今注目のニュース
唐辛子とみせかけてハブ対マングース!? ズームすると見え方が変わる柄イラストがシュールでかわいい
シマウマ、何頭? 富士サファリパークのクイズに目が回る人が続出
エスカレーターで「身体的な事情で立ち止まっている」と示すキーホルダーが話題に 誕生の背景を聞いた

ホーリックス単語

ホーリックス

掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

89年、ジャパンカップ

躍り出ろ、お前を知らない者達の隙を突いて躍り出ろ。

世界を変えるのに3分もいらない。

ワールドレコード、2分222という事件。そのの名は

 ―2012年ジャパンカップCMより

ホーリックスとは、1983年まれのニュージーランド競走馬東京競馬場2400mを2分222で駆け抜けたである。

オグリキャップが片思いしていた事で有名。

概要

Three Legs Malt Moss Trooperという血統。知らん。まじで。ニュージーランドオーストラリアサラブレッドの大産地なのだが、ヨーロッパアメリカとほとんど隔絶された血統が生き残っているので、ホーリックスも五代血統表に知っているがほとんどいない。

非常に評価が低いであったというホーリックス。しかし、実際走らせてみると3歳戦(南半球なので年をまたいでいる)を8戦4勝という上々の成績で終え、翌年には重賞で好走。アワプニゴールドカップ(G2)では大差勝ち。TVニュージーランドステークス(G1)で優勝。見事G1ホースになった。

1989年。この年にはくからジャパンカップへの遠征を視野に入れていたという。DBドラフトステークスでは英国招待ぶっちぎってレコード勝ち。オーストラリアで行われたマッキノンステークスもレコードで快勝。G1二連勝で日本へ乗り込んだ。

ところがこの年のJCは物凄いメンバーが集まっていた。凱旋門賞キャロルハウス。昨年のJC勝ちペイザバトラー。芝12ハロン世界レコードホルダーのホークスター。後に日本に来る事になるイタリアジョッキークラブカップ勝ちアサティス。英国イブンベイ。

そして日本からは前週のマイルチャンピオンシップを恐るべき根性で勝ち取っていたオグリキャップと、そのライバルで長距離はお任せ、も勝って東京適正も問題ないスーパークリーク実は三強の一イナリワン地方最強ロジータオグリと一緒に連闘だったバンブーメモリー実況に名前は呼ばれないけどいたんだけどね。

その中では6歳。しかも聞いた事のい血統の南半球は、大川慶次郎氏があっさり「理ですね」と言いきるくらい視された9番人気だった。

ところが、このレースでホーリックスの名は日本競馬ファン裏に強に焼き付けられる事になる。

ホーリックスは非常に良いスタートを切ったが、外からイブンベイが交わして行く。それを物凄い勢いで追いかけてホークスター。ホーリックスは三番手につける。その直後にオグリキャップスーパークリーク日本ファンの期待を集めた二頭が絶好位を占め、ファン鼓動は高まる。

が、このレース、逃げたイブンベイのペース異常だった。なにせ1800m通過ラップが当時の日本レコードよりもかったのである。しかも3コーナーホークスターが一気に並びかけ、ホーリックスも仕掛けて更にペースが上がる。2000mは1分58で通過。な、なんだこりゃ。見ていたファン日本で見慣れていたレースとのペースの違いにさせた。

イブンベイとホークスターが並んで4コーナーを回り、直後にホーリックス。オグリキャップも仕掛けて歓は最高潮。坂の途中で一気に抜け出したホーリックス。物凄い風車で追い捲るオサリバン騎手。そこへ、

来た!来たぞらのオグリキャップ!オサリバン騎手に負けずにを連打する南井騎手。それに応えて物凄い脚で伸びてくるオグリキャップ満員の東京競馬場は総立ち。中立であるべきアナウンサーまでが「オグリキャップ頑張れ!」と絶叫した。

が、ホーリックスはる。脚が衰えない。ジリジリと追い詰めるオグリキャップ。しかし日本中の祈りも通じず、僅かに届かない。ホーリックスは首差オグリの猛追をぎきったのであった。

府中は溜息と「ものすげぇもの見た」という感動で大きくどよめく。そして、大観衆は見る。掲示板レコード文字。そして2分222の勝ち時計

は?なんじゃそれ?時計壊れてるよJRAまじでもがそう思った。当時、24台ですら「殺人タイム」と言われ、23台なんて計測された事もなかった。そこに飛び出したこの時計。どれほど衝撃的タイムだったかお分かりいただけるだろう。この恐るべきタイムは結局、東京競馬場馬場修されるまで不滅のレコードとして残り続けたのである。

オセアニア調教ジャパンカップに勝ったのは史上初。ランス・オサリバン騎手は「この一戦に、ニュージーランドの、いや、オセアニアの威信を賭けていた」と言った。一大産地でありながら評価がいまいち低かったオセアニアが、凱旋門賞他をまとめて負かしたのである。現地でも「ファーラップ以来の大快挙」と賞賛され、ホーリックスは一躍ニュージーランド英雄となった。

ホーリックスはその後、G1を二勝して引退。繁殖となった。第4ブリューがメルボルンカップに勝つなど産駒成績も優秀だった。2010年にはニュージーランド競馬殿堂入りしている。

セリでは売れ残り、臆病で一頭になると寂しくて房で鳴き続けていたというホーリックス。JCで見せたど根性からは信じられないほど心優しいであったそうである。JCに遠征してきた時あんまり寂しがるホーリックスのために房にはるされ、そこに映る自分の姿をを慰めにホーリックスは異を過ごしたのだという。そう聞くと、あのJCはホーリックスが物凄く色々頑って勝ち取ったのだなぁと思える。日本ファンは「オグリを負かしやがって!」と今でもぶりぶり怒っているが、そんな事言わないであげて。

ちなみにそのオグリキャップ、実はホーリックスに懸想していたという噂があったんである。飼葉を喰う為に飼い葉に顔突っ込んだら、喰い終わるまで絶対に顔を上げない事を常としていたオグリが、ホーリックスが前を通った時だけ顔を上げて彼女を見たんだという。確かにJCではずっとホーリックスの後ろを追走していたが・・・。もしかして、一着がホーリックスじゃなかったら、オグリは二着も危なかった?

一部のファンの間では「オグリとホーリックスのを作って最強を!」という希望もあったのだが、残念ながら実現しなかった。当たり前だが。

彼女の次にJCを制するのは、ウオッカ勝利した20年後の2009年。ホーリックスは2011年死亡。その年にもブエナビスタ)がJCを制している。

関連動画

 

関連商品

ホーリックスに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ホーリックスに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/18(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/18(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP