ヘイロー(競走馬) 単語

1件

ヘイロー

3.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ヘイロー(Halo)とは1969年生まれのアメリカ競走馬

かのSt. Simonに匹敵する気性難を抱えた良血で、種牡馬として大成功を収めた。サンデーサイレンス親父と言えば、多分分かってくれると思う。

名は「後光輪」という意味で、欧州の絵画で見られる、頭の後ろにあるの輪がそれ。

概要

アルマームードは偉大なり

Hail to ReasonCosmahCosmic Bombという血統。
は全2歳王者にして名種牡馬もそこそこ優秀な競走馬である。は2歳戦を中心に活躍したが、種牡馬としてはさほど活躍していない。
Cosmah、つまり本祖母にはAlmahmoudというだが、彼女世界的名牝系の祖である。

そんなに? Northern DancerNatalmaの母親です
NatalmaとCosmah繁殖牝馬として大成功したゆえ、現代サラブレッド界においてAlmahmoudの血量は結構な量が含まれている。日本ではNorthern Dancerヘイローの血が多く入り込んだことから、Almahmoudのクロスを持つもそこそこ見られる。

つーわけでヘイローNorthern Dancerのいとこ同士のマイナーだけど良血である。

良血の……気狂い

そのヘイローだが気性がとんでもなく荒いHail to Reasonが暴れん坊ながら聡明で、人に対しては割と従順だったエピソードが残っているが、ヘイロー人間殺しにかかってくる
どんなレベルかと言えば、「厩務員の腕に噛み付き振り回す」とか「押し倒して腹パン」とか「放牧時は口籠を付けて放さなければならない」とか「動物然と殺す」とか……*サンデーサイレンスですらここまでやらんぞ。ちなみに海外の気性がしい種牡馬について記述した記事(外部リンク)exitがあるのだが、そこで思いっきり"Psychotic(精異常者)"と書かれている。
なお、この気性難は「厩務員から虐待を受けた」為だという記事(外部リンク)exitも存在する

アメリカの名門牧場ゲインズウェイファームに生まれ、名伯楽ミラー調教師に預けられる事となった。

その競走馬としてのヘイローだが、良くて一流半という成績である。
5歳まで走って31戦9勝、一応芝GIユナテッドネイションズハンデキャップ優勝している。他にも良績は芝に偏っている。アメリカの芝路線はダートで駄だったが行く所で、レベルも決して低いわけではないが、如何せんダートで走るべると二線級扱いされるのである。

ただレース中放したとか競走中止したとかの逸話は残っておらず、去勢もされていないのでレースではに走るだったのだろうか。

種牡馬入り後

引退後はメリーランド州で種牡馬入り。ケンタッキーに近い所だが、決して産の中心地ではない。

種牡馬入り後、初年度産駒からGIGlorious Songを輩出。少し間をけてケンタッキーダービーSunny's Halo、最優秀2歳Devil's Bagを送り出し、1983年の北リーディングサイアーとなる。

翌年にケンタッキー州ストーンファームへと栄転。繁殖牝馬の質が一気に上がると、GI競走7勝を挙げた全アイドル・*グッバイヘイローが誕生。

1986年に自身の代表産駒ケンタッキーダービープリークネスステークスブリーダーズカップクラシックを制した1989年年度代表馬・*サンデーサイレンスが誕生する。この*サンデーサイレンスの活躍もあり1989年に再び北リーディングサイアーの栄に浴す。

ただ1987年に*ジョリーズヘイローを出して以降GIは現れず、リーディング上位からは消えることとなる。
1997年種牡馬引退2000年死亡享年31歳と荒々しい気性を持ちながら長生きした。

現在のヘイロー

まず、サイアーラインについて話していこう。

更にヘイローとして優秀であり、初期の代表産駒Glorious SongからSingspielRahy、*グランドオペラといった優駿や名種牡馬が輩出され、*グッバイヘイローからキングヘイローが出た。

近年は「ヘイロークロス」が競馬シーンを賑わせつつある。
2011年ドバイWC優勝ヴィクトワールピサ皐月賞ロゴタイプヴィクトリアマイル連覇のストレイトガールらが全て「ヘイローの3×4」という近配合を有している。またリファールとはニックスの関係にあると言われているが、近年脚を浴びているキングヘイローの快進撃も血統を紐解くとその多くにヘイローリファール双方のインブリードがかかっており、さらに前述のニックスも絡んでいるという背景が浮かんでくる。

ヘイローの血は現代競馬を欠かせないものとなっている。繁殖牝馬にも十分に入り込んでおり、既に彼の血は(あまり知りたくない荒い気性のエピソードと共に)古典レベルにまでり継がれている。

血統表

Hail to Reason
1958 黒鹿毛
Turn-to
1951 鹿毛
Royal Charger Nearco
Sun Princess
Source Sucree Admiral Drake
Lavendula
Nothirdchance
1948 鹿毛
Blue Swords Blue Larkspur
Flaming Swords
Galla Colors Sir Gallahad III
Rouge et Noir
Cosmah
1953 鹿毛
FNo.2-d
Cosmic Bomb
1944 黒鹿毛
Pharamond Phalaris
Selene
Banish Fear Blue Larkspur
Herodiade
Almahmoud
1947 栗毛
Mahmoud Blenheim
Mah Mahal
Arbitrator Peace Chance
Mother Goose
競走馬の4代血統表

クロスBlue Larkspur 4×4(12.5%)、Pharos 5×5(6.25%)、Plucky Liege 5×5(6.25%)

主な産駒

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/19(日) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/19(日) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP