今注目のニュース
仲間由紀恵、若い頃は「自分が見えていない恥ずかしい人」
樹海を散策中に洞窟の奥から犬の鳴き声が!中には長い間救助を待ち続けていた犬がいた!
“24時間戦えますか?”に柴田阿弥驚愕「炎上!炎上!」

ベビードラゴン単語

ベビードラゴン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

もしかしてベビー・トラゴン

ベビードラゴンとは、

  1. 子供ドラゴン
  2. 漫画遊☆戯☆王」及びその生作品に登場するカード。本項で解説。
  3. 株式会社ジャッカルが販売するクローワーム。
  4. フォークマニス社から発売されているハンドペット
  5. MMORPGMaster of Epic」に登場するモンスター
  6. MMORPGトキメキファンタジー ラテール」に登場するモンスター。「の-」、「の-」、「地の-」が存在する。

概要

城之内克也が使用するカード

原作では遊戯から渡され、アニメではトレードによって手に入れる。

VS孔雀舞戦では「時の魔術師」とのコンボで「千年」になり、勝利の鍵となった(OCGでは不可能)。
VSダイナソー竜崎戦でも同様のコンボをしようとするが、あまりにもバレバレだったために、「二頭を持つキングレックス」に破壊されてしまった。
VS梶木戦では見事な乗っただけ融合を披露して、「ドラゴンに乗るワイバーン」となった。

ほかにも何度か登場しているが、そこまで活躍しないまま退場することも多い。

ZEXALでは「ベビーラゴン」という名前の良く似たカードが登場し、OCG化も決まっている。特に関連はく、このカードで向こうの効果の恩恵を受けることは(レベル操作しない限り)ない。

OCG版

1999年11月18日発売の「Vol.6」で登場。レアリティノーマルノーマルレア)。テキストは以下の通り。


通常モンスター3/属性/ドラゴン族/攻1200/守 700
こどもドラゴンとあなどってはいけない。うちに秘めるは計り知れない。
遊戯王カードWikiexit より引用

特に効果の通常モンスター

「千年」、「ドラゴンに乗るワイバーン」の融合素材。そのため、これらを融合召喚するデッキではお呼びがかかる。「凡骨の意地」+「フュージョンゲート」での通常モンスター大量融合を行うデッキでなら使えるが、単体でのが低いため、少々扱いにくい。
サイバー・ダークの装備カードとしても使用できる。「E・HERO プリズマー」があればその効果で墓地に送ることもできるので使いやすい。「フュージョンガード」を用いる場合も「サイバー・ダークドラゴン」を墓地に送る確率を低くするために「千年」を入れておいて、の装備カードにすることができる。
だが、単純な上昇値(つまり攻撃)の高い「ハウンド・ドラゴン」や、特殊召喚効果を持つ「仮面」と、融合エクストラデッキに「F・G・D」の構成のほうが扱いやすい。

バンダイから過去に発売されていた遊戯王カードでは「ベビードラゴン」のカード名で登場していた。OCGとの互換性はい。

初登場時はノーマルレア(封入率が極端に低いノーマル仕様カード)だったため、入手に苦労した。その後、通常のノーマルカードとして何度か再録され、ストラクチャデッキにも収録されたので現在は入手しやすい。

関連動画

関連商品

 

関連項目

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2015/05/07(木) 04:29:07 ID: fj1UsEah2V

    千年と一緒に幻族に転生してリメイクでないかなー

  • 7ななしのよっしん

    2017/04/23(日) 09:07:15 ID: GvwxnDWJPK

    リメイクは来たけどまさかの真紅眼化
    千年子供じゃなくて真紅眼の子供になってしまった

  • 8ななしのよっしん

    2017/05/04(木) 11:01:37 ID: bgQt/UZjWK

    次は千年真紅眼化だな

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP