今注目のニュース
吉岡里帆、スペインの生ハムに感激「永住あるかもな」
東京五輪マラソン、300億の暑さ対策が水の泡 千原ジュニア「東京駅の地下を走ったらええ」
千曲川で支流氾濫の恐れ 長野市が7地域に避難呼びかけ

ボンバーm@ster単語

ボンバーマスター

  • 0
  • 0
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ボンバーm@sterとは、ゲームスーパーボンバーマン5」を題材とするim@s架空戦記シリーズの一つである。

製作者は黒ボンP

概要

765プロアイドルたちが、アクションゲームスーパーボンバーマン5』で対戦を繰り広げる傍ら、アイドル(もしくは補生)として活動する様子を描いた作品である。小鳥さん亜美真美ゲームで勝つために事務所に『スパボン5』を持ち込み、彼女の発した一言から「ボンバーマンで負けたらアイドルデビュー」(社長認)という賭けをすることになる。

・・・・・・と、ここまで書けばお分かりいただけた人もいるであろう。この動画介党鱈P制作の「ぷよm@s」のパロディ作品である。
黒ボンPの「『ぷよm@s』のスパボン5版が見たかった」という動機から、作者が持つボンバーマンの知識とテクニックをふんだんに活用し、アイドル達の闘を描く。

参考としている攻略本は「ボンバーマンマニアックス」。内容は「スーパーボンバーマン3」までのものしかないが、それでもほとんどのテクニックはこれで得られると言われている。

765プロスパボン5タイマンランキング

Part5にて小鳥の提案により、ボンバーマンの実ランキング形式にすることとなった。
1日1回、”現在事務所にいる中で”ランクが一つ上のアイドルに挑戦でき、勝てばランキング入れ替えとなる。
対戦形式は5本先取・制限時間2分・サドンデスなしのタイマン。

最初のランキング小鳥による評価で決定された。以下がそのランキングである。

順位 名前 備考
CP 小鳥 ロナサイトラ等の基本的な技はもちろん、連続ロナや打撃、ハネルーイでの爆回避といった
高度なテクニックを使いこなす。周辺視野も高く、攻防共に隙がほとんどない。
1 あずさ スパボンバトルが始まったころはそれほど強いわけでもなかったが、小鳥との対戦を繰り返すうちにそのプレイを盗み、次々と自分のものとしている。
ゲーム上ならば迷子にならないのかそのプレイングは非常に高度で、特に投げ・パンチでの打撃が正確真美との初ランキング戦ではストレート勝ちこそ逃したものの、引き分けに持ち込むことでが付くのは防いでいる。
2 真美 ロナを中心とした積極的な攻めのスタイルを取る。亜美よりも周辺視野が優れていることから
小鳥真美の方が上と判断。
プレイスタイル自体は上級者の域ではあるものの、あずさの多な戦術を見切ることができず、初ランキング戦では1勝もできずに敗退した。
3 亜美 真美と同じくロナによる攻撃をメインとしている。周辺視野の広さでは真美に劣るためランキング上は下についているが、ロナテクニックはわずかながら真美より上とされる。
短期間で爆弾格子蹴りをマスターしたことはPをも驚かせた。
4 美希 ボンバーマンマニアックスの記述から「起爆パンチ」を編み出すも、確実に使いこなせていないため亜美との対戦では敗北。以降は一時的に封印している模様。
事務所内では最もボンバーマンに熱中しており、亜美真美を相手に対戦を挑んではなかなか開放せず困らせている。
5 千早 アイテムをあまり使わない「置きボン」をメインとした戦法をとる。
プロデューサー南により周辺視野と脈把握の訓練を中心に行っており、その一環で「ばら撒き」をな攻め手としている。
ルーイを使った自爆特攻をする等、ランキング発表時よりも上達しているようだ。
6 春香 最初のうちはスパボン3までの経験者ということで事務所内では強い方だったが、キックでの単調な攻撃を繰り返してばかりなためサイトラに弱いという致命的な弱点があり、対策を講じられてからは亜美真美にも劣るようになった。
結果、ランキングが作られる頃にはご覧のとおり下位に落ち着くことになる。
7 やよい 伊織雪歩と共にかませ犬トリオの一人だったが、小鳥導で「タメ投げ」をマスターしたことで勝ちパターン確立し、くも一抜けしている。
とはいえ、グローブがなければ勝てないので地そのものはにも劣り、高ランクには遠く及ばない。
8 劇中での対戦シーンはまだない。
動きがぎこちなく、ロナを失敗して自爆することがおおいようだ。
9 伊織 最初期はやよいより若干上の実だったが、やよいがタメ投げを習得したことにより追い抜かれた。
視野が狭く、相手の動きを読めないためランキングではブービーとなってしまったが、
Pや小鳥講座により知識をよく蓄えており、劇中では解説サイドに回ることが多い。
10 雪歩 こちらも対戦シーンはない。
自分の周り以外はほとんど見えてないため、どう動けばいいかがわかってない模様。
く「ブロックが残ったままなのが気持ち悪い」らしい。流石はドリラ

その他の登場人物

P
春香美希の担当プロデューサー。本作ではボンバーマンシルエットで顔面に「P」と書かれたアイテムネルがはめられた姿をしている。
は不明だが、アイドル達が気づけなかったプレイグミスを時に捉えて内で即修正する等、かなりの上級者であることを伺わせている。
律子
ボンバーマンは見てるだけで十分」ということでランキングには参加していない。
事務所大人たちがいもってマダオなため、自分がしっかりしなければと意気込んでいる。
高木社長
美希の思い付きによる小鳥への罰ゲーム「負けたらアイドルデビュー」を認する。
出番は少ないが、ファンから美希宛に届けられたゴールドカートリッジをPや小鳥が横領しようとした際には威圧して阻止している。

主なボンバーマンでの技

みのるロナウジーニョ
通称「ロナ」。アイテムボムキック」を使い、爆めがけて爆弾を蹴り入れ、誘爆させる。
との距離に応じて「遠距離ロナ」「1マスロナ」「距離ロナ」等の種類があり、応用として「2連ロナウジーニョ」や「爆弾格子蹴り」、「みのるデスサイズ」等が存在する。
ずらし蹴り
通称「軸蹴り」。ボンバーマンの体を障物からわずかにはみ出させ、爆に巻き込まれない位置から安全に爆弾を蹴る技。「距離ロナ」をやるにはこの技が必要不可欠
みのるサイドトラップ
通称「サイト」。キックで蹴られた爆弾ボンバーマンの体で受け止めて停止させ、ロナを封じる。さらにその爆弾を蹴り返したりグローブで投げる等で反撃の起点とする攻防一体の技。
タメ投げ
アイテムパワーグローブ」を使った技。爆弾を設置した後、時間をおいてから持ち上げ、敵に直接投げつけて気絶させ、そのまま燃やす。
スパボン4以降で使用可な技であり、スパボン3までは持ち上げると爆発までの時間がリセットされる仕様のため、ボンバーマンマニアックスには不可能と記載されている。
起爆パンチ
アイテムパンチ」を使用する技。誘爆寸前の爆弾パンチで弾く。成功すると弾かれる前の爆弾によってが遮られ、自身は爆に巻き込まれなくなるが、タイミングが極めてシビアであり実戦向きではないとされている。しかしある条件で確実に成功させる方法があるらしく・・・・?
みのるファキンジャップ
爆弾格子蹴り等で詰みが確定した際、ギリギリのタイミング爆弾を投げて爆を相手の位置まで伸ばし、理やり引き分けに持ち込む技。
打撃
パンチまたはグローブで爆弾を直接相手にぶつけて気絶させる攻撃技。気絶すると一時的に身動きが取れなくなり、また取得したアイテムを落としてしまう。2では「みのるジャスティス」とも呼ばれていた。 ちなみに気絶時に落とすアイテムには以下のような優先順位がある。
パンチボムキックパワーグローブボムアップ火力アップスピードアップ

関連動画

先駆者

実は本作の3年前にすぬ~Pによるウソm@s作品として投稿されている(ただし、使用しているソフトスーパーボンバーマン2)。

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/23(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/23(水) 00:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP