今注目のニュース
高杉真宙、長年の夢“坊主願望”熱弁
神谷明&伊倉一恵、仏実写版「シティーハンター」から痛いほど伝わってきた原作愛
生きづらかった『周囲から浮いてしまう子』 社会人になって環境が一変!

ホビット単語

ホビット

掲示板をみる(26)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ホビット(Hobbit)とは

  1. Hobbit - J・R・R・トールキンの一連の『指輪物語』などの一連の小説作品に登場する小人族。
  2. The Hobbit - J・R・R・トールキン小説並びにそれを元にした映画作品。小説邦題ホビットの冒険

この記事では1.について述べる。

概要

人間から分かれた一種族で、中つ第三紀初期には大河アンドゥイン周辺に住んでいたものが、後にふり山脈を越えてエリアドールに移住、現在ホビットを建設し、そこに住むようになったとされる。

身長120cmに届かない程度で、通常の人間よりやや長命。
性格は穏やかで善良、見たに反して慢強く強な精を持つが、他の種族に対しては姿を隠すことが多い。
いて暮らしよいの中に住まうのを好み、富裕なホビットは皆自慢のなホビットスミアル)を持っていた。 

もともとホビットの周囲を除きほとんど知られていない種族だったが、第三紀末における一つの指輪の再発見からその破壊に至るまでの経過と指輪戦争において、5人のホビットが極めて重大な役割を果たしたことで知られるようになった。すなわち指輪の発見者ビルボ・バギンズと、「仲間」であるフロド・バギンズ、サムワイズ・ギャムジー、メリアドク・ブランディバックペレグリン・トゥックの5人である。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 21:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP