今注目のニュース
渋谷区でハロウィーン路上飲酒規制条例が成立 「安全で快適な秩序をもってこの街で楽しんでいただくため」
ガチョウの羽をめくったら可愛すぎることになったと話題に!
筋トレ中に「なでて~」 無邪気な猫の様子にあるあるの声殺到

ボウリング単語

ボウリング

掲示板をみる(55)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ボウリングとは、球転がしゲームである。 ぷ ........。iiii

概要

ボウリングゲームを単純に言い表せば「ボールで棒状のものをたくさん倒す」というものである。このような行為の起古代エジプト宗教儀式にまで遡るとされており、棒状のもの=ピンを倒したいという欲望は今も昔も変わらないもののようだ。

"bowling"という名前のは、"bowl"と呼ばれる偏心球を転がして標に近づけるというゲーム"lawn bowls(ローンウルズ)"だといわれている。なお、ボウリングを嗜む者の多くがしばしば気にすることであるが、"bowling"である以上「ボウリング」という表記をされるべきであり、「ボーリング」というのは地質調などのような掘りをすはずだというがある。しかし、今現在もボウリング場の名称自体が「○○ボーリングセンター」や「○○ボール」などとなっている場合もわずかにあり、が浸透しないのも理からぬことかもしれない。また、ごくまれではあるが、「○○レーン」と称するボウリング場もある。

現在のようなボウリングのルールを定めたのは宗教家マルティン・ルターだとされる。当時はひし形に9本並べられたピンを倒すナインピンボウリングが流であり、現在のように10本のピンが正三角形に並べられたテンピンボウリングのスタイルになったのは、17世紀以降に宗教家などがアメリカに渡ってからのことである。

日本では1861年6月22日長崎で初めてのボウリング場がオープンした。これを記念して6月22日ボウリングの日とされており、ゲーム代が安くなったりしている。1970年頃には中山律子2016年現在日本プロボウリング協会会長)などのスターが現れてボウリングブームが起こったが、その後ブームは収束し、近年は経営難からボウリング場の閉鎖が相次いでいるが、「ラウンドワン」などの大複合スポーツレジャー・アミューズメント施設などが進出してきている。また、1990年以降には東海地方のとあるボウリング場がギネスに載ったこともある。

また、テレビゲームとしてのボウリングも登場しており、DSだれでもアソビ大全などに収録されている。

スポーツボウリングについて

ボウリングはレジャーでありかつスポーツでもある。一般の人がぶらりと遊びに行ってわいわいと楽しんでいる裏で、全のボウリング場の多くに所属のボウラーがいてにボウリングに取り組んでいる。学生ボウリングもブームの頃にべれば規模は縮小したものの続いている。いわゆる「手首に何かつけている人々」である。(注:何もつけない人も多い)
こういった形で一定期間スポーツボウリングに触れてしまった人々の一部は、レジャーとして一般の人とボウリングに行った際に「スペアのことをカバーと呼ぶ」「スペアでは喜ばない」「ストライクなのに首をひねって戻ってくる」といった症状を見せることがある。

マナーについて

一般人だろうとなんだろうと、ボウリングにおけるマナーは守るべきである。少なくとも以下のものは最低限気にしたいところである。

  • 足がファウルラインえないようにすること。ボールが転がる部分(レーン)にはオイルが塗ってあるため、ファウルラインえるとボウリングシューズに油がつくことになる。レーン自体でもオイルで滑って転ぶ危険があるが、そのまま投球時に歩く部分(アプローチ)を歩いて戻ってくるとそこにもオイルがつき、自分のみならず他の人が転倒しやすくなるおそれもある。また、大抵のハウスにはファウルを検知する電管が付いており、ラインえるとセンサーでブザーが鳴ったり、レーンに設置してあるランプが点したりするが、常にファウル上等で投げているレジャープレイヤーから苦情が出るため基本的に常時作動させてあるハウスは少ない。
  • ロフトボールをしないこと。ボール中に放り出すように投げることロフトボールと言う。スコアには影がないが、これをすると、バンッ!!と音を立ててボールが着地して転がるので周りの人がビックリする。また、ボールが傷ついたり(割れたり、欠けたり)レーンが傷ついたり、んだりする一番の原因でもある。フックカーブをかける為にプロウラーハイスコアラーの人たちが意図的にすることもあるが、初心者は出来るだけ避けたほうがいい。どうしてもそうなる人はボールの重さがあっていないか染んでない、または投げ方があっていないかどちらかである。
  • 靴下を必ず履く(持参する)こと。場はサンダルハイヒールで来てシューズに履き替える人が多くほとんどが靴下を持参してきていない。レンタルシューズは多くのお客さんが使うため、靴下を履かずに投げるとかなり不潔で次にシューズを使うお客さんに迷惑をかける。もし忘れてしまった場合は使い捨て靴下フロントプロショップ100円程度で売っている。
  • 過度の奇を上げないこと(ギャーギャー騒がないこと)。友達サークル間のコンパやミニ大会をやる人でよくストライクやスペアを取るとき、8ピン以上の好投をしたとき、よくギャーギャー騒いでうれしがる人がいる。仲間でうれしがるのもいいのだが、ボウリング場には他の人も投げており、あなたたちだけのボウリング場ではありません。
    とくに常連客の中にはガチのボウラーが居ます。
    「自分のは気にならないが、他の客のは良く聞こえる」
    という言葉もあります。
    騒ぐのは出来るだけ控えて拍手やハイタッチ程度にしましょう。
  • すぐ隣のレーンの人と同時投球をしないこと。右レーン優先。基本的に隣のレーンとの同時投球は接触事故のおそれがあり危険である。例えば右投げのボウラーが10番ピンを取る際はレーン左端から対線に投げるのが定石とされるが、その状態でお構いなしに左レーンの投球者が投球すると大変危険なことに。
  • レーキが上がりきる前に投球をしないこと。レーキは強い衝撃に耐えるように設計されておらず、もしレーキが下がったままで投げたりすると壊れたり変形することがある。また修理にもかなりの費用がかかるため注意が必要である。
  • ボウリングシューズでトイレに行かないこと。アプローチを汚す原因になる。同様にアプローチでの飲食は厳禁である。アプローチ(特にファウルライン手前)が滑らなくなると助走中に躓くおそれが高まり危険である。
  • ゲームを終了したらきっちり後片付けをする。しばしばボールボールリターンに置いたままにしたり、飲食物やおしぼりをボーラーズベンチに置いたままにしている人がいる。これでは次のお客さんに迷惑がかかり、マナー違反。

ボウリングもニコニコ動画も、自分が楽しむこと、そしてみんなが楽しめるようにすることが大事である。

スコアの目安レベル

スコア レベル
100UP前後 一般(初心者)アベレージ程度
130UP前後 一般(中級者)アベレージ程度
190UP以上 女子プロテストに合格できるレベル
200UP以上 男子プロテストに合格できるレベル
220UP前後 女子プロウラーと渡り合える、または勝利できるレベル
250UP前後 男子プロウラーと渡り合える、または勝利できるレベル
300UP(満点) パーフェクトゲーム

ストライクを出すコツ

ストライクを出すにはコツがいる。ただどん中に向かってっ直ぐ投げてもいいがそれではストライクの成功確率が低く、逆にスプリット(間隔がありスペアの難易度が上がる)やタップ(1本だけ残る)ピンを出す確率を高くしてしまう。

ストライクの成功確率を上げるにはまず、右投げならば1番ピンと3番ピンの間を、左投げならば1番ピンと2番ピンの間を狙う。そしての一辺に対して球筋を直にして当てるように投げるのだが、ただっ直ぐ投げては上記と同じようになり意味がない。

そこでボール曲げる必要がある。ボウリングにはでキュッと左に曲がるフックと、手前から大きく弧を描くように曲がるカーブがある。左利きの人は逆向き。なお、フックカーブの投げ方は下記にあるこちらのサイトが詳しく説明してあるので一読することをオススメする。なお、ボールが狙い通りに当たらないなどコントロール不十分な人もこのサイトに基本的な投げ方が載っているので一読することをオススメする。

上記サイトの方法を手本にして投げ、1番ピンと3番ピンの間に当てると、ボールはまず1番ピン→3番ピン→5番ピン→9番ピンの順に倒して行き、倒れたピンはドミノのように残ったピンを倒していきます。(1番ピンは1→2→4→7、3番ピンは3→6→10、5番ピンは5→8というふうに)そして結果的にストライクになる。

また、これ以外の方法として裏技があるのだが難易度は高く、ストライク成功確率は少し下がる。ボールをさらに曲げて1→2→4→7(1→3→6→10)というふうにの一辺に沿って当てていく。そうすると当てた辺の対に向かってドミノのように倒れていきストライクとなる。

ボウリング用語

基本用語

用具・施設用語

  • ピン…そっくりそのまま。マトリョシカのような形状のアレ。10本ある。
    • ヘッドピン…1番ピンのこと。一番先頭にあることから。
    • キングピン…5番ピンのこと。中央にあり、周りのピンに守られているように見えることから。
  • ボール…ボウリングのボール。重さはグラムではなくポンドで表される。一番軽いもので4ポンド、一番重いもので16ポンドある。最近は初心者子供用の5本ボールがある。ごくわずかにマイボールを持ってる人も。
  • レーン…ボウリングの投げて滑らせるための通路。協会公式では、長さ23.72m、幅1.066mある。路面は木製、またはプラスチック製。表面には専用のオイルが塗ってあり、このを利用して投擲者はフックなどをかける。
  • ガター…レーンの両端にある溝。ガーターと表記するのはボウリングをボーリングと表記するレベルでの間違い。2回溝に落ちるとガターとなり、そのフレーム得点となる。1回落ちてそのあと全て倒すとスペアとなる。最近ではバンパーと呼ばれるフェンスのようなものが取り付けられているボウリング場が増えてきており、小さな子供でもしっかり倒せるようになっている。
  • ファウル/ファウルライン…上述。
  • レーキ…倒れたピンをへ押し込むバーのようなもの。バーには大抵ボウリング場名や広告が銘打ってある。テレビ番組が放送されるときは格好の宣伝場所となる。
  • アプローチファウルラインより前の場所。ここで助走をつけてボールを投げる。席のある床より一段高くなっていることが多い。ここにオイルが付くとシューズの滑りが安定せず危ないので、スタッフに頼むと拭いてくれるボウリング場がある。なお、投げもせずにここに立ち続けるのは隣のレーンの人の邪魔となるため、マナー違反。というか正直危ない。
  • シューズ/ボウリングシューズ…ボウリング専用のシューズ。大抵は有料レンタルしており、ごくわずかにマイシューズを持ってる人もいる。
    レンタルとマイシューズとで大きく違うのが靴底である。
    レンタルシューズは両足ともある程度滑る靴底であるが、
    マイシューズでは利き手側は滑らず、軸足(利き手と逆側)のみが滑る靴底になっている。つまり右利き用と左利き用とがある。
    安いものは3000円程度で買えるので、そこそこボウリングに行く人ならマイシューズを買えば10回行けば元を取れたりする。
    競技ボウリングを志す方は、まずマイボールよりマイシューズを先に買うことをお勧めする。
  • ボウリングショップ/プロショップ…ボウリング専門用品を売っている場所。大抵はフロントに併設してある。ここでマイボールやマイシューズを発注チューニングすることもできる。

ゲーム用語

上級用語

ゲーム方式

プロボウラー

現在日本世界に数え切れないプロウラーがいる。プロウラーとはボウリングを生業としている人たちであり、スポーツ、例えば野球でもプロ野球が存在するように、ボウリングにもプロボウリングが存在する。大抵は地方各地のボウリング場に所属しており、スタッフと共に仕事をしている人もいる。成績優秀な人はこれで食っている人もいる。プロになるにはJPBAが各地で催する過酷なプロテストに合格しなければならない。

ドリラー

ボールメンテナンスをしたり、を開けたり、の大きさをチューニングする専門職の人。プロショップスタッフがやっていることが多い。これはプロウラーと同じく、JPBA(日本プロボウリング協会)からのライセンスがないといけない。

もしかして

地質調などの理由で、地面に円筒状のを開けてサンプルを採取する作業をボーリング(boring)と呼ぶ。
球技のボウリング(bowling)とは区別しなければならない。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

掲示板

  • 53ななしのよっしん

    2019/02/27(水) 21:40:33 ID: fejr0hxOUi

    >>51
    最後は自分のメンタルなのは間違いないけど、対人要素がゼロってのはちょっと違う気がする。
    言葉とかジェスチャーで相手を威嚇、挑発するのは論外だけどね。

    大会だとオイルを削ってラインの潰し合いとかは意図せずとも普通に起こり得る。自分で同じとこばかり投げてオイルを削って自滅っていうのもあるけど。
    そのコンディションでポケットヒットするラインを1本しか見つけられてない場合なんか、ラインが消えたらあとは悲惨。
    逆に同伴競技者がいい感じにオイルを削ってくれて、そこにハマると普段以上にすごい点数になることもある。
    少なくとも、一人で上手くなれるスポーツじゃないのは確か。

  • 54ななしのよっしん

    2019/02/28(木) 00:59:16 ID: fejr0hxOUi

    もちろん、レンコンのせい、他人のせい
    そんなことでは競技ボウリングはダメだけどね。
    理解が難しいと思う。対人ばかりでもないし、自分だけの世界でもない。自分自身、わからない。本当に難しい。

  • 55ななしのよっしん

    2019/03/14(木) 02:59:51 ID: fejr0hxOUi

    練習行ったらレーキにぶち込んだレジャーボウラーで萎え
    音もでけえし機械も止まるし勘弁してくれ

    二投く投げる為だけにボールを複数用意するのは勘弁…

急上昇ワード

最終更新:2019/06/20(木) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/20(木) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP