今注目のニュース
声優・下野紘、ママチャリでオーディション合格勝ち取った過去明かす「台風で交通機関が止まって…」
スパコン「京」後継機、名称は「富岳」に決定
似合うかニャ スマホアプリ「Snapchat」でオス猫さんが金髪美女に変身してしまう

プジョー単語

プジョー

掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

プジョー(Peugeot)とはフランス自動車会社である。シトロエンと共に、持株会社であるプジョー株式会社(PSA)の下に置かれている。シンボルマークライオンサイコロは振らない。

概要

較的変態ではない方フランス。19世紀末から自動車産業に参入し、今日までフランスを代表するブランドとなっている。後述する理由から、「世界初の自動車メーカー」の称号を巡り、ドイツメルセデス・ベンツとの戦いがジークフリート線で続いている。

1929年以降、モデル名は伝統的に三桁の数字で表すことが多い。一の位が世代、十の位はゼロの位がモデルの分類である。これについてプジョーは101から909までの数字を全て商標登録している。どこぞのG-SHOCKではないが。ポルシェが後に901なるを出そうとした時にクレームをつけて911に名前を変えさせたことはあまりに有名。

シトロエングループを形成して以後、今日までコンポーネンツを共有して効率的な開発及び生産を行いつつ、ブランドの独自性を打ち出している。『限りなく普通に近いプジョー』『限りなく変態に近い変態シトロエンと覚えよう。

歴史

プジョー一族は15世紀頃には、その存在が確認されている。当時は屋などを営んでいたようだ。19世紀初頭に冷間圧延鋼の製造に成功し、以後は製鋼及び金属製品の販売を営む。後に名品として知られるプジョーの胡椒挽きは、この頃に作られ始めた。また優れた鋼で作られた物をイメージしやすいようにと、ライオンシンボルとして使われ始めたのもこの頃である。

19世紀末アルマン・プジョーがフォースの英国面に堕ちたことで、プジョーに大きな転機が訪れる。アルマンはイギリス留学時に自転車を見たことで、自分もそれに手を出したいと思い始めた。一族を説得し、ついに自転車の製造と販売にこぎつける。後に名品として知られる、プジョーの自転車である。
アルマンは間いれずに自動車にも興味を持つ。最初に製造したのは、蒸気機関を搭載した三輪自動車のトリシクルであった。 これをパリ博覧会に出品したところ、彼の運命を決定付けるものに巡りあった。ダイムラーライセンスに基づいて作られた、パナール・ルバッソールガソリンエンジンである。

アルマン
ガソリンエンジンか…コイツは良さそうだ」

パナール
「そうさ。もっと見てみなよ。ほら「来る」のが分かるだろ?。コイツクルマに載せたら凄いヨ」

というわけで、ガソリンエンジンを搭載した四輪自動車のクアドリシクルを製造。デキが良かったことに歓喜したアルマンは、同一仕様で計五台のクアドリシクルを製造した。
このいきさつが「世界初の自動車メーカー」と言われる所以である。同時期の自動車と言えば、まだ一品製作オートチュールの域にあった。そんな時代にあって、プジョーは量産の端緒を開いたからだ。

とでも覚えておけば間違いないはず。これ以後のプジョーは自動車の普及に尽していく。1929年に大衆201を発売。これが現在に続く三桁名称の始まりとなる。1937年までの製造台数は14万台強を数える。上位種である301401601も発売され、総合自動車メーカーとして歩んでいく。

1940年、「世界初の自動車メーカー」を誇示するプジョーに切れたダイムラーベンツが、ベルギーとかいう人気のないワッフルを踏み潰してフランスへと進攻した。

プジョーなんてダイムラーエンジン積んで作っただけだろ!

ちくしょうめえぇぇぇぇぇぇ!

おっぱいぷるんぷるん!!

盟友のパナールやルノーダイムラー相手に戦ったものの、マジノ要塞という大きな聳え立つクソに頼りきり、機動部隊(ですらないが)の運用もクソだったので敗北。以後、ビシー政権下で胆の時期に入る。

いつの間にかフランスが戦勝になるという超展開WW2が終わり、本格的なモータリゼーションの時代を迎える。プジョー各モデルは03世代、04世代へと発展しながら、フランスを代表するメーカーとして歩んでいく。

そんな1974年、ついにあいつが仲魔になる日がきた。

 ↓政府の偉い人
( ´八`) (うーん、シトロエンがヤバいな。ミシュランを投げたし。どうしよう)

Σ( ´八`) (そうだ!)

( ´八`) ジト------------------------→ Д`; )プジョー

(ヘヘ) 「オレハ インジュウ シトロエン。ナカマニ シテクレ」

コマンド ?

はい
いいえ ←

きょひ できない !

コマンド

はい
いいえ←

きょひ できない !

インジュウ シトロエンが なかまに なった

m9(^Д^)プジョー!!

こうして持株会社であるプジョー株式会社を作り、自動車メーカーとしてのプジョーとシトロエンはその下に置かれる事になる。プラットフォーム、駆動系、エンジンなどは共有しつつ、デザインは各々独自のものを施すことで、効率化と独自性の両立を計った。

特徴

プジョーの特徴として知られているのは、足と呼ばれる、乗り心地と操縦性を両立したサスペンションである。豊かなサスペンションストロークを活かし、ロール時に伸び側でも路面をしっかりと捉え、優れた安定性を誇る。昨今はドイツ的な固めた脚になる傾向もあったが、通常のモデルでは足が復活しつつある。但しホイールは16インチぐらいまでにしておくのがオススメ。

現行モデル

プジョーとモータースポーツ

19世紀からを作っているのだから、当然モータースポーツとも縁が深い。

1894年に行われた「パリルーアン」という世界初の自動車レースで初優勝を飾る。実は最初にチェッカーを受けたのは蒸気自動車だったのだが、これは助手が必要と言うことで優勝が取り消しになり、2位のプジョーとパナールを同点優勝となった。えぇ~最初に言ってよ。

WW2後から今日までは、ラリーレイドWRCル・マンラリークロスなどで活躍している。

WRCでは、特にグループB時代に大暴れした。近年も307WRCで参戦していたが、プジョーは2008年を最後に撤退。変態シトロエンに後を託す。

世界ラリークロスにも初年度から参戦、2015年チームタイトルを獲得している。

カールラリーでは4連覇を果たしたことがあり、「砂漠ライオン」の異名を奉られた。2015年には2WDのほうが規約的に有利なのを逆手にとってMRマシンを開発するという大胆な戦略を披露、これが図にあたって2016年2017年に総合優勝を果たしている。

ル・マンではグループCカー905で1992年93年の総合優勝にいた他、2007年からディーゼルカーである908を投入し、2009年レースでは1-2フィニッシュで総合優勝を果たした。同じくディーゼルで参戦しているアウディと熾な戦いを繰り広げていたが、経営不振から2012年WEC開幕直前に撤退を表明してしまった。2017年現在復帰の意向はあるが、ハイブリッド規定のコストと技術的なハードルの高さから難色を示している。

メディアの中のプジョー

個性的な主人公と個性的なの組み合わせは、時に作品をる重要な要素となる。数が多いわけではないが、プジョーも名脇役として作品にを添えた。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/23(木) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/23(木) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP