ブーバーン単語

ブーバーン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(99)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ブーバーンとは、ポケットモンスターに登場するNo.467ポケモンである。初登場はダイヤモンド・パール

基礎データ
名前 ブーバーン タイプ ほのお
英語 Magmortar 高さ 1.6m
分類 ばくえん 重さ 68.0kg
性別 75.0% 特性 ほのおのからだ
25.0%
グループ ひとがた 隠れ特性 やるき
孵化歩数 6400歩 捕捉率 30
世代 第4世代 努力値 特攻+3
進化 ブビィブーバー(Lv.30
ブーバーンマグマブースターを持たせて通信)
図鑑データ
図鑑 #467 図鑑の色
ジョウト # ホウエン #
シンオウ #202 イッシュ #055BW2
カロス # アローラ #168
#202(USUM/アローラ
#095(アーカラ)
#103USUM/アーカラ)
ガラル #
No.467 ブーバーン
ばくえんポケモン
たかさ  1.6m
おもさ  68.0kg

ほのおタイプ
うでの さきから せっし2000どの
ひのたまを はっしゃする。かざんの
かこうを すみかにする。
種族値 合計540
H
P





75 95 67 125 95 83

図鑑説明

ポケットモンスターダイヤモンド・パールポケットモンスターX
うでの さきから せっし2000どの ひのたまを はっしゃする。 かざんの かこうを すみかにする。
ポケットモンスターポケットモンスタープラチナポケットモンスターブラック・ホワイト
せっし2000どの ひのたまを うちだすとき ブーバーンの からだは ねつのため ほのかに しろくなる。
ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバーポケットモンスターY
せっし 2000どの ひのたまを うでの さきから うちだす。 くちから はく いきも もえている。
ポケットモンスターブラック2・ホワイト2
うでのさきから せっし2000どの ひのたまを うちだすとき からだは ねつのため ほのかに しろくなる。
ポケットモンスターサン
かざんの かこうに すむ。 1つの かざんには ひとつがいの ブーバーンしかいないと いわれる。
ポケットモンスタームーン
うでさきから せっし 2000どの ひのたまを はっしゃ。 れんしゃを すると うでさきが すこし とける
ポケットモンスターウルトラサン
いまでも きんぞくを かこうするのに ブーバーンの ほのおに たよっている こうじょうも すくなくないのだ。
ポケットモンスターウルトラムーン
ひのたまを うちだして てきを しとめる。 まっくろコゲに なるので えものを とるときには つかわない。

概要

ブーバーン

ブーバーとエレブーの歴史

第1世代

エビワラーを除くと一のほのおの(かみなりパンチの使い手。また、ブーバーエレブーにしか出現しないレアポケモンであった。当時のメジャーポケモンが軒並み出場不可となったニンテンドウカップ99においてライチュウとあわせて重なでんきタイプだったため需要が高かったエレブーに対して、タイプ自体が不遇だったブーバーは影をひそめていた(しかもほのおのうずも覚えずかえんほうしゃの習得レベル55だったためほのおタイプの中でも埋没していた)。ちなみにもう一匹ルージュラという一の冷凍パンチの使い手が( ryかしこの頃は他の二匹とべて対戦での需要は高かった。

第2世代

って進化前を手に入れる。クリスタルではってクロスチョップを遺伝で手に入れた。特攻と特防が分かれてブーバー火力エレブーを上回った。技マシンにより三色パンチが使えるようになったエレブーと異なり、ブーバーかみなりパンチこそ使えるようになったもののれいとうパンチは与えられなかった。ちなみにルージュラ進化前を手に入れた。なおルージュラにはパンチも炎のパンチも与えられなかった

第3世代

特性を手に入れる。ブーバーは触れた相手をやけどに、エレブーは触れた相手をまひにさせるという似た様な特性であった。ちなみにルージュラは触れた相手を凍らせるという特性・・・・・・ではなかった。メロメロにすらもできない(ry

第4世代

って進化先を手に入れる。ブーバーンは特殊寄り、エレキブルは攻撃寄りの進化となった。ちなみにブーバーンの特性進化前と変わらなかった。ちなみにアイスブースターなんてものは実装されなかった(ry

・・・おーい。ルージュラ行方を知らんか

第5世代 

BWにてニトロチャージ、ローキック、じならしを習得。絶妙なS種族値をより活かしやすくなった。また、隠れ特性やるきを取得し、催眠技持ちに大きなアドバンテージを得た。

第6世代

XYから遺伝技の仕様変更により、マッハパンチフレアドライブといった物理技とはらだいこの両立が可。これにより、物理として運用する事も視野に入れられるようになった。
さらに、遺伝技で新たにゲップとパワースワップを取得。前者は持ち物が制限され、活かす機会は少ないものの、後者オーバーヒートで下がったCを相手に押し付けられる。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/17(土) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/17(土) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP