今注目のニュース
VTuber「ゲーム部」声優、やっぱり変わっていた 運営社が発表、残る2人も変更へ
働く母親に「遠足のお弁当を作って」と言えず…… ある家庭の事情を描く漫画が涙なしに読めない
【ナニコレ?】「茶碗などの底の、輪形に突き出した部分」のなるほどな名前

ボリビアバグ単語

ボリビアバグ

掲示板をみる(81)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ボリビアバグ(Bolivia bug)とは、茅原実里が好きな毛である。

WebラジオMinorhythm」第30の放送にて、開始5分あたりから長々と4分ほどボリビアバグの魅についてっている。

概要

ボリビア共和に生息することからこの名がある。学名はMegalopyge opercularis[1]。ニレ、オークリンゴオレンジアーモンドバラなど様々な木に生息する。

ちなみに、ボリビアバグのです。触ると痛が走り、腫れ、発ぶくれ、吐き気、頭痛、腹痛等の症状が顕れ、最悪の場合は呼吸障などの重篤症状に襲われ死亡する可性があるので、いくら見たモフモフしているからといっても絶対に触ってはいけません。

見た目

、つまり幼の状態では一見柔らかな毛皮に覆われたかのような見たをしており、なんとなく「となりのトトロ」のネコバスっぽい(英語版Wikipediaでは「小さなペルシャのよう」と形容されている)。
そのことから英語では「southern flannel moth(フランネル[2]みたいな南方)」「puss caterpillar子猫みたいな毛)」などとも呼ばれる。

成長してになってもモサモサした毛に覆われている。なのでよりっぽくなるが、人によってはむしろ成の方が可愛いと感じるかもしれない。ちなみに成でも猛を持つためやはり触れない。
詳しくは関連リンクWikipedia英語版に掲載されている画像参照(この手のものに耐性のない人は見ないほうがいいかも)。


  緑目 体の画像
     (※注意)

        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓




















 

関連動画

みのりんは、毛のふさふさ加減にやられてしまったようです。

確かにかわいいのだが、しかしこの毛は好き嫌いが分かれるところである。嫌いな方は注意が必要。

関連項目

 外部リンク

脚注

  1. *Megalopygeは「尾節の巨大な」、opercularisは「弁蓋」あるいは「エラブタ」の意。
  2. *生地の両面が起毛された柔らかな毛織物。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP