今注目のニュース
料理が苦手な45歳主婦、娘が料理上手で「娘と夫が嫌いになりそう」という悩みが話題に 「センスの問題じゃない、努力して」という激励も
食文化の違い。アメリカ人は大好きだけど、他国にとっては奇妙な11の食べ物
台風後、高速道路の通行止めがすぐ解除されないのはなぜ?

ホーウッド(銀河英雄伝説)単語

ホーウッド

掲示板をみる(24)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ホーウッド(Hawood)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。
CV.小川真司石黒監督OVA)、藤井Die Neue These)。

ホーランドではない。全然関係ない。間違えてはいけない。

概要

自由惑星同盟軍人、中将第7艦隊官。
石黒監督OVAにおいてはクリーム色のの中年の指揮官として描かれており、旗艦は<ケツァルコアトル>。媒体によって「ケツァル・コァトル」だったりする表記の安定しない戦艦である。
Die Neue These」では黒髪の壮年指揮官で、艦隊官中ではやや若め。旗艦は<ククルカン>。

原作での登場は作戦前に出征する艦隊の官として名前が上がった程度であり、その末路もキルヒアイスの行動の記述に「すでに第7艦隊を敗走させていたが」とあるのみ。

しかしOVA第14話では、原作でのアムリッツァ星域会戦直前、補給の欠如による「現地調達」によって「第七艦隊の占領地で民衆の暴動が発生した」という僅かな記述を頼りにそれはもう話を広げに広げ、事実第7艦隊役回といえるほどに出番が増加している。いやホーウッドの出番は実は全然のだが、台詞はある。大躍進である。

だがその不遇も「Die Neue These」で解消された。
アムリッツァ前戦において、ホーウッド本人に見せ場ができたのである。

OVA第14話「辺境の解放」

帝国領侵攻作戦においてドウェルグ系に進出した第7艦隊は、帝国の焦土作戦によって食料不足どころか農地すら荒した居住惑星の再建の援助を余儀なくされた。そこでホーウッドが起用したのが、「植物学や土木学に通じている」フランツ・ヴァーリモント少尉、つまり第14話の主人公君である。

ヴァーリモント少尉は地元の住民とともに再建に尽し、豊かな農地を取り戻すことに成功する。しかし、その頃同盟軍が派遣した補給部隊はキルヒアイスの攻撃によって全滅しており、総部からは「物資は現地調達せよ」との示が下ることになった。ホーウッドは論「々に略奪をやれというのか!」と反発したが、現に物資のない状況では「現地調達」を命じるしかかった。艦隊を維持する必要に迫られたからか、「邪魔をするものは叛逆者と見做して逮捕するように」という命も発している。

結果、食料を奪われた地元住民による火器を使用した暴動が発生することになり、重火器や装甲車を持ちだしての鎮圧を図ることになってしまった。絶望したヴァーリモント少尉は知り合った帝国人の少女レーゼワグナーと共に、「もいない、未知の惑星」をめて何処かへと消えた。とりあえず爆発しろ

アムリッツァ星域会戦

先に記述したとおり、原作では「敗走」とあるのみ。生死すら不明だが、以後の登場はない。

石黒監督OVAでのアムリッツァ星域会戦戦ではまったく出番がく、キルヒアイス艦隊に降伏を勧告され受諾したことのみ描写された。補給の欠如から戦闘を失い全な降伏を余儀なくされたのか、あるいはある程度の戦闘の末に降伏したのかといった経緯については不明。

そして「Die Neue These」では……。

Die Neue These第12話「死線(後編)」

概ね原作通りの流れであるがキルヒアイス艦隊に敗れた第7艦隊の具体的な状況が描かれており、九割の損を出してしまい最組織的戦闘不可能となった時点でキルヒアイス艦隊は別の戦場に移動したことになっている。艦列すらまともに整っていないボロボロの残存部隊のなかで、ホーウッドは「旗艦でありながら脅威ともみなされず、捨て置かれるとは……」と拳を叩きつけて屈辱を押し殺し、なにかを決意したような表情を浮かべていた。

第7艦隊を破ったキルヒアイス艦隊は、次にヤン・ウェンリー率いる第13艦隊を標的と定めて交戦を開始。その最中、同盟遠征軍総部から「一時戦線から離脱してアムリッツァに集結せよ」という命が全艦隊部に届く。第13艦隊は命により転進を余儀なくされるが、キルヒアイス艦隊の追撃を受けて少なくない消耗を強いられていた。

そこにホーウッドが第7艦隊残存戦を再編して乱入アスターテ会戦の第4、第6艦隊の惨状からもわかるとおり、九割の損を出し組織的戦闘不可能となった部隊を戦闘にまで再編してみせたのは尋常の手腕ではない。「第13艦隊の撤退を支援する!」エネルギーの残量を顧みずにキルヒアイス艦隊へ突撃を敢行する。その際、「判断を誤るなよ、ヤン・ウェンリーと不敵な笑みを浮かべて独していた(第7艦隊部と総部との連絡が途絶していたが、やはり状況を理解していたのだろう)。

ホーウッドの意思をヤン・ウェンリーは正しくみ取り、第7艦隊と協してキルヒアイス艦隊を挟撃をする幕僚の進言を退け、撤退の方針を曲げなかった。この辛くも正しいヤンの決断に幕僚たちは従い、自分達の撤退を命懸けで支援してくれた第7艦隊将兵にからというわけでもなく、敬礼げた。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 22ななしのよっしん

    2019/05/09(木) 00:53:39 ID: EHZyKBbGuC

    ホーウッドがヤンのために特攻する理由がわからない

    基本的に、この時期のヤンはイゼルローン要塞落としたとはいえ、ロボス閥やトリューニヒト閥とは離れた一介の中将
    前線官ではビュコックとかウランフボロディンとかだけと交流あるだけで、
    他の提督とは仲良くないし、同盟の体質考えたらもともと艦隊持ってた壮年の中将たちからは疎まれててもおかしくない
    ヤンが不敗信仰抱かれて同盟のほぼ全将兵に支持されるのはラグナロック作戦とかそのへん

    そんなヤンに未来を託してもともとヤンと交流あるわけでもないホーウッドが部下諸共特攻するのは違和感がある
    安易に感動シーンとりつけただけじゃないか


    ちなみに「ヤンがもっと頑ってたら帝国領侵攻作戦なんとかなった」という批判も以上の理由から的外れ
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

  • 23ななしのよっしん

    2019/05/09(木) 01:48:13 ID: OSEfra5uwZ

    >>22
    未来を託してとか交流が有るからとかそんな私的な感情じゃないでしょ

    多少損を出したとはいえ3倍の兵相手にいまだ艦隊としての戦闘を維持してる第13艦隊と、ほぼ崩壊した第7艦隊残存戦とを秤にかけて、第7艦隊残余が犠牲になってでも第13艦隊の撤退のほうを成功させるべきである、という戦略的判断の結果であって、後先考えない突撃みたいなものとは訳が違う
    いわばプロ軍事の専門として、それが最善であるという判断を下してるんだよ。だからこそ、第13艦隊がキルヒアイス艦隊の追撃にあわや捕まるという最良のタイミングまで見計らって攻撃をかけたんだし、「判断を誤るなよ」(踏みとどまって第7艦隊を助けようなどという菩薩心を起こすなよ、全部駄になるぞ)といてるわけだ

  • 24ななしのよっしん

    2019/05/29(水) 19:22:40 ID: DBDNeWHhr8

    いくら相手がヤンとは言え、三倍の兵を有しながらも有効な打撃を与えられないまま第13艦隊を逃がしてアムリッツァ会戦への参加を許してしまったのは昔からキルヒアイスへの評価にケチを付けてしまってる不手際だった訳で…
    ホーウッドの見せ場を増やすと同時にその部分を補しようとしたのはDie Neue These一期の中でもかなりの名
    ただキルヒアイスセリフくて説明描写が際立ったのはその分残念だね

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP