ボクサーサウンド単語

ハイキカンショウオン

2.7千文字の記事
掲示板をみる(20)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日本においてボクサーサウンドといえば、レガシィインプレッサフォレスター、更に遡ればレオーネ等の、水平対向エンジンを搭載したかつてのスバルの代名詞ともいえる独特のサウンドすことが多い。
「ボボボボボ…」「ズドドドド…」など人によって表現は様々。

現在製造されるスバルマシンにこのサウンドめることはできない。

概要

なぜあんな特徴的な音が出るのかというと答えは簡単で、単にエキゾーストマフォールド(以下、エキマニ)の長さがっていないためである。
水平対向エンジン180度Vエンジンといった類はその構造上、他のエンジンべてエキマニの取り回しに苦労しやすく、結果的にどうしても一部のシリンダーから伸びる配管が他の配管よりも長くなってしまう。そのため、燃焼を終えたガスが排出される際に他のシリンダーから排出されたガスとが各シリンダーから伸びて集約されたエキマニの集合部でぶつかり互いに抵抗となる(これを排気干渉という)。
この干渉こそが、独特の「ボボボボ」という音の正体で、具体的に言うと、エキマニは4本or6本(各シリンダー毎のパイプ)→2本(初めの集合)→1本(タービンや触媒の直前)の順で集合する。その最後の1で干渉したときの音がコレ。エキマニの長さがっていなければいないほどこの音は大きくなる傾向にあり、当然ながら他のレシプロエンジンディーゼルエンジンでも全に長さが均一というわけではないので、厳密に言うと微かながら発生している。
要は、既存のレシプロエンジンえる回転効率と低振動化をして設計した際、他の補器類を熱で壊さないように、または機をジャマしないようにエキマニを取り回した結果、偶発的に生まれた副産物といえる。

ボクサーサウンドとまで言われた理由を日本だけに焦点を当てた場合、とりわけスバルが開発したEA、EJ、EZエンジンが該当する。これらは当時の排ガス基準を合格するために触媒を大きくせざるを得なかった為、エキマニのとり回しが更に複雑になったので「ボクサーサウンド」=「スバルの特徴」とまで言われるようになった所以となっている。
特にターボチャージャーを搭載したEAやEJエンジンでは、排気管の取り回しや触媒の制約が大きかったことから、ボクサーサウンドが立つ傾向が強い。

弊害

排気抵抗が大きいということは、それだけエンジンが回りにくくなることへ直結するため出が落ちてしまう。片方のシリンダーではスムーズに排気されても、他のシリンダーから排気されたガスがジャマをするので、双方の排気時期に差が生まれて必要以上の排気抵抗→出の低下へと繋がってしまう。
この抵抗を減らすにはエキマニの長さを極えられればいいのだが、そうなると、今度は上記にあるように排ガス規制を合格できなかったり、ファンする排気音が消滅するといった面と向き合うことになる。
更に突き詰めていくと、排ガスはむやみやたらと抵抗なく排出できればよいと言うわけでもなく、適度に抵抗を残さないと低回転時にトルクを稼ぐことができず、スカスカになってしまう。クルマチューンアップ初心者や、単に爆音当てでマフラーを変えた人が「マフラー変えたら走り出すときにエンストしやすくなった」などと言った場合、まさに排気抵抗が小さくなり過ぎて下のトルクくなってしまった拠といえる。

コレを人間に例えてみよう。
重いものを持ち上げたり、間的に大きなを使うような仕事をするときに息を止めて踏んるが、これは「呼吸」という排気を妨げて肺に空気を一時的に溜めることによってを搾り出している。
この「息を止める」という事こそが排気抵抗と同じであり、エンジンも同様に、本来の出を出すまでに大きなを必要とする際には、それなりの抵抗必要不可欠となる。

なぜ消えた…

エンジンの構造を見直すことによって、それまで駄に幅を利かせていた補器類をより小さく収めることができたほか、研究によって触媒の排ガスの浄化性が向上したことによってエキマニのとり回しが、それまでのレシプロエンジン並みに均一にすることができ、排気抵抗を小さくできたことが挙げられる。スバルはこのエキマニを独自に「等長等爆エキゾースト」と呼び、低回転でのトルクを犠牲にすることなく更に向上させ、更に全回転域において、よりエンジンレスポンスを良くさせることに成功した。

スバルでは等長等爆エキゾーストを2000年代前半からインプレッサレガシィへと順次導入していき、ボクサーサウンドを鳴らすスバルは急速に減少していった。
2010年代には、ボクサーサウンドが聴けるスバルは不等長EJ25ターボを搭載する3代インプレッサWRX STI A-Line(GRF/GVF)、不等長EJ20ターボを搭載する3代フォレスターターボ(SH5 XT)およびエクシーガターボ(YA5 2.0GT)のみとなった。

その3種も、モデルチェンジ及びマイナーチェンジにより不等長ターボエンジンの搭載グレードがなくなったことから、現在、新でボクサーサウンドが聴ける種は存在しない。

だがやはり、「多少の性低下はを瞑るが、あの音は復活させて欲しい」と思うボクサーサウンドも少なからずいるはずである。

アンチの存在

全てのスバル好きがこの音を好んでいるわけではなく、やはり「ドコドコうるさい」と忌み嫌う人もいるので、インプレガシィに詳しい=音が好きと一括りにできないのが現実
な理由を挙げるとすれば、特徴的な音であることもさることながら、エキマニ→触媒→マフラーと、接続されるパイプの長さが災いして低音が非常に大きくなり、装着しているマフラー次第では、まさに全身が低音に叩きつけられるような不快な爆音と捉えられることもある。特に触媒の中身をくり貫いたりした直管フルエキのマシンは、その排気量と相まってかなりの音となる。

低音は向性を持たないのでどこから聞こえてくるか分かりにくいこともあり、みんなが寝静まった深夜などにこのような音がすると、かなり障りであるため、周辺住民との余計な摩擦を避けるためにも、節度を守って楽しみたいものである。

その他

今日日本ではボクサーサウンドというと昔のスバルの排気干渉音をすことが多いが、海外や一部の日本人においてはボクサーサウンドというとポルシェ水平対向エンジンが奏でる甲高い音をすこともある。好き同士の会話の際には留意する必要があるかもしれない。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 18ななしのよっしん

    2017/12/10(日) 22:08:14 ID: 1ew9yxESEo

    極端に言えば
    都会に住んでたら駐車場代がバカにならないわ止めるどこないわ
    渋滞しまくって動けへんわでクルマなんかいらなくね?
    って言ってしまいかねないぞ?
    欠点があるなら捨ててしまえの考えはただの大馬鹿野郎だ。
    てめぇで勝手に効率のケツを追いかけていれば良い。
    そのころに幸福はいづこへ行ってしまうが

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 19ななしのよっしん

    2018/01/21(日) 07:09:12 ID: icM3JOqFnb

    自分も好きな類の人間だけど、嫌いは正義じゃないって事を
    よく分かってないと思う。こっちは別に好きを押し付けるつもりもないし嫌いなら「ああ、おうか。そりゃ仕方ないよな」としか思わない。だけど嫌いを振りかざして価値観を他人に強要するのは
    間違い出しされる覚えもない。こっちが好きを押し付けたなら
    ともかくとして

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 20ななしのよっしん

    2018/11/04(日) 19:40:09 ID: jM6f5336RR

    名探偵コナンでもこのサウンドから種を特定するシーンがあったな

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/01(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/01(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP