プリンセスチュチュ単語

プリンセスチュチュ

2.1千文字の記事
掲示板をみる(32)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

お話好きな子よっといで…

プリンセスチュチュ』は2002年から2003年にかけてキッズステーションなどで放送されたテレビアニメである。

概要

美少女戦士セーラームーンシリーズや『魔法使いTai!』などでキャラクターデザインを手がけた伊藤郁子が10年以上の構想を経て制作に取りかかった作品。総監督佐藤順一監督河本昇悟シリーズ構成横手美智子などスタッフに『魔法使いTai!』の関係者がっている。

前半の13話が「の章」として、後半の13話が「の章」として放送され、tvkサンテレビなどでも放送されたが、独立局で放送されたアニメとしてはしくの時間に放送されたアニメでもある。

一見すると子供向けの変身ヒロインアニメに見えるが、バレエクラシック音楽物語モチーフとしており、BGMとして用いられた楽曲から導かれた物語を中心に、難解な世界観の謎解き要素、劇中で演じられるバレエとのつながり、何よりバレエクラシックを知っていればより楽しめる物語の内容が相まって重厚な内容となっている。その一方で所々で軽いギャグも挟んでおり、先生をはじめとする一変わった登場人物も特徴の一つとなっている。

要4人の声優デビューして数年の起用で、特にふぁきあ役の櫻井孝宏とるう役の水樹奈々はその後の活躍を見れば感嘆すべき物がある。その一方で脇役に名優がっており、特に本作の狂言回しであるドロッセルマイヤー役に三谷昇、ナレーション岸田今日子と2人の俳優が一層の重厚さを醸し出している。記事製作者個人的にはゲストキャラのふぇみおを演じたパパイヤ鈴木も捨てがたいと思っている。

あらすじ

冠町にある芸術専門の学校冠学園のバレエ科に通う落ちこぼれの生徒あひるは憧れの先輩みゅうとの心を取り戻すため、の老人・ドロッセルマイヤーから授かったによってプリンセスチュチュに変身みゅうとの心がもたらした登場人物の心の闇をバレエによって解消し、心をみゅうとに返すようになった。

しかしみゅうと友のふぁきあや、人を自称するるうはみゅうとの心が戻るのを良しとせず、妨しようとする。その最中根幹をなす物語に否応なしに巻き込まれる。そしてチュチュの敵役であるプリンセスクレールも現れるなど、話は急速に駆け巡っていく。

主な登場人物

あひる(プリンセスチュチュ) - 加藤奈々絵
冠学園バレエ科見習いクラス生徒おっちょこちょいだが元気で一生懸命で健気な女の子ドロッセルマイヤーから与えられたペンダントでプリンセスチュチュに変身美しいバレエを踊れるようになる。
みゅうと - 矢薙直樹
あひるがあこがれる物静かな少年。約10年前、放心状態となっていた所ふぁきあに助けられ、以後ふぁきあの言うがままに過ごしてきた。心を失っており、感情を持つことができなかったが、チュチュに心を取り戻してもらうことで次第と感情を持つようになる。
ふぁきあ - 櫻井孝宏
みゅうとクラスメイトで、みゅうとの面倒を見、側に近づけないようにしている少年クールぶっきらぼうだが、な一面もあり、実は不器用で心優しい。
るう(プリンセスクレール) - 水樹奈々
バレエ科特別クラス女子生徒みゅうと彼女自称し、彼が心を取り戻すことで自分から離れていくのではと恐れる。根幹をなす物語に巻き込まれて以後大にとりこまれ、そのプリンセスクレールとなってチュチュと対立、さらにみゅうとを一層縛り付けるようになる。
先生 - 松本保典
バレエ科を担任している、文字通り先生。何かあれば二言目には「私と結婚してもらいますよ!」と迫ることがしょっしゅうネット上では↓のAA元ネタとして有名か。

             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!
 :~""''.>' "~ ,、、''‐'、|         _
、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _~:、         /_.}'':,
 ``、/:::::::::__....,._ `'Y' _.ェ-、....._ /_''iノ、ノ
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"ー 、`'-、 ,:'  ノノブ   <またまたご冗談を
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'::    ‐'"./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'

ドロッセルマイヤー - 三谷
この作品の狂言回しと言えるの老人。元々は作家だったが、あるを持っていたという…

主なスタッフ

主題歌

オープニングテーマMorning Grace
作詞作曲 - 岡崎律子 / 編曲 - 村山達哉 / 歌 - 岡崎律子
エンディングテーマ「私のは小さいけれど」
作詞作曲 - 岡崎律子 / 編曲 - 村山達哉 / コーラスアレンジ - 岡崎律子

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 30ななしのよっしん

    2021/01/03(日) 22:09:16 ID: vw7h29UVEh

    全話見たけど最後の方はマジ泣いた

  • 31ななしのよっしん

    2022/07/22(金) 01:24:31 ID: sHVT3d7kPM

    なんかツイッターの方で「知名度低い作品」とかでバズったみたいだけど
    知名度低くなんかないだろ。
    当時のオタクはちゃんと高く評価してたよ。

  • 32ななしのよっしん

    2022/07/24(日) 00:12:28 ID: FQnCdMQ4nX

    Twitterレンド入りで懐かしくなって20年ぶりに配信で全話観たけど、
    当時は知識や教養が欠けてたんだなと痛感するくらいには構成や演出面に驚かされた
    もはや逆思い出補正というか、めて神アニメだと思った

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/03(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/03(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP