今注目のニュース
高嶋ちさ子、ホテルにわざと忘れ物をする外国人観光客に激怒 「すぐに捨てろ」
テトリミノが降ってくる『テトリス』時計を作ってみた
異常な“タピオカブーム”に潜む恐怖…「腹痛」「便秘」「激太り」

ベムラー単語

ベムラー

掲示板をみる(21)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ベムラーとは、『ウルトラマン』に登場する怪獣である。

別名「宇宙怪獣

背中に覆われた細身の寸胴体で、さらに細く小さな腕が特徴。

名前の由来は『ウルトラマン』の前企画科学特捜隊ベムラー』から。
その時の設定では“人間に味方する烏天狗のような姿を持つ宇宙人”だったらしいが、『ウルトラマン』として企画が始まった際に背景設定はウルトラマンに、名前は敵怪獣の名称に流用された。

概要

宇宙怪獣:ベムラー
登場作品 ウルトラマン
登場エピソード 第1話「ウルトラ作戦一号
身長 50メートル
体重 25000トン
出身地 M35

宇宙平和を乱す悪魔のような怪獣」と恐れられるほど悪な怪獣としてウルトラマン怪獣墓場に護送される途中に脱走、ウルトラマンの追跡の手を逃れ、地球に逃げ込んだ(ウルトラマンは科特隊員のハヤタが乗った小ビートル突し、結果ハヤタと融合する事になる)。

な武器は口から撃つ青色破壊光線の「ペイル熱戦」。飛行する時はい球体となって中や宇宙を航行する。

地球に潜入後はとよばれるに潜伏、ハヤタの件で調に乗り出した科特隊の前に姿を表し、その存在が認知された。そこに生還したハヤタの発案の元、科特隊はビートルと潜艇を使って中と水中の両面から攻撃を仕掛けると言う「ウルトラ作戦一号」を実行、それによりから追い立てられるが、その際にハヤタの乗った潜艇もから引きずり上げて破壊しようとするも、その刹那にハヤタはウルトラマンへの初変身を果たす。

そしてウルトラマンしい格闘戦を繰り広げるが、遂にはウルトラマンに追い詰められてに沈められ、再び球体となって宇宙へ逃走しようとした所をウルトラマンスペシウム光線を受けて爆破殲滅された。

ウルトラQ』のゴメス等を除けばウルトラシリーズ初登場の記念すべき怪獣で、これ以降ウルトラマンはハヤタとして地球に留まって度重なる怪獣災害宇宙人侵略に立ち向かう事となり、そしてここからウルトラ一族と地球の長きに渡る関係が始まる事になるのである。

そのデザインイメージは『ウルトラマンティガ』第49話に登場した宇宙恐竜ヤナカーギー劇場版ULTRAMAN』に登場したビースト・ザ・ワンなどに受け継がれた。

その他の作品に登場したベムラー

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP