今注目のニュース
「ゴミ出しのルールを守れない大学生へ」 最高に皮肉の効いた貼り紙に笑う
50万人に1人の難病 全身の皮膚がひび割れる娘の姿をSNSに公開する母の願い(米)<動画あり>
内定式での驚愕エピソード。親睦会で女性が泥酔して…

ヘルツォーク・ツヴァイ単語

ヘルツォークツヴァイ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ヘルツォークツヴァイ(Herzog Zwei)は1989年に発売されたメガドライブソフト。開発、販売は今は亡きテクノソフトである。PCゲームヘルツォーク」の続編として制作された。
アクティブシミュレーション(なにそれ?)という分類がメーカーによってなされていたが、今で言うとRTSリアルタイムストラテジー)である。

ヘルツォークツヴァイ

リアルタイムストラテジーという言葉すら存在しなかった当時にして、既にRTSとしての特徴を備えており、現在RTS本流のフォーマット完成させたと言われるDuneII(1992)の数年前に発表されていたことから、明期RTSの一つとしてRTS史をる場合にはまず言及される作品である。

当時はそこまで話題にならず、売上的にも芳しくなかったようだが、画期的なゲームであること、対人戦の熱さ、CPUアホさ、「テクノソフトGAL’sクラブ」の微妙さなどからコアファンを多く生み出した。

ストーリー

アーリア共和の民衆は、財政界と手を結び堕落した権者達の圧政により、しいたげられ苦しんでいた。
混乱の中、政府軍の一将校であったルードヴィッヒは、そんな体制に反感をもつ同志を集めた革命軍を組織し、政府に反旗をひるがえした。それはアーリアの建以降、記録にないほどの大規模な反乱であった。
それに対して政府は、ルードヴィッヒの友人でありライバルであったヴァールサガァ将校を軍官に任命し、革命軍の壊滅にあたらせた。

今、広大なアーリアの地を二分した、男達の熱き戦いが始まろうとしている。

ヘルツォークツヴァイ説明書より

どうでもいい

ゲームシステム

ヘルツォークツヴァイ

プレイヤーは、ロボット戦闘機に変形するメカを操り、ユニットを生産し軍備を整え、マップ上に点在する基地を制圧していく。最終的には敵本拠地を破壊することを的とする。

プレイヤーメカは、戦闘機形態時にユニットを輸送することができ、効率的なユニット生産と速な輸送による基地制圧が勝利の鍵を握る。ユニットへのは生産時とプレイヤーメカによる輸送時にしか与えられない。
昨今のRTS染んでいる方は、マウスカーソルプレイヤーメカになったと思えばいい。

また、プレイヤーメカは他ユニットにくらべ非常に高い戦闘力を持っており、それが敵ザコユニットを蹴散らすシューティングゲームさながらである。この点において現在RTSとは異なるゲーム性をもつことから、場合によってはシューティングゲームに似た何かに分類される場合もある。

特筆すべき点として、このゲームは画面分割による対人戦モードが用意されていることがあげられる。これによりRTSにおける熟達した人間同士の戦いはバカAI戦とべると異次元の熱さを含有することを多くの人間に知らしめたのである。
但し、この対人戦を体験するには、メガドライブというマイナーハードの、取っ付きにくいけったいなマイナーゲームに付き合ってくれる友人、親類が周囲にいることが条件であった。ネットによる通信対戦などい時代、このハードルクリアするという僥倖を得た者がどれくらいいたのかは定かではない。

ヘルツォーク・ドライ

メガドライブの時代が終わり、サターンも終焉を迎え、ドリキャスが討ち死にし、遂にはテクノソフトが遺憾なことになってなお、井のヘルツォーカーの間で絶望的なリメイクが散見されていた本作であるが、20年の時を経て2012年にまさかの事実上のリメイクが果たされた。

 タイトルは「AirMech」。米国Carbon Games社開発によるPCRTSプレイ無料)である。(2012.7月現在はまだベータ版)
現代の3D技術によって描写され、ネット対戦チーム戦を備えるヘルツォーク・ツヴァイそのまんまのゲームはまさにヘルツォーク・ドライDrei:ドイツ語で3の意。Zweiは2である)の名を冠するにふさわしい。

blogフォーラムで「I love Herzog Zwei!」だの「Herzog Zwei is great game!」などと日常的に叫んでいるCarbon Games開発者の言葉によれば「ヘルツォークツヴァイに強くインスパイヤ()された」作品であるとのことである。

ちなみにAirMechヘルツォークツヴァイ権利者から許諾を受けているわけではない。このことはフォーラムでもたまに突っ込まれているものの、本人は「Herzog to AirMech is like Quake to Halo.」などと開き直っている。そんなレベルではない気がするが、まあ別にいいや。

2015年5月には「AirMech Arena」というタイトルに変更されたうえで、プレイステーション4Xbox Oneの2つのコンシューマーハードでも配信が開始された(ニコニコ大百科ではこちらのタイトルで記事が作成されている)。

ピコカキコ

Herzog Zwei - There is No Time to Lose
6302

関連動画

関連リンク

関連項目

関連商品

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2015/10/19(月) 18:35:32 ID: A3BdZ2cOB1

    Airmechのほうは日本語対応してるよ
    有志が翻訳した部分以外は機械翻訳だからなにがなんやらって感じだけども

  • 4ななしのよっしん

    2017/03/06(月) 00:39:03 ID: 70sq7LWdsY

    記事書いた人なかなかセンスあるなw

  • 5ななしのよっしん

    2017/03/25(土) 02:26:44 ID: njE0KRhHvF

    3D復刻シリーズで頑ってるセガテクノソフトの権利を取得したらしいので通信大戦可移植にほんわか期待したいところ。対人戦泥沼になりそうなのでデフォルトルールの他にカスタムできたら本当に化けそう。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 16:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP