今注目のニュース
クシクラゲの虹色の謎を解く特有のタンパク質を発見 筑波大の研究
マックコーヒー「0円」再び! しかもさらに濃く、美味しくなったよ。
二階幹事長 台風被害は「まずまず」発言、自民党議員にも非難

ヘルマン・フォン・リューネブルク単語

ヘルマンフォンリューネブルク

掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ヘルマン・フォン・リューネブルク(Hermann von Lüneburg)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.野沢那智

概要

自由惑星同盟軍人、のちに亡命してゴールデンバウム朝銀河帝国軍人。宇宙794年時35歳。地上戦の専門
同盟軍での最終階級は大佐帝国軍人としては大佐准将少将。生まれながらの帝国貴族のごとき長身灰色、常時不機嫌そうな灰色といった容姿の持ちで、颯爽とした人物と評される。

自由惑星同盟最強の陸戦部隊たる”薔薇騎士”連隊の第11代連隊長にして6人の”裏切者”であり、同時にゴールデンバウ末期貴族社会の暗部を徴する存在でもあった。

経歴

リューネブルクは銀河帝国から自由惑星同盟への亡命者(もしくはその子女)の出身で、帝国では高位の爵位を持っていた貴族の出であるという。自由惑星同盟軍に入隊した彼は亡命帝国人による陸戦部隊”薔薇騎士”連隊に配属され、順調に階梯を進めて大佐・”薔薇騎士”連隊第11代連隊長の地位を得た。

しかし宇宙791年、彼は帝国への逆亡命を決断する。”薔薇騎士”連隊の連隊長祖国へと戻るのは、彼で6人であった。祖国での彼はプロパガンダのための亡命者優遇策もあって厚遇され794年までに准将へと昇進し、個人的にも793年、少壮の内務官僚伯爵エーリッヒ・フォン・ハルテンベルクエリザベートを妻に迎えた。その後同年3月リヒャルト・フォン・グリンメルスハウゼン中将揮下でヴァンフリート域の会戦に参加する。

同会戦中、グリンメルスハウゼン艦隊が衛星ヴァンフリート4=2に駐留した際には、同衛星にすでに同盟軍の後方基地があったことから地上戦の専門としてこれに対応。偶然同地に駐屯していた”薔薇騎士”連隊の第12代連隊長オットー・フランク・フォン・ヴァーンシャッフェ大佐が偵察に出ていたところを襲撃し、彼を戦傷死させる戦果を挙げた。さらにリューネブルクは同盟軍後方基地を総攻撃し、自身も戦ふるって”薔薇騎士”の面々と血戦、副将ラインハルト・フォン・ミューゼル准将が基地シンクレア・セレブレッゼ中将を捕虜とするなどの戦果をあげたが、衛星で艦隊戦が化したこともあり、基地の全破壊には至らず撤退した。

戦後少将に昇進。794年末には第六次イゼルローン要塞攻防戦に参加することとなる。
この戦いで、第13代連隊長ワルター・フォン・シェーンコップ大佐の率いる敵”薔薇騎士”連隊がリューネブルク個人を名しで挑発する行動を続けたため、彼は部の命で”薔薇騎士”との直接対決を余儀なくされた。そして12月5日14時、リューネブルクの乗る揚陸艦は”薔薇騎士”連隊の揚陸艦に強行接舷して突入する。

かくして因縁の相手シェーンコップと対戦した彼は、苛だが短い戦闘のすえ、次々代の後継者の振るう戦によって右腕を吹きとばされ、出血のため死に至った。24時間後、帝国少将ヘルマン・フォン・リューネブルクの戦死は大将への特進とともに帝国軍総部に認された。

能力・人物

両軍を通じて地上戦の専門であり、有能で勇敢、陸戦揮の速さと巧妙さはシェーンコップをして賞賛を禁じ得ないほどのものであった。そしてむろん、同盟軍最強の陸戦部隊の一員だった過去に相応しく、兵戦技においても亡命時点でシェーンコップのそれをえる実を有していた。

その彼が、第六次イゼルローン要塞攻防戦においてついにシェーンコップの戦の前に倒れることとなった。これはシェーンコップが年齢・体的に万全であり円熟した戦技を有していたということもあるが、本人としては「きさまの技倆が上がったのではないぞ、シェーンコップ二才よ。おれの量が衰えたのだ。でなくて、おれが負けるわけはない」というのが末期であった。そしてシェーンコップも、そのを率直に認めたのである。

いっぽうで、逆亡命といういびつな出自ゆえか、彼はそれなり以上の人物鑑定眼を有していた。若きラインハルト・フォン・ミューゼルのをある程度見ぬき、それどころか自ら「将来部下に欲しい」と言ってのけたのである。これはラインハルトにとって屈辱的なことではあったが、しかしリューネブルクが庸ならざる人物であることをも示していた。さらに彼は、ジークフリード・キルヒアイスラインハルトの単なる副官でなく、個人的な心・臣といっていい存在であることにも気づいていたようである。

疑惑

帝国に亡命したリューネブルクの近辺には、その婚姻に関係する疑惑が存在した。
そもそも彼の妻エリザベートには彼の亡命以前に婚約者がいたのだが、その婚約者は前線に出て還らなかった。この婚約者を殺したのが同盟軍人であったリューネブルクであり、彼は婚約者の持っていたエリザベートの写真を見て亡命を決意。そして帝国に逆亡命した彼は、かなり強引な方法でエリザベートを妻とした……というのがその疑惑である。そしてこの疑惑の影に隠れた真実リヒャルト・フォン・グリンメルスハウゼンによって記録に残され、リューネブルクとその周りの人々に報いをもたらすこととなったのだった。

なお、これらとは別に、ヴァンフリート域の会戦の後にリューネブルクは母親の姓で、父親ゴールデンバウの一族である。リューネブルクはこれを知り、位の継承を論んで帝国に戻ってきたのだ」という噂が流れたこともあった。しかしこの話には一切の物的拠がなく、リューネブルク自身も、自身に身の危険が及びかねない噂であるにもかかわらず肯定も否定もせずにきっぱり視していた。ちなみに、これを聞いたラインハルトは「リューネブルク本人が噂を流したのではないか」とこちらも根拠に想像している。

関連動画

ニコニコ動画に)出てこい、出てこい、リューネブルク、出てくりゃ削除へ直行便、権利者皆様お待ちかね、朱に染まった申立により、著作権として削除されました

とはいえ、彼の登場する動画がまったくないというわけでもなかったりする。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 08:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP