ボルシア・ドルトムント単語

ボルシアドルトムント

6.9千文字の記事
掲示板をみる(40)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ボルシア・ドルトムントBV Borussia 09 Dortmund)とは、ドイツブンデスリーガに所属するサッカークラブである。

本拠地はノルトライン=ヴェストファーレン州ドルトムントホームスタジアムはジグナル・イドゥナ・パルク。

概要

ボルシア・ドルトムント
所属リーグ ブンデスリーガ
創設 1909年
ホームタウン ドルトムント
ホームスタジアム シグナル・イドゥナ・パルク
(80,720人)
クラブカラー
代表者 ラインハルト・ラウバル

1909年に18人のサッカー選手によって設立されたクラブであり、ドイツ内のリーグ戦を8回、DFBポカールを3回制覇しており、1996-97シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグを制覇した実績を持つ名門チームである。“バルシュピール・フェライン・ボルシア”(ボルシアの球技クラブ)の略である「BVB」と表記されることもある。「ボルシア」はラテン語で「プロイセン」を意味する。これは、ドルトムントが設立当時プロイセン王国に属していた事や、近くにあるボルシア醸造所という名称から取られた。

近年は、強クラブというイメージが定着しているが、1972年代に2部降格、2000年代には経営難から破産危機に直面するなどこれまで何度も苦難を味わっており、そのたびに不死鳥のごとくってきた歴史がある。ユルゲン・クロップ監督2011年2012年チームリーグ連覇に導いて以降は、優秀な若いタレントを次々と発掘し、UEFAチャンピオンズリーグに毎年出場するようになった。一方で育ったタレントを毎年のように引き抜かれており、近年はドイツ第2の強という立場ながらもバイエルン・ミュンヘンタイトル独占を許してしまっている。

ドイツ内ではバイエルン・ミュンヘンと並ぶ人気チームであり、地元以外にも多くのサポーターがいる。ホームスタジアムでの試合の均観客数は75000人であり、この記録ヨーロッパNo.1である。ホームでの試合にはゴール裏にドルトムントユニホームドルトムントメインカラーである黄色の洋を着たファンが2万人近く集まり、黄色のようになって応援する。

同じルール工業地帯に属するゲルゼンキルヒェンに本拠地を置くシャルケ04とはしいライバル関係にあり、両チームの対戦はルールダービーレヴィダービーと呼ばれ、ドイツでも最も熱狂的なダービーマッチとして知られている。また、2010年代以降はバイエルンに対抗できる存在と認識されるようになったこともあり、バイエルンとの対戦はデア・クラシカーと称されるようになり、ドイツナショナルダービーとして注されている。

日本人選手としては香川真司2010年から2012年2014年から2019年に在籍。特に2010-11、2011-12シーズンに連覇を成し遂げた際にMVP級の活躍を見せており、地元サポーターからは現在でもアイドル的な存在としてされている。香川の活躍によって日本における知名度も飛躍的に上昇している。

歴史

1909年、教会運営していた厳しいサッカークラブに不満を持っていた少年グループが設立したことに始まる。ドイツサッカー選手権では1955-56シーズンに初のリーグ制覇、翌シーズン優勝し連覇を達成。ブンデスリーガ発足後には1962-63シーズンリーグ優勝を果たし、1964-65シーズンはDFBポカールを初優勝1965-66シーズンにはUEFAウィナーズカップを制している。ちなみに、旧西ドイツチームでは初めてのUEFA催の大会でのタイトル獲得でもあった。

しかし、1967-68シーズンに14位と低迷したのを皮切りに1970年代からチームは低迷期に入る。1971-72シーズンには17位に沈み2部に降格。そこから4シーズンを2部で過ごすことになる。1975-76シーズン2位になったことで1部復帰を果たすが、1980年代に入ってからの長い間中位が定位置チームとなる。1988-89シーズンにDFBポカールを制するまでの23年間はタイトルとは縁だった。

1990年代に入り、ゲルトバーニウムが会長に就任したことでチームに大きな変化が生じる。シュテファンロイター、マティアス・ザマー、カールハインツ・リードレといった外でプレーしていたドイツ代表選手を次々と獲得し、1990-91シーズンにオットマー・ヒッツフルト監督として招聘。ヒッツフルト導によって毎年バイエルン・ミュンヘン優勝を争うチームにまで成長すると、その後もセリエAで活躍していたユルゲン・コラーやアンドレアスメラーが加入したことで戦が充実。1994-95シーズンに32年ぶりのリーグ優勝を果たすと、1995-96シーズンには連覇。さらに1996-97シーズンには多くの下評を覆し、当時世界最強チームと言われたユヴェントスを倒してUEFAチャンピオンズカップ優勝を成し遂げる。さらにこの年のトヨタカップでも初優勝を果たし、

欧州制覇したのち、ドイツクラブでは初めて株式上場を果たすも、ヒッツフルトの退任、放出チームの大柱だったザマーの大怪により再び低迷し始め、1999-00シーズンに降格の危機される。その後、引退したザマーが監督に就任しチームの立て直しに着手すると、2001-02シーズンには得点王にいたマルシオアモローゾ、トマシュ・ロシツキの活躍もあってリーグ優勝を果たす。翌年にUEFAカップ決勝にコマを進めたが、当時小野伸二が所属していたフェイエノールトに敗れてしまう。

その後は株式上場などの経営戦略が裏に出てしまい、巨額の負債を抱えて経営体が失われ破産寸前に追い込まれ、ニーハウム会長チームを追われることに。2006年には本拠地のネーミングライツを売却する羽になり、チームの成績も中位に低迷する時期が続く。

2008年ユルゲン・クロップ監督に就任。この頃、チーム内外から有望な若手を次々と獲得し、彼らをクロップが育てあげることで低迷していたチームは徐々にをつけていった。クロップは、本来は受け身のはずのカウンター攻撃を自分たち導で発動できる「ゲーゲンプレス」と呼ばれる戦術を若い選手たちに浸透させ、素い攻守の切り替えから人数を割いたダイナミックな攻撃による魅的なチームを作りあげる。そしてマッツ・フンメルス、ネヴェン・スボティッチ、ヌリ・シャヒン、香川真司マリオ・ゲッツェロベルト・レヴァンドフスキイルカイ・ギュンドアンといった23歳以下の若手がクロップの手によってブレイクした2010-11、2011-12シーズンブンデスリーガ連覇を達成。特に2011-12シーズンバイエルンとの直接対決で3戦全勝し、内二冠を達成する璧なシーズンとなった。2012-13シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ決勝まで進むが、バイエルンとの同対決に敗れ準優勝となっている。

クロップの戦術は世界中で模倣するチームが現れるほど大きなを与えるが、同時に他チームによる研究が進むようになる。加えてチームの財政事情もあり香川レヴァンドフスキゲッツェといったが毎年のように引き抜かれてしまい、連覇をピークにチームは低下するようになる。特にエースレヴァンドフスキバイエルンに移籍したは深刻で、2014-15シーズンは前半戦を最下位で折り返すほどの不調に陥ってしまう。チームに復帰した香川マルコ・ロイスピエール=エリックオーバメヤンの活躍で後半戦盛り返したが、7位に終わりクロップチームを去ることになる。

2015年クロップの後任としてトーマス・トゥヘルが就任。トゥヘルクロップの戦術をベースとしながら、ボール保持の概念を持ち込んだり、3バックを採用するなど柔軟で多な戦術を採用。だが、この時期もの流出は止まらず、フンメルス、ギュンドアン、ヘンリク・ムヒタリアンといったが引き抜かれたことでチーム作りの見直しを余儀なくされた。2016-17シーズンにDFBポカール優勝を果たしたものの、フロントとの確執が表面化したトゥヘルは2年で退任となる。その後もブンデスリーガでは上位を維持していたが、バイエルンとのチームの差は埋まらず、アーリング・ハーランドやジェード・ベリンガムといった有望な若手がチームに加わっても獲得できたタイトルは2020-21シーズンのDFBポカールのみとなっている。

タイトル

国内タイトル

国際タイトル

現在の所属選手

背番号 Pos. 選手名 生年 加入年 前所属
- 監督 エディン・テルジッチ 1982.10.30 2022 ドルトムントTD
1 GK グレゴール・コベル 1997.12.6 2021 シュトゥットガルト
2 DF マテウ・モレイバウ 2000.3.2 2019 バルセロナB
4 DF ニコ・シュロッターベック 1999.12.1 2022 フライブル
6 MF リフエスジャン 1998.1.11 2022 ケルン
7 MF ジョヴァンニレイ 2002.11.13 2019 ドルトムント
8 MF マフムド・ダフード 1996.1.1 2017 ボルシアMG
9 FW セバスティアン・ハラー 1994.6.22 2022 アヤックス
10 MF トルガン・アザール 1993.3.29 2019 ボルシアMG
11 FW マルコ・ロイス(C) 1989.5.31 2012 ボルシアMG
13 DF ラファエル・ゲレイ 1993.12.22 2016 ロリアン
14 DF ニコ・シュルツ 1993.4.1 2019 ホッフェンハイ
15 DF マッツ・フンメルス 1988.12.6 2019 バイエルン
17 MF マリウス・ヴォルフ 1992.4.10 2022 リヴァプール
18 MF ユスファ・ムココ 2004.11.20 2020 ドルトムントユー
19 DF ユリアンブラン 1996.5.2 2019 レヴァークーゼン
20 FW アントニー・モデス 1988.4.14 2022 ケルン
21 FW ドニエル・マレン 1999.1.19 2021 PSVアイントホーフェン
22 MF ジュード・ベリンガム 2003.6.29 2020 バーミンガム
23 MF エムレ・ジャン 1994.1.12 2020 ユヴェントス
24 DF トーマス・ムニエ 1991.9.12 2020 パリ・サンジェルマン
25 FW クラス・ジューレ 1995.9.3 2022 バイエルン
27 FW カリム・アデイェミ 2002.1.8 2022 ザルツブルク
30 MF フェリックス・パスラック 1998.5.28 2016 ドルトムント
32 MF アブドゥライェ・カマラ 2004.12.6 2021 パリ・サンジェルマンユー
33 GK アレクサンダー・マイヤー 1993.4.13 2022 レーゲンスブル
35 GK マルセルロト 2001.5.25 2022 ヘルタ・ベルリン
36 DF トム・ローテ 2004.10.29 2022 ドルトムント
38 GK ルカ・ウンベハウン 2001.2.27 2020 ドルトムント
42 MF ギョクタン・ギュルピュス 2003.1.22 2022 ドルトムント
43 FW ジェイミー・バイノー=ギッテンス 2004.8.8 2022 ドルトムント
44 DF マイラクリバリ 2003.10.14 2021 ドルトムント

過去所属していた主な選手

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/03(月) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/03(月) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP