今注目のニュース
洗濯機で昼寝をした猫 シーツと一緒に洗われるも無事回復(豪)
浅草で撮影された『牛角』の貼り紙 思わぬ「ひと言」に10万人が吹き出す
トウモロコシからこんにちは! 皮を使った日本髪のお人形さんに「伝統工芸みたい」

プラスチック単語

プラスチック

  • 1
  • 0
掲示板をみる(30)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

プラスチックplastic)とは、

  1. 熱を加えると変形しやすくなる性質(可塑性)を備えた合成脂などをす言葉
  2. 「成形できる」「可塑性のある」を意味する英語の形容詞。上記1.の
  3. 生して「感受性の高い性格、あるいは柔軟な性格」や、作り笑いなどの不自然なモノや人工物を表す。

その他の定義もあるが、本記事では1.について記載する。

概要

明確な定義がないため上記のように曖昧に説明するしかない言葉だが、プラモデルのように加工成されて固められた状態のものをすことが多い。軽く、安く、加工しやすい、という利点から優れた代替商品として従来の素材に次々取って代わり、20世紀以降の世界はプラスチックに溢れることとなった。

プラスチック明期の19世紀半ば、牙の代用品としてニトロセルロースを使用した「セルロイド」が誕生(1870年)し、加工しやすく安価であるため世界中で広く使用された。アニメの「セル画」も初期にセルロイドシートを使用していたのが由来である。しかしセルロイドは燃えやすく長期保存に向かないため、次第に使用されなくなっていった。

20世紀に入ると、レオ・ヘンドリック・ベークランドが全合成脂の開発に成功(1907年)。「ベークライト」と名付けられた。また1930年代にポリ化ビニルの本格的な製造が始まり、ここから合成脂の文化が開いていった。第二次大戦時にプラスチックは重要な戦略物質となり、アメリカ政府は生産を強化。戦後、その生産を生かしてプラスチック製品は市場へ大量生産された。ここからプラスチックの価格が過剰に下落し、1960年代には使い捨てのプラスチックごみが溢れることになった。

1970年代以降になるとゴミ問題のコストが取りざたされるようになり、安すぎたプラスチックの価格は適正に戻った。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 28ななしのよっしん

    2020/01/27(月) 16:12:37 ID: 4TXkJDAxWN

    >>26
    欺瞞に満ちた記事だな

  • 29ななしのよっしん

    2020/02/26(水) 17:16:00 ID: afRViun+SZ

    リサイクルの話ばっかり
    燃やして問題ないのならそれで良いのでは?

  • 30ななしのよっしん

    2020/02/26(水) 20:02:29 ID: afRViun+SZ

    >>26
    >人体からも発見されるなど大きな注を集めている。
    プラスチック製品に囲まれて暮らしていて
    細かいカケラが体内に入っているのは普通だろ

急上昇ワード

最終更新:2020/07/06(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/06(月) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP