ホタル 単語

526件

ホタル

2.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ホタルとは、

  1. に見かける昆虫。この記事で説明。
  2. ほたる(歌い手)ニコニコ動画で活動する歌い手の一人
  3. ホタル(絵師)ニコニコ大百科で活動するお絵カキコ絵師の一人
  4. GuitarFreaks」&「DrumMania」に収録されているあさきの楽曲
  5. ほたる♀ニコニコ動画で活動する実況プレイヤーの一人
  6. スピッツの通算21枚シングル。又はそのA面に収録されている曲。
  7. 蛍の光原曲スコットランド民謡明治時代に広まり、現在閉店時によく流れる曲。
  8. Splatoon」の登場人物でシオカラーズの一人。名前ホタルイカに由来。

ここでは、1について説明する。

動物界節足動物門大亜門昆虫類(綱)翅類(甲虫目)ホタル上科ホタル科の生物の総称。英語ではfirefly。

概要

するというほかの昆虫には見られない特徴からでられることが多く、季節の風物詩ともなっている。しかし、に発生する種類もある。また、イメージがあるが、行性の種類もいる。

イメージは特に種類の多いゲンジタルからきている。ホタルはの季として用いられる。

英語fireflyを直訳すると飛ぶ火となるが、~flyは飛ぶを意味する。他に英語でこのような表記をするものには、トンボ(dragonfly/)、チョウ(butterfly/バター)などがある。

ホタルの詳しい生態などはWikipedia参照exit。また、携帯ウェザーニュースでもホタルの様々な情報を見ることができる。

ホタルの発光について

器は雌はの後端から第二節にあり、雄は第一節にもある。よって、一方の性のみ発する種はあるものの、全てのが雄だけ発するというのは正しくない。
ゲンジタルやヘイケボタルでは成・幼ともにり、ときにはる。

ホタルが発するのはのためといわれている。(他には「敵を驚かすため」、「をもつことを示す警色」などの説がある。)
活発に飛んでいるのは雄で、雌は葉などに止まっている。雄が雌にむけて発して愛し、雌がそれにこたえて発すれば成功である。

ホタルの一生(ゲンジボタルの例)

5~6月…雄と雌が交尾して雌がの中に産卵する。
 ↓
産卵から一ヶ後…が孵化し幼となる。
水の中に入りカワニナを食べながら成長する。←今ここ
 ↓
翌年4~5月頃…水の中から陸に上がり、土の中に潜る。
 ↓
上陸から一ヶ後…幼は、に変化。
 ↓
になって十日後…から羽化し、土から出て成となる。
 ↓
羽化後…成となり交尾の相手を探す。
雄は交尾後、雌は産卵後にその命を終える。また、交尾しなくても羽化後約一週間の命である。

ホタルと関係のある熟語・慣用句

 ホタルと関係のある動植物・自然物

ホタルがモチーフとなっているキャラクター

名前にホタル(蛍)が含まれる人物

架空の人物

実在の人物

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP