今注目のニュース
Gカップグラドル・安位薫、服着用の姿披露 表情に心配の声も
いじめが辛すぎて? 10代少年が多くの友人らの目の前で…
地下室にある12の物のうち、最初に注目した物であなたに潜んでいる悩みや思いをあぶりだす心理テスト

ヘビーガン単語

ヘビーガン

掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ヘビーガン(RGM-109)とは、アニメ機動戦士ガンダムF91』に登場するモビルスーツMS)である。

パイロットビルギット・ピリヨ

概要

HEAVYGUN
ヘビーガン
RGM-109
頭頂高 15.8m
重量 9.5t / 23.5t(全備)
2,870kw
82,260kg
装甲 ガンダリウム合
搭乗 ビルギット・ピリヨ
兵装 頭部バルカン砲×2
部4連装グレネードランチャー
ビームサーベル
ビーム・ライフル
重装オプション
シールド

アナハイムエレクトロニクスが開発した地球連邦軍の小MS
前世紀のMSジェガン」の後継機にあたる。

U.C.0102年にサナリィがコスト削減を的としたMS化案を連邦軍に提言。
0105年に受容した連邦軍は小MSの開発をアナハイム社に依頼。
0109年に小MS「ヘビーガン」がロールアウトした。

ロールアウトから約20年経過したジェガン較して、カタログスペック上は劇的な性向上は見られないが、頭頂高は15mまでダウンサイジングしており、重量も半分以下にまで低下。ジェネレーターはジェガンと同等の物だが1.2倍の出を実現している。
スペックをそのまま一回り小化しているだけあって運動性・機動性は従来の量産型MSに勝るようだ。

サイズ以外での基本設計はこの時代のジェガンと大差ない。単なるダウンサイジング・スケールダウンに留まっている。当時は小MSの量産性の検証が出来ていなかったため、本格的に小MSに移行する為の実験機的な側面もある。
はともかくコストの削減という要は満たしており、次世代機までの繋ぎとして制式採用された(とはいえ半世紀近くも使用されているが)。

しかし小機を提言したサナリィは現状に納得しなかった。サナリィはヘビーガンの性の低さに不満を持ち、より高性な小MS標とした「フォーミュラ計画」を発動、F90の開発に着手する。

当時としても小MS確立だけなら充分な成果だった。しかし性の低さが裏に出てサナリィの躍進とフォーミュラシリーズの台頭を招いてしまった。

ヘビーガン重装攻撃型

ヘビーガンの火力不足を補うために用意された中距離戦用オプション。追加オプションは以下の通り。

右肩9連装多弾頭ロケットランチャー、左肩4連マシンキャノン×2、右腕2連装グレネードランチャー、左腕固定式ダブルビームライフル、単ビームランチャー

背部にマウントした単ビームランチャーは、発射回数こそ少ないが戦艦を一撃で沈める程の火力を有する。重量が嵩むため必要なオプションだけを装備していくとの事。
そもそも普通はヘビーガンを格闘用、Gキャノンを射撃用として配置するため、重火器オプションは本来の運用からかけ離れている。炸による強制パージがあるのはその事への配慮だろう。

試作(フル装備)のキャプションがMSジャーナルに掲載された。配備数は不明。

バリエーション

ヘビーガン・カスタム
一般向けにはRGM-111「ハーディガン」はRGM-109「ヘビーガン・カスタム」を経て開発されたとアナウンスされている。 だが、実際には新機としてハーディガン称したものである。
また、ハーディガンはサナリィのキャノンガンダムを模倣した機体でもある。
マケドニア仕様
Vガンダムに登場。サイド2のマケドニアコロニーが配備していた仕様。形式番号が「RGM-109-M5」となっていて、M1~4までの仕様もあったのでは…と考えられている。
若干修が施されてはいるものの、本体が後継機のジェムズガンジャベリンよりもはるかに旧式化している状況ではの涙というべきか…ザンスカールMSが立たなかった。
MSA-0120
ガンダムF90の設定説明文(インスト)に記載。サナリィのF90とのトライアル(模擬戦)にてアナイハム側が投入した機体でヘビーガンの発展となっている。外観上はヘビーガンとの共通性はほぼ皆無ではあるが。
シルエットガンダム
機動戦士ガンダムシルエットフォーミュラF91で登場。スーパーMJにてフレームや構成部材にヘビーガンの部材が使用されていると言及されている。一応親戚とうべきだろうか。
ジェムズガン
ヘビーガンの後継機として開発された地上用MS
作品内での登場はVガンダムだが開発時期はオールズモビル戦役~コスモバビニア紛争間。つまりロートル機。
ジャベリン
ヘビーガンの後継機として開発された宇宙MSジェムズガン兄弟機。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 10ななしのよっしん

    2019/06/27(木) 23:33:35 ID: a0QiQnA/0I

    >>7
    でも逆に機体サイズが縮小しててアポモーターを増設してたら
    よっぽど燃費性向上させてないと航続距離がかなり低下するよね
    推進剤の積載容量が減っているであろうに、アポモーターバカスカ燃料を食う
    機体が軽いから少ない推でもある程度は機動するだろうけど、プロペラントもないし
    あと逆シャアにはあんなに出ていたSFSも不自然なくらいに出てこなくなった
    コロニー内とその周辺宙域での接近戦だから出てこなかったのかもしれないけど
    距離侵攻戦には向いてなさそう

  • 11ななしのよっしん

    2019/07/06(土) 12:34:29 ID: lpBXG/fOEY

    その影なのかどうかは知らんけど、後継機のジェムズガンジャベリンアポモーターの数がヘビーガンべて大分減ったな。

  • 12ななしのよっしん

    2019/07/09(火) 11:07:13 ID: MBEE150Yz9

    >>10
    そもそもこの時代のMSは艦隊と共に行動して(戦闘中以外は)常に補給できる状態で運用するのがセオリーだから単体での長距離侵攻はほぼ考慮されてなかったんじゃないかな。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP