今注目のニュース
業界最速・約2分半で焼き上げられるプレスサンドメーカー
松本人志、あおり暴行事件に持論「殴られるのを我慢する必要あるのか」
渕上 舞「Love Summer!」インタビュー ”リア充”な夏ソングを歌う理由とは!?

ペインマン単語

ペインマン

掲示板をみる(35)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ペインマンとは、漫画キン肉マン』に登場するキャラクターである。

古の昔においての人へのの裁きを逃れた人「完璧超人始祖」の一員であり、あらゆる攻撃を効化する体質を誇る驚異の人。

概要

太古の昔に人としてのを正しく使おうと唱え、元の男ザ・マン(現超人閻魔=ストロング・ザ・武道)に導かれカピリア線での全殺から助かった人達「完璧超人始祖」の一人。"璧・式"(パーフェクト・フィフス)の称号を持ち、「ダンベル」を所持している。

体中に丸い気泡に覆われており、それがエアバッグの役割を持つ緩衝材(クッショニングマテリアル)として相手の攻撃を吸収・効化してしまう。そのため、今までどのような攻撃でも全く痛み(ペイン)を感じていないという。また、今まで痛みを経験していないため、攻撃する際には相手に一切のなく強な苦痛(ペイン)を与える。

顔も緩衝材で口元以外は覆われている。普段はも隠れているが感情的になり「不覚」にもが入ると怒っているように悪い付きが出てしまう。

人物像

口調は爽やかフランク、常に口元に笑みを浮かべ、自身の険しい付きも緩衝材で隠しているが、それは柔和であればお互い不必要な衝突は起きないという信念に基づいているため。柔和こそがこの世で最も大切だと考えており、ゴールドマン(後の悪魔将軍)のっ直ぐすぎる・態度や・硬度・覇が全てという考えとは何もかもが正反対で、ゴールドマンが始祖にいた頃は何一つ噛み合わなかったという。さらに、ゴールドマンとは人硬度10・ダイヤモンドボディと緩衝材(クッショニングマテリアル)ボディのどちらが優れているかを常に討論していた。両者は最後まで分かりあう事はかったが、ペインマン本人はその討論などの対立を楽しんでいたようで、ゴールドマンが始祖を去ってからは言い争う相手がいなくなった事を哀しんでいた。

また、実のある相手には見下しながらも敬意を表し、自らを破った相手を称賛する誇り高さも持ち合わせている。

笑いは「テハハハハ」。

プロフィール

作中での活躍

ザ・マンに導かれて人の大量絶滅を逃れてからは修行の日々を送り、心身を鍛える。地上に大量絶滅を逃れた人達が勢を伸ばしてからは拠点をなる璧の山(モン=サン=パルフェ)に移し、地上の人が暴走し始めた際の武介入(裁きの日)にも同行している。やがてゴールドマンシルバーマン兄弟が始祖から離脱し、絶好の口論相手を失ってしまう(本人く「悠久の沈黙」「偽りの穏」)。

無量大数軍&完璧超人始祖編

悪魔将軍に続き、悪魔騎士なる璧の山に侵攻。ペインマンは墓場の地下闘技場がある始祖の門(オリジンゲート)の円形リングにてジャンクマン突。ジャンクハンドで相手を潰し破壊する事を眼に置くジャンクマンとの相性は抜群で、緩衝材で攻撃を全て効化し、逆に攻め立て至高の決め技「テリブルペインクラッチ」を決めるなど終始優勢に勝負を進める。しかし、ジャンクマンの「室温を上げて緩衝材内の空気熱膨張させる」というゆで理論で自慢の緩衝材を効化され、さらにジャンクハンドの片方をもぎ取る捨て身の「オーバーヒートジャンククラッシュ」を受け敗北

試合後、ゴールドマンの教えで下等人が成長している事を認め、ゴールドマンの行動は駄ではかった事を喜びながら死亡した。最後まで高潔なペインマンには、ジャンクマンも敬意を表していた。

ペインマンVSジャンクマンの戦いは、完璧超人始祖の中では初めて悪魔将軍以外とのマッチメイクであったため、悪魔人と完璧超人始祖との実差を測る試合となった。結果はジャンクマンの大金星となり、ここまで悪魔将軍によりミラージュマンアビスマンと連敗を喫し、さらにペインマンが敗れたことで完璧超人始祖は開幕三連敗となってしまった。しかし、閉鎖的なリングジャンクマンの発した高熱など悪条件が重なり、ジャンクマンロビンマスクとの戦いで負けながらも得ていた教訓があったからこそペインマンは敗れることになったが、それはジャンクマンにとってはあくまで薄氷の勝利に過ぎなかった。また、ペインマンにはどこか旧友であるゴールドマンが育て上げた子のを試している節があり、ジャンクマンに試合中アドバイスを送る場面もあった。

このあとに続く完璧超人始祖の強さをの当たりにすることにより読者の間でもジャンクマンが上げた大金星の価値が理解されていくことになる。

必殺技

緩衝材(クッショニングマテリアル
錆びたり朽ち果てたりすることもない攻防一体を成すペインマンの体であり。体表面全体を覆う数の緩衝材(エアバック)により、受けたあらゆるダメージを吸収し化する。また緩衝材を吸盤のように相手の身体に吸い付かせて投げ技の起点とする使い方も可。ただし、緩衝材の性質故、高温環境下ではエアバック内の空気が膨し、緩衝材の衝撃吸収劣化してしまうという欠点を持つ。
ダミーバブル
右拳からペインマンそっくりの偽物風船人形を出し、身代わりとして用いることで相手の攻撃を回避する技。 このダミーは幾らでも出すことが可
ファイヤーボールレス
自分の両足を掴み丸くなり、回転しながら体当たりをする。
インリカバリ
潰された緩衝材を元に戻すことで、攻撃を仕掛けた相手を弾き飛ばす技。
テリブルペインクラッチ
相手の首と両手首を絡み付くかのように同時に極め、更に足もバックから四の字に極めることで降下しようとも脱出できないという柔軟な体を持つペインマンだからこそ実現可な驚異の関節技。極められた相手はペインマンの体のパワーと、もがけばもがく程相手の体の隙間に入り込む極上の柔らかさを持つ緩衝材に圧迫され、心地よく天国へと立っていく。ペインマンは自身はこの技を「至高の決め技」と呼んでいる。

関連静画

関連項目

掲示板

  • 33ななしのよっしん

    2018/12/22(土) 02:59:06 ID: lWy0RXcqc7

    本来なら殴られても痛みを感じないはずなのに
    あの時だけ痛がるふりをして脱出させてあげる心優しさ

  • 34ななしのよっしん

    2018/12/22(土) 03:27:45 ID: h3zFoH/B9B

    ジャスティスマンほどに理不尽なパワーまで持ってるとは思わないけど、十中八九あの形になった時点で首へし折れてたりできそうだからな

  • 35ななしのよっしん

    2019/01/17(木) 12:59:20 ID: RVL6bkT8kP

    >>33
    ジャンクマンにアッパーをぶちかまされた時にダメージ受けてたからとか首の様な「緩衝材のい部位」への攻撃は通るんだと思う。
    ジャンクマン程の火力いと攻撃を受けてもケロッとしてそうだけど。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP