今注目のニュース
【体験レポ】古戦場の血染めの滝、取材班を襲う異常現象…… 心霊・廃墟ガチ勢が行く三和交通「心霊スポット巡礼ツアー」
心に全く響かない…安倍首相「戦後最悪の言語感覚」が日本を破壊する――文藝春秋特選記事
マツコ、日本のアニメ業界を考える「そろそろ声をあげていい時」

プログレ単語

プログレ

  • 13
  • 0
掲示板をみる(224)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(13)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

プログレとは

  1. プログレッシブ・ロック(Progressive Rock)の略称Progressiveとは「先進的」という意味。本稿で扱う。
  2. プログレッシブ・ハウス(Progressive House)の略称。一般的にはプログレハウスと言う。
  3. トヨタ自動車が製造・販売していた自動車。 →トヨタ・プログレを参照のこと。

概要

1960年代末にイギリスから発生したロック音楽ジャンルのひとつ。新しい音楽表現を生み出そうとし、ロックポップの本流とは異なる表現をするバンド、楽曲を総称してプログレッシブ・ロック(Progressive Rock)、日本では「プログレ」と呼ぶ。海外では「Prog-Rock」とも言われている。

若者の反の表現として始まったロックも、60年代にビートルズなどの台頭により大衆化され、次第に中流階級以上の富裕層にも好んで聴かれるようになる。
そうして幼少期からクラシックジャズなどの音楽に触れ、高度な音楽的な素養を持っていた彼らがロックを始め、やがて行き着いたのはプログレッシブ=前衛的なロックであった。
様式にとらわれない実験的な試みとクラシック音楽のような芸術性と構成美を強く重視し、高度な演奏技術による演奏変拍子の多用など、従来のロックでは見られなかったまさしくプログレッシブサウンドを世に送り出した。
King Crimson1969年リリースしたアルバム『In the Court of the Crimson King』がその始まりとさる。
1970年前半にイギリスのみならず世界中で一大ブームを巻き起こし、当時その中心的存在であったYESPink FloydKing CrimsonELPをプログレバンド四天王、またそこにGenesisを加えて五大プログレバンドと呼ぶ。

演奏形態や曲の構成ではなく、表現方法や方向性をジャンルであるため、文面では解りにくいかもしれない(そもそも五大プログレバンドにしても音楽性そのものはバラバラである)。極端に言えば、個性的すぎてジャンル分けが難しいバンド、楽曲。実際に聞いてみるのが一番だろう。 
そもそもレコード会社やリスナー側がそう呼んでいるだけで、バンドメンバーはプログレであることを意識していない、あるいは否定している場合が多い。プログレを意識してしまうとそれはプログレ音楽であり、本来のプログレではなくなってしまうのだ。
プログレの第一人者とされるKing Crimsonロバートフリップ氏はプログレと呼ばれることを嫌っており、「プログレは自分たちがデビューした頃の音楽ジャンルであって、々はそこから進化している」としている。 
一方、プログレと同様に実験的な試みを多く行う前衛的なスタイルだが、オルタナティブの流れをむ近年のロックバンド(例えばRadio Headなど)はプログレに分類されないのが一般的
結局のところ、プログレとは単に先進的な音楽というより、70年代前半に流行した英国を中心に流行した音楽の様式、およびその流れをむフォロワーをジャンルというのが実情である。

70年代後半にはブームも終息し、それから現在に至るまで再ブームらしい再ブームは起こっていないが、長いロック歴史においてもプログレのは決して視出来るものではない。
Pink Floyd『The Dark Side of The Moonのセールスは全世界5000万枚えるとも言われており、ロック史上最もヒットした作品の一つである。彼らはプログレのムーブメント終息後も流行に媚びることなくヒット作を送り出し続けた。
80年代の巨大産業化された音楽市場におけるプログレ出身アーティストの活躍は覚ましく『プログレ界のスタープレイヤーで形成されたポップバンド』であるAsiaや、同じくポップス路線に転向したイエスジェネシスメガヒットを記録している。
また1983年ELPキースエマーソンがOP/ED他要曲を提供した角川アニメ映画幻魔大戦」が開。当時決して洋楽の共通趣味層とは言い難かった、SF漫画アニメ向中高校生がプログレに開眼する契機をもたらした。
現在でもアニメゲーム音楽にはプログレのが非常に色濃く残っている。
90年代以降になるとドリームシアタークイーンズライクといった「プログレッシブ・メタル」という新しい音楽表現が生まれ、プログレが再評価されるようになった。

プログレにありがちなこと

などなど

五大バンド

キング・クリムゾン/King Crimson

デビュー作はプログレの原点でありジャズクラシック現代音楽などとの融合即興演奏の多用など新しい音楽を模索し続けた。 1973年から1975年にかけて発表された三枚のアルバムヘヴィメタル色が濃くメタラーからの人気も強い。

ピンク・フロイド/Pink Floyd 

幻想的で浮遊感のある曲が特徴。代表作Dark Side ot the Moonはセールスが5000万枚えるとも言われ、ロングランヒットギネス記録など様々な記録を打ち立てた歴史的な名盤。もちろん他の作品も傑作いである。シドバレットが在籍した初期はサイケバンドでそちらでも有名。

エマーソン・レイク・アンド・パーマー(EL&P)/Emerson, Lake and Palmer(ELP)

ロックバンドとしてはしくギタリストがおらず、ドラムベースキーボードによるトリオ形式。キースエマーソンによる縦横尽に駆け回るようなしいキーボードプレイが最大の特徴。またシンセサイザー音楽パイオニアでもある。プログレの中でもとりわけゲーム音楽へのが強い。

イエス/Yes

長尺、変拍子超絶技巧、難解な歌詞などプログレを徴するようなバンド。キャッチーながらもメンバー同士がしくしあうような演奏が独特の緊感を生み出している。ニコニコ動画においてはジョジョの奇妙な冒険主題歌となったRoundaboutでお染み。

ジェネシス/Genesis

ピーターゲイブリエルボーカルフルートドラム、踊り)による演劇的なステージイギリス人らしい皮っぽいり口の物語性のある世界観で有名。フォーク志向だった初期のを感じる叙情性のあるプログレ期の楽曲群はイタリアンプログレ界に大いにを与えた。演奏テクも十分。

サブジャンル

UK

プログレの本家ロック本家なのでロックの可性を探る作業(=プログレ)もUKが最前線だった。
フォークとの融合ルネッサンス)、古楽との融合グリフォン)、ジャズとの融合ソフトマシーン)をはじめとして、どのことはUKでやってしまったと言っていいレベル
五大バンドの他にムーディーブルース、キャメルなど。

カンタベリー・ロック

UKの中でもイギリスカンベリーを中心に生まれた音楽カンベリーカンベリー系とも呼ぶ。時代、グループによって性質が違い、音楽性によるくくりというよりは、原点となったバンドワイルド・フラワーズ』に連なる人脈にと捉えたほうが正確かもしれない。
ワイルド・フラワーズを元としたソフトマシーンキャラヴァン、まれにゴング

イタリアン・プログレ

70年代にプログレが大流行したのひとつがイタリアであり、そこから多くのバンドが誕生した。クラシック音楽イタリア音楽地中海音楽の要素を取り込んだ音楽表現はプログレの様式をより突き詰めたとも言える。アンサンブルや(ボーカルの)暑苦しさが特徴的。
バルカン半島音楽を受けたアレア、美麗メロディのPFM、バンコなど。

クラウト・ロック

60年代末期から70年代にかけて西ドイツで発生した実験音楽ジャーマン・プログレとも呼ぶ。
クラウト(=キャベツ)は第二次大戦期のドイツ人に対する蔑称だったが、クラウト・ロックは今では60年代70年代ドイツロックくらいの意味となっている。
シュトックハウゼンのお膝元であったため電子音楽など現代音楽的な要素を前面に出したグループが活躍。
シーケンサを使ったタンジェリンドリーム人力ドラムマシンのノイ!、そもそもミュージシャンじゃなかったアモン・デュールII、放浪日本人ヴォーカルに据えたカンなどがいる。

ユーロ・プログレ

言葉の意味はヨーロッパの(EUの)プログレだが、西ヨーロッパ圏(独を含まない場合も)特にフランスオランダのさらにシンフォニックグループすことが多い。

東欧プログレ

旧東側諸シンセ音楽ロックの受容や音楽への向かい方、テルミンの流れをソ連シンセか独特の雰囲気がある。
ハンガリーソラリスなどが有名。

アメリカン・プログレ・ハード

80年代以降の北ハードロックの音でプログレ的な曲を演奏するグループした渋谷陽一による言葉(らしい)。プログレ的なポンプ・ロックスタジアム・ロックアリーナロックくらいの意味で使われることが多い。わかりやすく便利な言葉なのでよく使われる。
カンサス、ラッシュなどが代表例。

ポンプ・ロック

80年代初頭にイギリスで起こったプログレの再ブームから生まれた音楽
当初はネオ・プログレと呼ばれていたが、次第に「麗、盛儀(大仰)」を意味する「POMP」と呼ばれるようになった。

RIO系/レコメン系/アヴァンギャルド

Henry Cow 導の Rock in Opposition 運動に参加したバンドなど。Recommended Records系(レコメン系)や Avant-Garde Prog(アヴァンギャルド・プログレ、前衛的前衛的ロック)とほぼ同義。ズールチェンバーロックなど「その他、ジャンル外」なグループ群。
Rock in Opposition は「レコード会社が興味を示さないような『在野のロック』」を広める運動であり、そのような音楽であると考えれば概ね間違いない。性質上、音楽的共通性は低い。強いて言えばロックってなんだろうなと思わせてくる点が共通。

ジャパグレ

日本のプログレ。さまざまなレコードを受けた多様なグループがある。俗に言うお系などを含むファンタジック、シンフォニックグループは好まれやすい。
海外プログレのを受けた人たちが、80年代後半以降需要を増したゲーム音楽アニメ音楽に参加したことで、ゲームアニメの劇伴がプログレとして受容されることは多い。またその逆にゲームアニメから作曲者を通じてプログレ沼に嵌る例は後を絶たない。

ニコニコ動画でのプログレ

音程しく外れた曲やバグッたゲームBGMなどのある意味難解音楽(→イルーム音楽)がプログレと呼ばれていたりする。


関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/15(土) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/15(土) 23:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP