ホンダ・ビート単語

ホンダビート

  • 2
  • 0
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ビート (BEAT) とは、

ビート (スポーツカー)

発売は1991年5月。当時の軽自動車規格の中で設計されたオープン2シーター「スポーツカー」である。製造は本田技研工業ホンダ)。
運輸省(当時。現:国土交通省)による認定(かたしきにんてい)は「E-PP1」。
エンジンシート後部、体中央に横置き搭載(ミッドシップ形式)し後輪を駆動させる。変速機構は5速マニュアルトランスミッションのみとし、ATオートマ)の採用はい。
コンセプトとしては「理屈抜きに楽しく、コミューターとなるようなクルマ」をした。本田技研の創始者、本田宗一郎氏も開発に対し、「あんた、いい仕事したね。」と褒めたという。

登場時は日本前の好気であり、133万円という軽自動車としては高額な(現在でこそ標準的な価格帯にはなっているが、当時の感覚としては、やはり高額であった。)価格でも大ヒットの商品となった。
当時軽自動車トップシェアスズキ自動車オートザム店を擁し軽自動車を自開発していた当時のマツダをも刺し、それぞれカプチーノAZ-1といった軽自動車スポーツカーを開発・生産。軽自動車スポーツ黄金時代を作った。この3種はそれぞれの頭文字をとり、俗に「平成ABCトリオ」と呼ばれる。

しかしその後日本気が後退するにつれビートの新売り上げは落ち込み、1996年には整理種の対となり、惜しまれつつ生産終了となる。

他のオープンカーユーノスロードスター(現:マツダ・ロードスター)や、同じ軽スポーツスズキカプチーノ較して較的短命であったのは、変速機構が5速マニュアルのみであったためではないか、と結論付ける者もいる。丁度ATの精度が上がり、燃費もMTとさほど変わらなくなってきた時代であり、なにより運転が楽と言うことでMTが敬遠されだした頃でもある。クルマの運転そのものを楽しむ時代ではなくなり、やがて他のレジャーに使えるとしてツーリングゴンミニバン全盛の時代へと移り変わってゆく。

ビートの生産中止と歩調をあわせるかのように、他のメーカーラインナップからもスポーツカークーペ、スペシャルティカーが徐々に消えてゆくのであった。

ビート発売当時のホンダインフォメーションページexit

性能諸元表(新車時カタログデータによる)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 21削除しました

    削除しました ID: hRz/rtTR8P

    削除しました

  • 22削除しました

    削除しました ID: hMzgknzLmQ

    削除しました

  • 23ななしのよっしん

    2018/01/27(土) 14:22:34 ID: SccDBf+SFd

    ココだとそんなに騒いでないけれど、ホンダパーツ再生産してくれる様になったぞ! 

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/25(月) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/25(月) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP