プレデター(UAV)単語

プレデター

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

RQ/MQ-1 プレデターとは、アメリカで開発された無人機である。

その他のプレデターについては→ プレデター

概要

無人機の筆頭といえばこの機体で、映画などにもよく登場することが多い。

操作を担当するパイロットと、センサー担当員の二名で操縦され、安全な地域に置かれた地上誘導ステーションからデータリンクにより画像を見つつ操縦される。

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争から実戦参加を行い、当初は事故損失率が高かった(機体着氷が原因とも言われる)が良と運用面の見直しが進み、機体強化と武装搭載化まで果たしている。本来の用途は偵察であるが、武装プレデターは対地攻撃手段としてヘルファイアミサイル、対攻撃手段としてスティンガーミサイルの搭載が可で、実際にテロリストを発見し、ヘルファイアで攻撃した実戦参加がニュースになった。

現在、MQ-1の発展として開発されたウォーリア二転三転のうえ、MQ-1Cグレイイーグルとして導入されている。MQ-9リーパーはRQ-1プレデターの拡大良版で、速度・後続距離・搭載量が増加され、機体も大化されている。アメリカ空軍ではF-16で編制された部隊が新たにMQ-9中心の部隊で編成され、初めての無人機戦闘部隊が設立されたことでも有名となっている。また、非武装NASAにも導入されている。

開発[1]

イスラエルからアメリカに渡ってきた技術者であるアイブ・カレムDARPA向けにUAVを設計していたが、この機体はアスペクト比が大きいを持っており、航続性が優れていた。これに電子センサーを搭載した機体「ナット750」を、CIAバルカン半島での情報収集用に導入した。

しかしナット750は見通し線範囲で通信するデータリンクしか持っておらず、遠方から動画実況するには別途中継機が必要だった。そこで衛星通信装置を搭載し、機体も一回りスケールアップさせ、これが「RQ-1プレデター」になった。

その後「重要なターゲットを発見しても、それを攻撃するための飛行機を呼ばなければならず、その飛行機が到着するまでの間にターゲット逃げられるかもしれない」という問題が出たため、対戦車ミサイルを搭載し、機首下面のセンサーからレーザーを照射して誘導できるようにした。これが「MQ-1プレデター」である。

派生型

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *ガーディアンUAV(9)小さく作って大きく育てるのがポイントexit 2018.10.16
  2. *ガーディアンUAV(1)ガーディアンってどんな機体?exit 2018.08.21
  3. *GA-ASI、遠隔操縦無人機シーガーディアンの飛行実証を日本で開始exit 2020.10.19
この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/24(土) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/24(土) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP