

急上昇ワード

最終更新:2019/05/23(木) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/23(木) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP