ホムラ(ゼノブレイド2)単語

テンノセイハイ

  • 20
  • 0
掲示板をみる(990)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(20)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ホムラ

「私を 楽園へ連れていって」

概要

ホムラとは、任天堂より発売されたNintendo SwitchRPGゼノブレイド2」の登場人物である。
CV:下地紫野

赤色を基調とし、胸元に玉色(すいぎょくいろ)のコアクリスタルを持つ特異なブレイド聖杯
古代船で眠りについていたがレックスとの接触により覚醒シンに胸を刺し貫かれ命を落としたレックスに命の半分を分け与え楽園が始まった。

性格は穏やかで優しいが芯が強い。特に子供に対してはかなり親切に接しており、フォンス・マイム初訪問時やライコやヒバナブレイドクエストからもそれがうかがえる。またブレイドとしての生い立ちゆえか家族というものに強い憧れを抱いている。
 料理が得意であり焼き物煮物と属性の関係か火を使った料理なら何でもござれ。らしい。かき氷は苦手

そんな彼女だが、レックス一行の中でジーク病気(厨二病)を「よく分からないけどカッコいい」と理解を示したり、傭兵団に隊長として派遣された場合(アドバンスドニューゲーム限定)部隊名をファイア勇者軍団にするなど、どことなくセンスがおかしい節が見られる。

DLC追加ブレイドヒバナからは「ホムラ先輩」と強く慕われており、ホムラ彼女の熱すぎる熱意に若干引きつつもその成長を温かく見守っている。ヒバナブレイドクエスト遂すると料理ホムラ直伝モットロール」をホムラから伝授してもらえる。

自身の過去や強大すぎるゆえに自身についてはあまり積極的にりたがらない傾向があるが、レックスと触れ合ううちに自身を受け入れ、した。

ブレイドとしての性能

属性は火でレックス専用のブレイドとして行動する。
エンゲージした際はステータスに筋補正がかかる。

ブレイドアーツバトルスキルはそれぞれ下記の通りで重い一撃を与える構成になっていて、特に「聖杯の片鱗」によるブレイドコンボ火力にはを見るものがる。
焔の身によりクリティカルダメージ伸びる為、クリティカル率が高いコアチップをつけてやると想像以上に火力が上がる。必殺Lv3のブレイズエンドクリティカルダメージアップである為、これをブレイドコンボ中に放った場合、他を寄せ付けぬ程の火力を発揮する。

属性ブレイドコンボコンボパーツとして割と優秀であること、ビャッコハナ(JS/JK)、カグツチとメインキャラコンボをつなげやすいのも追い

特にビャッコを中継に置く「スチームエクスプロード」には序盤からお世話になることだろう。

因みに、必殺はすべてエーテル依存する。

ブレイドアーツ

スキル

必殺技

衣装変更

キスパンション・パスを購入していると挑めるチャレンジバトルの報酬として、見たを変更できるアイテムを入手できる。

ネタバレ注意 ※※注意※※
この先は、ゼノブレイド2についてネタバレしています。
閲覧は自己責任でお願いします。

ヒカリちゃん

「私はヒカリ

ホムラは私が作り出したもう一つの人格」

「どうしてーー
どうして私を起こしたの」

概要

ヒカリが作った特別なブレイドである『聖杯()』が持つ本来の人格であり、第3話ラストにて窮地に陥ったレックスを守るべく覚醒した。

寝起き々にしてゼノシリーズ恒例のロボットセイレーンデバイスによる高高度からの撃を行い、ヨシツネとメツを同時に相手取り圧倒。
更には因果予測によって相手の行動を先読みして反撃、更に撃をかいくぐっての連携と聖杯としての本領を見せつけた。

懐かしいぜーー
待ってたんだよ この時をずっと」

別人格としてホムラを生み出した理由は聖杯の本当のを使いたくなかったからであった。
また、ホムラの使う炎のヒカリが持つ聖杯の余剰エネルギーから生み出されている。

ホムラと体格や顔つきは同一だが、装や髪型が変わり受ける印はかなり異なる。
また、ホムラべてかなりキツイ性格をしているが、根は優しく脆い。外見に反して女子力は低く、料理が下手だったり夢遊病を患っているなど残念な一面もみられる。

ザクロメイなどスキルガールズトーク」持ちのブレイドとは仲が良く、に繰り出してはガールズトークを咲かせている模様。ザクロブレイドクエストヒカリザクロがひたすらガールズトークじるだけというブレイドクエストクエスト

ブレイドとしての性能

属性で、ヒカリ以外では(Ver1.20時点において)KOS-MOS re:しか持たない重な属性であり、エンゲージした際のステータスホムラと違ってエーテルに補正がかかる。

ブレイドアーツバトルスキルは下記の通り回転重視として破格の性を持ち、クリティカル率の高いコアチップアシストコアを装着することでドライバーアーツ必殺技を連発することができるようになる。
それによって数少ない属性ではあるが、単独でも属性3連コンボである「超新星」やの「ファイナルウェザーレイン」を容易につなぐことが出来る。
因果予測は、その補正は強ながらも、レックス自体が回避が高くないアタッカーなのもあって、特に効果が感じられない、と感じることも少なくない。
が、この効果は全体効果の為、回避がいればさらに避けるように、当てられない味方も当てられるようになる。実感がないだけで大きな効果を発揮していることは少なくない。
また、レックス自身が素さに特化すれば、タイマン正面から格上のユニークと殴り合うことさえも可になる程の回避を発揮できる。

ホムラとの交代もストーリーが進行すれば自由に行うことが出来、交代も基本的に制限がないため、ホムラの火属性を用いたコンボも容易につながるようになる。
なお、レックス瀕死になってヒカリ以外のブレイドとエンゲージしている場合は見ていられないのか強制的にヒカリが出てくる。
また、レックスの体回復するまでホムラに切り替えることが出来なくなる。「ダメ、見てられない」

因みに必殺は全てエーテル依存する。

ブレイドアーツ

バトルスキル

必殺技

セイレーン・デバイス

ヒカリが使役する人の人型機動兵器古代文明の遺産であり、アルストの文化・技術とは明らかに異なるテクノロジーで製造されている。基本的にヒカリしもべとして彼女の命に従い軌上からビームによる攻撃を仕掛けるほか、地表近くに降りてくることもある。

なお、ホムラもその気になればセイレーンを制御することができる模様。

"デバイス"と呼ばれる機動兵器セイレーン以外にも存在し、世界樹付近でレックス一行を襲ったヘビ機動兵器は「サーペントデバイス」と呼ばれている。

衣装変更

多人数戦闘衣装はエキスパンションパスを購入しなくても手に入るほか、イーラ編でも入手可イーラ編では一の着せ替えアイテム

2人関係

ホムラヒカリが生み出したもう1つの人格で、最初はダンマリだったけど今は仲良しでお互いに会話が可であり、記憶も共有されている。
またこの2人では、表面的な性格の違いやレックスへの接し方が異なるが、ヒカリく「基本的な部分は一緒」らしく、その一面や言及がイベントで少しだけ見られるようになっている。その共通点とは

  • 負けず嫌いな一面がある。
  • 基本的に抜けがなく計算も高い。
  • 事実レックスより年上だが、どちらもどこか年上のような接し方である。
  • 聖杯である故か、2人ともコントロールするのに必要な「集中」を持っている。

料理

ホムラヒカリの特技(?)。本編ではホムラスキルホムラ料理を発動することで、『黄金の国イーラ』ではキャンプヒカリクラフト創作料理を使用することで料理のポーチアイテムを作成することができる。

ホムラの料理

ホムラの特技。グーラ・トラリベラリタス・コルレル料理ができる。前述のとおり火を使った料理が得意でかき氷が苦手。その腕前は本物で、レックストラセイリュウに絶賛されるほど。セイリュウに至ってはこんなにうまい物を食べたのは120年ぶり、と言わしめるほど。

ポーチアイテムとしては全体的に効果が高めだが、料理をするのに様々な材料を使うため材料集めはそれなりの労を要する。ムキキムギ等入手場所が限られる素材もちらほら。また、最初は料理を1個しか作成できないが、料理を繰り返してスキルレベルを上げることにより同じ材料量で2~3つの料理を作成できるようになっていく。キズナリング埋めにも必須なため、とにかく料理を作っていくことが大事。

ちなみにレシピ情報屋や一部の人物から伝授してもらうことで増えていく。

ヒカリの創作料理

ヒカリ自称特技。本編ではホムラから「レックスを壊すから」と止められたり、ヒバナイベントで「諸事情で封印している」とる程度だったが、『黄金の国イーラ』でそのおぞましい全貌が明らかとなった。

キャンプ料理ができる。が、リストには悪夢だの混沌だの穏やかじゃないワードがちらほらあり、中身もサソリで作った「激辛サソリクッキー」や魚介類のカジカをぶち込んだ「でろでろカジカパフェ」等狂気の沙汰としか思えない料理ズラリ。

見たグロテスクで常にモザイクがかかっているおぞましい見たをしている。そのテカリ具合はまるで沼そのもの。味もお察しで一口食べたアデルミルトが即座に卒倒してしまっている。

ポーチアイテムだが、その効果は薄いどころかマイナスの効果を発揮してしまうものまである。ただ、ヒカリが作ったからなのか大半の料理アーツリキャスト回復効果を持っているので、辛うじて使えないこともない。食わされるチームはご愁傷さまだが。

民全体が味音痴であることで有名なスペルビア人はかろうじて食べれる(一部はこのまずさこそが、と絶賛している)らしいが、他多数の人間からの高評価は得られていない。

シンく「切り捨てたくなる」。今日も彼のが上がる。

アドバンスドニューゲームにおけるホムラ

2018年3月2日更新で追加された二周モードアドバンスドニューゲーム」ではホムラ仕様も一部異なる。変更点は以下の通り。

『黄金の国イーラ』におけるヒカリ

キスパンション・パスの追加ストーリーにて本編から500年前のヒカリが描かれる。

暴走する聖杯、メツに対抗するべくアーケディア法王庁助祭マルベーニからもたらされた聖杯コアクリスタルイーラ四皇アデル・オルドーが同調して生まれた。

生まれたてということもあり本編に輪をかけてワガママかつ自信過剰な性格。序盤では頭にくるとすぐセイレーン撃を示するなどかなり物騒で、シンやカグツチともしょっちゅう喧するなどかなりの問題児。一方で名も知れない一般人遺体を見つけるなり墓を作ることを提案するなど根は優しい。
アデルの付き人を務める少年ミルトとは子供じみた口論を繰り広げるなど姉弟のような関係。

ドライバーブレイドの連携戦法がまだ確立していない時代ということもあり、自分でヒカリを操作できる。通常アーツ本編で使っていた必殺技が当てられており、必殺技本編では見られなかったものが四種類用意されている(カグツチやワダツミも同様)。

本編よりアタッカーアーツヒット数が多いせいか、本編より光速連撃のリキャスト回復量は減っている。

バトルスキル

アタッカーアーツ

サポートアーツ

必殺技

スイッチアーツ

スイッチアーツは「フラッシュリング」。スマッシュリアクションを持つ。
アデルがライジングのアタッカーアーツを持っているため、打ち上げたヒカリが撃ち落とす場面はよく見れるだろう。

倍率が高いのもあって、ヘイト飛びの要因になりがち。飛ばないようにヘイトダウン系のコアを装備するか、下記タレントアーツを狙って逆にダメージを増加させるのもいい。

タレントアーツ

タレントアーツは「ヴィジョン」。
発動条件が「ヒカリがアタッカーの状態で戦闘不能状態である」「その状態から助け起こされる」という、非常に限定的かつ狙いにくい条件なのだが、その分効果が非常に強で、一定回数だけ全員が相手の攻撃を確定回避するようになる。

発動条件が発動条件だけに、狙うには「タンカーから強制的にヘイトを奪う」「範囲攻撃にわざと巻き込まれる」「ヘイトとは関係なく位置によって発動する技を狙い、その位置を取る」といった行動が必要になり、プレイヤーでなければうまく使いこなすことはできない。

また、戦闘不能状態が条件なので、パーティゲージ増加やキズナ低下防止、キズナ増加系等も相性がいい。

他作品におけるホムラヒカリ

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

スピリッツとして登場。両者ともサポートスピリッツレア度は堂々の4(LEGEND)。ヒカリは何かの事情なのかデザイン若干変更されている。

ホムラの効果はアシストキラーアシストを連れている敵は決して少なくなく、重宝する。また、通常の対戦でもタイム制ならアシストを狙ってスコアを稼げるなど汎用性は高い。
スピリッツバトルではルキナティアモカラー)に憑依戦艦ハルバード戦場化)にてレックス役のシュルクとともに襲い掛かる。ファイアバーを装備しており、ステージにはファイアバーのみ出現。さらにすべての床が炎の床となっているなど炎ブレイドを存分に発揮してくる難敵。
炎の床のせいでサポート選択の自由度が低く、さらに攻撃は苛4の中でも屈難易度を誇る。こちらもファイアバーを拾って活路を開きたい。なお、あまりに難しい場合はアンナ商店で売り出されることもあるのでそちらをアテにするも手。

ヒカリの効果はクリティカルヒットDX。12%確率ダメージが大きくなるという強な効果を持つが、スロットを2つ消費するので少々使い勝手が悪い。同じ効果を持つアタッカーリンブレイドロード)と組み合わせて使用するのも一つの手か?
スピリッツバトルではカムイ女性)に憑依ステージガウル平原戦場化)でやはりレックス役のシュルクを連れている。光の剣ということでビームソードを装備しており、ステージにもよく落ちてくる。
ホムラ較した場合特にステージギミックはないのでスピリッツ構成の自由度は較的あるものの、高速切り札チャージのを持っているのが厄介
灯火の星ではその名前や聖杯という強な存在ということもあり、光の化身キーラが最後まで温存していた戦として登場する。グッドエンドを迎えたいなら避けては通れないとなるだろう。

更にアップデートで「プネウマ」のスピリットも追加された。やはり4サポートスピリットで効果はピンチ回復メタル生存に特化したスピリットとなっている。公式イラストゲーム中で使われたバストアップとラフ、設定画くらいしかなかったので、スマブラのために齋藤将嗣氏により新たにイラストが描き起こされた。

また、ホムラヒカリともなぜかレックスを差し置いてオンラインタグアバターとして選択できる。

そして…

ある日、ホムラ然とレックスの前から姿を消す。仲間たちもホムラの居場所はわからないと困惑するのみ。レックスは「まるでこの世界から消えてしまったかのよう」とくが…
あきらめずに捜索した先にレックスがたどり着いたのは「終点」。そこに佇んでいたホムラは姿を消したことを詫びながらも嬉しそうにレックスに一枚の招待状を見せるのだった。

スマブラSP』の第9弾DLCファイターとしてホムラ/ヒカリが満を持して参戦。
発売直前時には『ゼノブレイド2』は開発期間の問題もあり参戦できなかったと説明されたこともあり、DLCならではのチョイスともいえるだろう。
ヒカリスピリット同様多人数戦闘衣装で参戦。ホムラヒカリほど外見の印が変わってはいないがひそかにタイツを着用している。
参戦当日にはモノリスソフトツイッターアカウントホムラヒカリが参戦への意気込みを動画アップされるという異例にしてファンサービスも行われた。

炎ですべてを焼き尽くすパワータイプホムラ速さで圧倒するスピードタイプヒカリ自在に切り替えながら戦うファイター。なお、ポケモントレーナー同様二人は別ファイターとしてカウントされている(7980)。
原作必殺技も積極的に取り入れられており、フレイムノヴァプロミネンスリボルトブレイズエンド
ライトニングバスターフォトンエッジパニッシュメントレイレインボーダストと様々な必殺攻撃で大暴れする。さらにヒカリ「因果予測」まで使いこなす模様。

体重以外のスペックはかなり極端に設定されており、ホムラガノンドロフにも匹敵するパワーと引き換えにワーストクラスの移動速度ヒカリフォックスにも匹敵するスピードと引き換えにワーストクラスの撃墜、と癖の強いキャラクターとなっている。二人の切り替えが勝利へのカギとなるだろう。

最後の切りふだバーニングソード」セイクリッドアロー。どちらもレックスを呼び出しての技となる。なお、レックスアピールでも登場する。

ネタバレ注意 ※※注意※※
この先は、ゼノブレイド2の核心に関するネタバレしています。
閲覧は自己責任でお願いします。































































「これが私たちの全てーー」
「私たちはこのを与えられて生まれた」

「それでも君は私達が欲しい?」

「もう大丈夫
「もう 迷わない」

天の聖杯、その真の力

先代のドライバーである英雄アデルが制御しきれず封印した第三のを手にし、大胆な告白により聖杯()の全てを受け入れ聖杯なるドライバーとして覚醒したレックスによりを発揮した。
髪型レックス好みのポニーテールに変化、全体的なカラーコアクリスタルと同じ翡翠に変化し、更に背中にはメカメカしいを装備。ついでにレックス装を変化させた。『そのほうが格好いいでしょ?』

人格も二人が混ざりあい、ホムラのように穏やかに話すがヒカリと同じく「です、ます」を使わないくだけた話し方になる。
そのは持ちが望んだことを望んだままに発揮することができるという規格外のを行使することができる。

その規格外のゲーム中でも再現され、覚醒後はパーティーゲージMAXかつホムラヒカリキズナMAXのときにのみ一定時間発動できる。
発動するとブレイドとしての特性ホムラヒカリとは別物になる。
また、覚醒モードの持続時間中は、他のブレイドへのスイッチができなくなる。(最もこのを使う場面では選ぶ必要はないのだが)

また、覚醒時のは以下のものとなっている。

武器

武器がターシャリソードに固定。
攻撃1298、クリティカル率23ガード25

ブレイドアーツ

必殺技

特性

定時間な上に再度覚醒モードに突入することができない。
戦闘時に高い攻撃叩き込みたい場合や属性玉付与の大詰めなど、一度だけ限定的に使用できるものと考えておこう。

余談

覚醒モード中は性格・見たがいい感じにカフェオレみたく混ざり合っているためどちらで呼ぶのかとヒカリから選択を迫られるシーンがある。
その後の一部のシーンや一部ムービーに影してくるが、シアターではホムラバージョンヒカリバージョン両方を視聴できる。
付き合いの長いホムラを取るか、聖杯の本来の姿であるヒカリを取るかはプレイヤー次第。

真の正体

20XX年、本編では古代文明と呼ばれている時代に当時の政府や軍が研究・利用していた事操作をも可にする物体ゲート。これを制御するために専任の科学プロフェッサークラウスが開発した三位一体の制御コンピュータートリニティプロセッサーコアが本人たちも知らなかった聖杯の正体となる。

トリニティプロセッサーはヒカリホムラの名前ネウマ(pneuma)メツのの名前ロゴス(logosそしてウーシア(ousiaの三つのコアから構成されていた。

後にゲートクラウスが強行した相転移実験の際に地球崩壊という大惨事を引き起こし、ほとんどの生物地球上から消し去ってしまった。その際ウーシアクラウスの半身と共に時の果てへと飛ばされてしまう。
残ったプネウマとロゴスはクラウスが崩壊した世界再生する際に「生物の監視役として作成した亜種生命体『ブレイド』が収集したデータを受信、新たな進化コードブレイドへ送信する」という新たな役割を与えられ、アルストにおいて非常に重要なポジションを担っていた。

覚醒ホムラヒカリ)のスーツの胸元にはギリシャ文字でプネウマと表記されており、彼女の望んだことを行使するゲート由来の物であるとされている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/12(月) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/12(月) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP