ヘクター・カラスコ単語

ヘクターカラスコ

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ヘクター・カラスコ(Héctor Carrasco)とは、大阪近鉄バファローズに所属していた助っ人外国人投手である。

概要

2004年に来日。来日当初は150キロを越える剛速球が持ち味。2001年優勝を後押しした大塚晶文岡本晃三澤興一リリーフ三本柱は岡本を残し二人は移籍、残った岡本も絶不調という状態であり、キャンプオープン戦あたりは弱体化したリリーフ救世主といわれていた(実際オープン戦では好成績を残していた)。

開幕戦で来日初セーブを挙げるも、その次の登板で9回裏1点リードから2連続被弾を喫してセーブ失敗。この被弾を皮切りに、セーブ場面で登板しては失点、そしてセーブ失敗という流れを繰り返すようになる。

中でも強なのが2004年4月11日西武ライオンズ戦、9回裏2点リード登板し、同点に追いつかれた後に満塁弾を浴びるという、狙ってもできないような大炎上を演出した。その際のスコアが 中島裕之 右安 → 平尾博嗣 左安 → 高木浩之 四球赤田将吾 中安小関竜也 中犠ホセ・フェルナンデス 死球和田一浩 左本(サヨナラグランドスラム

4月末に一軍登録抹消、その時点での防御率20点台をマークし、一躍炎上投手の代表格になった。

開幕版が発売されるコナミの『実況パワフルプロ野球11開幕版』では昨年の成績と今年の4月までの成績を基にが決められ、この年のに発売されたゲームではカラスコがとんでもないことになっていた。

この年は抑え投手受難の年であり、他のチームの抑えもやや不安定なピッチングをすることが多かったため、よく打たれるクローザーセットアッパーに対して「~スコ」という称号が定着するようになった。

二軍から復帰後はロングリリーフに転向し、見違えるような好投を見せた。連投も回跨ぎも苦にしないため、層の薄いリリーフ救世主的存在となっていた。特に7月は20イニング投げて防御率0.45という大車輪の活躍ぶりで、(ネタ半分で)MVPと言われたこともあった。

一方、カラスコ不在の間ストッパーの代役は福盛和男が務めた。意外なリリーフ適性を見せ、連日好投するも何をトチ狂ったか監督梨田昌孝は再びカラスコストッパーに戻してしまう。この配置転換が大失敗で、ストッパーに戻ったカラスコはまた元の不安定な投球に逆戻りし、中継ぎに回った福盛も成績が急降下してしまった。

最終的な成績は8勝8敗5S 防御率5.57 この年の近鉄球団消滅のあおりを喰らい退団。

この翌年ワシントン・ナショナルズマイナー契約、その後昇格しセットアッパーとして大活躍するのだが、それはまた別のお話。

Mr.カラスコとは何の関係もございません

炎上してしまった動画

2004年4月11日 西武ライオンズ

2004年4月20日 千葉ロッテマリーンズ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/25(日) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/25(日) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP