ホロヴィッツ単語

ホロヴィッツ

1.7千文字の記事
掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ホロヴィッツHorowitz)とは、イディッシュ圏にルーツのある姓である。

イディッシュアシュケナージ系ユダヤ人の用いる言であるため、この姓の人物もアシュケナージ系ユダヤ人系であることが多い。

「ホロヴィッツ」ではなく「ホロウィッツ」と発音・表記されたり、「ホロビッツ」などとカタカナ表記されることもある。

ボヘミアにある町Hořoviceチェコ語でホジョヴィツェ)に由来するとされる。ほぼ同じルーツをもつバリエーションとして「Horwitz」(カタカナ表記はホルヴィッツ、ホロヴィッツ、ホルビッツ、ホロビッツ、ホーウィッツなど)という姓もある。

「Horowitz」姓を持つ人物の例:

  1. ウラディミール・ホロヴィッツ(Vladimir Horowitz) : ピアニスト、本記事で詳述。
  2. アンソニー・ホロヴィッツ(Anthony Horowitz) : 小説家
  3. ウィノナ・ライダー : 女優。「ウィノナ・ライダー」は芸名で、本名はウィノナ・ローラホロウィッツ(Winona Laura Horowitz)

ウラディミール・ホロヴィッツ(Vladimir Horowitz, 1903年10月1日 - 1989年11月5日)とは、ウクライナ帝政ロシア)生まれのアメリカのピアニストである。

生涯

1903年10月ウクライナのベルディーチウで生まれる(本人はキエフ出身であるとしていた)。幼いころから、アマチュアアニストであった母親の手ほどきを受ける。1912年キエフ音楽院に入学
卒業後1920年にデビューアメリカデビューは1928年で、チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番が評判となる。
この際、同時にアメリカデビューした揮者ビーチャムとテンポで対立し、次第にテンポを上げ圧倒的な加速で弾ききり
聴衆を熱狂させた、という逸話は有名である。

1932年、著名な揮者であったトスカニーニと共演しワンダと後に結婚する。1953年アメリカデビュー25周年記念リサタルを行ったあと、突然引退。12年もの隠居後劇的な復帰を遂げる。

日本では2度リサタルを開いているが、初来日の1983年の際は体調が思わしくなく「ひび割れ董」と評された。
1986年には、亡命以来約半世紀足を踏み入れていなかったロシアへの凱旋を果たし、その足で2度日本演を行う。

1989年11月5日に亡くなった。最後のレコーディングを終えた4日後のことだった(The Last Recordingとして発売されている。)あまり知られてはいないがグラミー賞を26回、その他レジオンドヌール勲章、大統領自由勲章など多数の賞を獲得している。

演奏について

最弱音すらホールの一番まで届くその個性的な音色、悪魔的とまで言われたその圧倒的なパワースピードと表現は、演奏動画うpするあらゆるニコ厨たちの羨望の的である。ニコニコ動画に上がってる動画はほとんどが高齢(65歳以上)での演奏であるが、そのいずれにおいても圧倒的な演奏を披露している。

その演奏スタイルは19世紀ロマン義的なヴィルトゥオーゾ・スタイルで、20世紀最高のピアニストと呼ばれているが、実は最後まで生き残った19世紀のピアニストであると言える(1984年演した記録映画タイトルはThe Last Romantic "最後のロマン"である)。そのためか、演奏において大胆な編曲や個性的な解釈を行う事が多く、広く議論を呼んでいる。

しかし、表現、説得が卓越しており、観客を熱狂させる術に長けている。「盤の魔術師」と呼ばれる所以である。 ショパンリストシューマンラフマニノフスクリャービンなどの演奏定評があるほか、自作編曲カルメン変奏曲」「星条旗よ永遠なれ」などが有名。

が大きい。恐妻家である。同性愛の傾向があったと伝えられている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/08(水) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/08(水) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP