今注目のニュース
『ヒプマイ』神宮寺寂雷がねんどろいど化!ミステリアスな「通常顔」や激しい「ラップバトル顔」&注射器が付属
【神対応】後ろの乗客が倒れホームから落ちてしまった女性。ホームのお客さんたちの対応が素晴らしすぎて感動したと話題に!
日本ベンチャーの“空飛ぶバイク”、来年出荷 2023年には公道走行を目指す

プフレ単語

プフレ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

プフレとは、ライトノベル魔法少女育成計画シリーズに登場するキャラクターである。「restart」にて初登場。車椅子に乗ったお嬢さま魔法少女

CV: 後藤沙緒里ドラマCD)

概要

ステータス
破壊 ★★★
耐久 ★★★
俊敏性 ★★★
知性 ★★★
自己 ★★★
野望/欲望 ★★★
魔法ポテンシャル
好きなもの 美味しい紅茶
護への悪戯
秘密
嫌いなもの 有能な敵
無能な味方

魔法」からの認可を受けた、本物の魔法少女。何の前触れもなくゲームの仮想世界に飛ばされてしまい、他の魔法少女と共に生死を懸けたゲーム攻略に挑む。

車椅子掛けたお嬢様のような格好の魔法少女。ちなみに足が不自由ということは全くなく、普通歩ける。ただ、本人に拘りがあるのか移動には何らかの手段を用いており、魔法少女の姿の時に自歩く場面は少ない。

ゲーム攻略のために自らチームを組織し、シャドウゲールマスクド・ワンダーが所属している。特にシャドウゲールパートナー的存在でよく一緒にいる。

基本にこにこ笑顔を湛えているが、思惑・思考・本心を表に出す事はほとんどい。時には自分にもを付き、仮の自分を演じきってしまう。付き合いが長いシャドウゲールでさえも、彼女の考えや本当の気持ちは測りかねないが、隠しきれずに感情を出してしまった時もある。

作中では自身のを使って別の魔法少女の下へ駆け付け、直接交流を図っている。化け物じみた頭・才覚・洞察・判断の持ちであり、魔法少女の中でもトップクラスの切れ者。的のためには手段を選ばないタイプで、そのなんらかの的のために突如始まった命を懸けたゲームをも利用し、物語をかき回す。

正体は人小路庚江(ひとこうじ かのえ)という高校生女の子。人小路は遠い昔から栄え先祖代々富をり継いできた富の一族で、町一つがお屋敷、バス停に「人小路邸前」がある、いたずらをした同級生が翌日遠くへ引っ越す、などなど二次元を含めても並ぶ者が稀なレベル持ち。彼女はそんな名の末裔である。彼女自身のスペックも物凄く高く、周囲のを釘付けにするほどの美人なうえに、成績優秀(全トップクラス)・スポーツ(全一レベル)で、ポテンシャルは全て高準。何をやらせても優秀な成績を残し、人生の全てを中心で立ち続けている。現在女子高生でありながら、人知をえた智謀と容赦ない性格の持ちおじいちゃんっ子であり、よく祖の口調を真似て話をするらしい。車椅子姿なのもその影ではないか、とシャドウゲール考察している。

シャドウゲールの正体である魚山護(ととやま まもり)は人小路に仕える専属ボディーガードで、物心つく以前から江と四六時中一緒に暮らしている。従関係なのをいい事に江は護をこき使ったり振り回したりと散々なに遭わせており、護もこの扱いには反感を抱いている。

しかし、江にとって護は非常に大切な存在で、護が居れば他はいらない、どんなモノよりも、自分の命よりも護の身を優先するなど、病的に近いレベルで強い思い入れを抱いている。


   

 

注意 記憶回復装置
これ以降はrestartの結末までの情報が記載されています。
展開のネタバレとなりますので、ご注意ください。
記憶を取り戻しますか?
[ はい ]
  ↓











ゲーム開始序盤で自身を怪人に偽装。「怪人のフリをして正義感の強い魔法少女を釣る」という策を仕掛け、その結果マスクド・ワンダーパーティーに引き入れることに成功する。そしてチェルナー・マウス戦での勝利や、マジカルコイン獲得など順調に攻略を進めていた。ところが、マスクドワンダーが何者かに謀殺されてしまい、計画が狂うことに。

ゲーム開始後二人の死者を出した事と、チェルナー・マウス一対抗できる魔法少女を失った事で、戦闘の前線に立たざるを得なくなる。シャドウゲールに自身の車椅子を全長30mの多脚戦車改造させ、フィールドを独占するチェルナー・マウスに立ち向かうも、それをはるかに越えた大きさにまで体を変化させられて敗北。その後にチェルナーが脱落した事でなし崩し的にフィールドは解放されたが、ワンダーやチェルナーを殺した犯人の正体が分からないままとなる。以降、彼女は人物やゲームの仕組みを見極めることに尽する方向へ行動を切り替える。

図書館エリアの解放からはシャドウゲールとのパーティを解散してディティック・ベルラピス・ラズリーヌ、それにのっこちゃんパーティに加わっている。この時、しっかりシャドウゲールには稼ぎ作業を命じている。魔王攻略直前にパーティーに再合流する。

そんな彼女は、シャドウゲールと共に魔法少女となり、同じくクラベリーの試験を乗り越えた「クラベリー子ども達」の一人。だが、その試験の内容は参加者100人の魔法少女補生の中で殺し合いをして生き残るという過酷な物だった。そのような条件下でも彼女は敵味方問わず騙し、利用し、裏切り、虚を突く事で、シャドウゲールを守りながら勝ち残ることに成功する。この時、シャドウゲールを共に試験の通過者とするようクラベリーに直談判したのだが、彼女のその思いとは裏シャドウゲールは自分がプフレに殺されると思っていた。この時の認識の違いが、二人の間に決して消えない傷となっている。

記憶回復後の最後のログインでは、魔王されたメルヴィルを追いラズリーヌやペチカの熾な争いの跡をたどることになる。メルヴィルが倒された後もゲームが終了せず、さらにファルにより魔王を倒さないと絶対にゲームが終わらない事を告げられたことから、通行権を買い占めフィールドの移動を制限。強制ログアウト前に魔王り出すとともに、姿の見えない魔王の襲撃から身を守る。

最終的に荒野の広場に現れたクランテイル魔王とし、シャドウゲールと共に戦いを挑むのだが、魔王はプフレの方ではないかという疑念を持ったシャドウゲールによりレンチで殴打される。結果的には、その一撃によって魔法の効果範囲から外れた事により彼女真実に気づくことができ、ゲームは終わりを迎えた。

終了後は元の生活に戻り、ゲームで喪った13人の墓参りを生き残りである護(シャドウゲール)、寧々クランテイル)と共に行っている。

その後の彼女


   

 

注意 これ以降はlimitedQUEENSの展開に関する情報が記載されています。
作品の大きなネタバレとなりますので、ご注意ください。
以上をご理解した方のみ下へスクロールしてください。











limited開始時でなんと人事部門の部門長にまでスピード出世を遂げている。つまり前巻表を飾っている7753の上である。7753のB派遣示し、さらにゴーグルを通じて示や情報提供を行い、Bの事件へ関わることになる。7753の交渉はほとんどプフレの示であるため、実質17の参加者といっても過言ではない。

そして、その実はレイン・ポゥとトコの雇いであり、かつ再構築(リストラ)と称して彼女達を揉み消そうとした人物。また、外交部門の結界構築や魔王パム派遣フレデリカ脱獄にも一枚噛んでいるような描写がある。つまり彼女こそlimitedでの一連の事件を引き起こした黒幕ということになる。

JOKERSでは、プフレが本拠地としていた人小路邸の離が何者かに襲撃された所から物語が始まる。これが自分に対する捜のための計略であると見抜いたプフレは、三代目ラピス・ラズリーヌにより記憶を取りだして貰い、そのうえで聴取に応じることで潔明するという荒業に出る。実は、この時点で彼女はBの事件に加えて人造魔法少女制作に大きく関与しており、追及された場合にはそれ相応の処遇が避けられない状態だった。ちなみに、人造魔法少女制作がどのような結果を招いたかはJOKERSのストーリーの通り。ぶっちゃけこの作品でも黒幕である。彼女の策は成功したように思えたが、抜き出した記憶を見たシャドウゲールにより、記憶が手元に戻らずスノーホワイトへ渡ってしまう。

ACESでは自身の記憶が欠けていることに気付くが、その内容を突き止められないうちにシャドウゲールの誘拐が発生。シャドウゲールのために誘拐犯のプリンセス・デリュージの要を全面的に受け入れ、ダークキューティーら人事部門の機密チームを動員しプレミアム幸子の奪取へ動く。ところが、幸子奪取より先にシャドウゲールが三賢人であるプク・プックに奪われてしまう。最シャドウゲールを取り戻すために、彼女は全をして三賢人へ挑むことを決意するのだった。

QUEENSでは、監部門に赴きマナ営へ引き入れることに成功する。以後、機密チーム、デリュージ、マナに加え、プクの元から離れたうるるファル、プクの計画阻止という的を同じとするハムエルらオスクと共にプク一のいる遺跡へと攻め込む。計画の最後の一工程の所でついにプクの魔法を受けた状態のシャドウゲールと再開。プクの計画を阻止し、シャドウゲールを救い出すための最後の一手として、プレミアム幸子が残した『絶対的な幸運を得る代わりに、最も大事な物を失う契約書』にサインをすることを勧める。それに従ったシャドウゲールにより、装置の完成という幸福とプクの命や装置の喪失という不幸が生じ、プクの計画は阻止されるのだった。

しかし、プクが死んでいく所を見て、シャドウゲールが他のプクと共に崩壊する装置へと向かってしまう。それを止めようとして駆け寄るも、取り乱したシャドウゲールにより胸を貫かれてしまう。自分を殺してしまったという記憶にシャドウゲールは耐えられないと判断したプフレは、自分に関する記憶の全てを取りだして貰うよう三代目ラピス・ラズリーヌに頼み、シャドウゲールを抱きながら息絶えたのだった。

外見

リボンが付いた金髪のふわっとしたロングヘアーフリル満載なドレスを着ている。瞳の色は赤色。左ヒヨコの形をした眼帯で隠し、首と腕には包帯を巻いており、車椅子に座っている。露出度は低め。か弱さを感じさせる怪人のような貌をしている。

シャドウゲールく、魔法少女の中でも準以上・ラインがキレイとのこと。

車椅子は玉座のような勢な作りになっており、輪にはの作り物が飾り付けられている。

魔法

専用アイテムである車椅子を使って、速で走り回ったりする。どの乗り物も追い越せるスピードを出せる。また、ビームを放って攻撃を可

現在シャドウゲールの手により底的に魔改造が施されている。車椅子速度を越えて音速を突破しての移動、自動での迎撃システム、階段や絶壁すら上れる程の異常な走破性、プフレの反射神経を越えての回避行動。を瞑ってても的地までいける自動移動システムと、もはや車椅子の原をとどめていない。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

restart16人の魔法少女

その他の魔法少女

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/24(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/24(木) 11:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP