ホンダ・ストリーム単語

ホンダストリーム

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ホンダ・ストリームとは、本田技研工業1981年から1983年に製造をしていた排気量50三輪スクーターの名称及び2000年から2014年6月まで製造をしていたミニバンの小乗用車である。

概要

名の由来は英語で「流れ」「時流」の意味。1981年に発売をされたスクーターの名称であったが「近未来的」とも評された個性的なデザインが採用されていたが1983年に製造が終了をする。

2000年17年ぶりにストリームの名称が復活をし、全幅が1.7m未満の5ナンバサイズの3列シート7人乗りのミニバンとなる。名称の意味も新しい7人乗り車両の潮流を創り出すというホンダの意志を表明している。

スクーター時代

1981年に登場。三輪スクーターとしていて体前方にはトラクルームを設けられていた。バックレストつきのシートは3段階に調節が可というものであった。

1983年に生産が終了。

四輪・初代モデル(2000年~2006年)

2000年に登場。名称も17年ぶりにストリームの名称を復活させた。当時ヒットを飛ばしていた上級版のオデッセイの最大の弱点であった、都市部や路地で取り回しに苦労する幅広ボディであると言われており、かねてより5ナンバに収まるミニバンの登場がされていたがシビックベースにしてデビューを果たす。

エンジンは直4気筒でスポーティバージョン2000と普及版の1700の二種類が用意され、ミッション2000スポーツモード付きの5速AT1700が4速ATとなる。駆動方式はFF4WD1700のみ4WDが用意される。

2003年マイナーチェンジフロントデザインを従来の優しい感じからがつりあがった鋭い感じとなった。また、スポーツグレードのアブソルートが追加をされる。後にホンダ初の直噴エンジンが追加をされる。排気量は2000ミッションも専用のCVTとなる。この直墳仕様差別化がされていて、4ヘッドライトなどを採用したが、好き嫌いの分かれやすいマスクとなった。

発売から10ヶで累計販売台数は10万台を越えたヒット種であったが、2003年に同じコンセプトトヨタ・ウィッシュデビューをすると、人気が陰りが出てマイナーチェンジをするが、ただ癖の強いデザインとなって売上は低迷をした。

特にマイナーチェンジ後はウイッシュを意識をしたキャッチコピー「ポリシーはあるか」と挑発的なものとなった。

四輪・二代目モデル(2006年~)

2006年に初のモデルチェンジ。5ナンバサイズを維持をし、高を低床低重心設計にしたことにより立体駐車場に入るサイズとなった。エンジン20001800の二種類になり、どちらのエンジン共にFF4WDが選択可となった。ミッションFF2000のみがCVTとなり、180020004WD仕様が5速ATとなる。

2009年マイナーチェンジ。従来の3列シート仕様のみであったが、2列シート仕様も用意されるようになる。

2012年マイナーチェンジ。3列シートの乗人数を7名から6名となり、グレードも整理される。

2014年6月に売り上げ不振によりモデル止となった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/16(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/16(水) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP