今注目のニュース
『炎炎ノ消防隊』足から噴き出す炎がポイント!ブラックライトで照らすと発光する仕様の「森羅日下部」フィギュア発売
常磐道あおり運転 高須院長の『発言』に、ハッとする
ユーチューバーになったsyamuが突如の引退

ポケモンBW2対戦リンク単語

ポケモンビーダブリューツータイセンリンク

掲示板をみる(111)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ポケモンBW2対戦リンクとは、ニンテンドーDS対応ソフトポケットモンスターブラック2・ホワイト2(以下BW2)」における対戦動画を簡単に検索できるように作られたタグである。

概要

実況方法、編集方法、試合方式に関わらず、BW2における対戦動画全てに付けられるタグである。

前作「ポケットモンスターブラック・ホワイト(以下BW)」同様、DSでのランダム対戦が出来る。今作では切断に対する対策もされている。
 ~以下説明文より引用
(※通信エラーなどにより、Wi-Fiコネクションが切れると、レーティングが下がる場合があります)
(※通信対戦中に電が切れた場合は、しばらく対戦できなくなる場合があります。)

新技の習得、教え技の解禁、新たな夢特性の解禁、新たなフォルムの出現など、マイナーチェンジ版とはいえ前作と大きく環境が異なるため、BW動画とは違った戦法やポケモンが多く見られるようになるだろう。
ちなみに、前作BWとも対戦が可であり、これは相手のトレーナーを見れば、BWBW2か判断できるようになっている。
まだまだ動画数は少ないが、これから盛り上がりを見せてくれるはずである。

ポケモンBW2対戦動画を視聴する際の注意点

大百科ポケモンBW対戦リンク」参照~

ポケモンBW2対戦においても、対策がなされたとはいえ、未だに「切断」という行為が非常に多く見受けられる。もちろん、回線エラーである可性もあるということは忘れてはならない。それが故意であると断言できない以上、なるべく切断に関するコメントは控えておいた方が良いと思われる。回線エラーにより勝敗がつかないことは確かに不快であるだろうし、勝利前となれば尚更ではあるが、心を広く持とう。
前述の通り、ポケモンBW2環境ではBW環境と同じくDSをつかうので、バトレボの様に回線が定していない。 うp主が切断と断言して、す行為をして視聴者側に対戦相手の批判めた場合それは 「勝敗が決する直前まで追い詰め、相手に切断させた」 要するに勝ちとしてとらえることが出来るので対戦相手を批判する代わりにうp主に拍手しておこう。

次に対戦相手やうp主が高種族値ポケモン(いわゆる厨ポケガチポケ)、準伝説ポケモン悪と言われるようなポケモン(、回避、複数催眠など)、運ゲーポケモンマイナーポケモンなどをPTに入れていた際、対戦相手を批判してしまうと、視聴者うp主に迷惑がかかる。 うp主が使っているのが嫌な場合、動画としてのあなたに合わないということなので素直にブラウザバックをするのが良い。
ポケモンというゲームは非常に幅広い戦法があり、十人十色の戦い方ができるゲーム。どのようなポケモンをPTに入れていても自由であるし、技構成・戦法についても同じく自由である。
自分自身が批判される立場になって一度考えてみよう。
結局言いたいことは対戦相手を中傷するのはその動画の質を落とし、あなたが見る動画うp主に迷惑がかかるので相手を中傷しないこと。
そして、動画うpされてる方も、対戦相手を批判しないように心がけよう。

対戦相手の名前に関して

最近、動画内でよく議論に上がるのが「対戦相手の名前を隠すか否か」という問題。
まず、動画内で視聴者同士喧をするのは好ましくないので気をつけましょう。

さて、先述したとおり、ポケモンBW2は、DSでのランダム対戦が可です。当然、見ず知らずの人同士で当たる事がどだろうと思います。
そして、このランダム対戦の動画を上げることについては、相手の許可を取っている訳ではないから、せめて隠しておくべきではないかという意見が出始めています。
さらにその意見の多くに共通していることが、「自分の動画が勝手に上げられて見ず知らずの人にあれこれ言われるのは嫌だ」といったものです。

対戦を上げるだけなら、ポケモンBW2にはバトルビデオというものがあります。 ここにアップロードされることは納得したうえで、皆ランダム対戦を楽しんでいると思います。
バトルビデオニコニコ動画の決定的な違いは、やはりコメントの有かと思います。他にも投稿者の実況や編集なども大きな違いですね。
そしてこのコメントにより、自分の知らないところで、自分が罵倒されている・・・という事態も起こってしまっているのが現状です。
その対策として挙げられた一つが「対戦相手の名前を隠す」という方法。

とはいえ、投稿者に強制することはできませんし、この方法については賛否両論の状態です。 

そして、「視聴をする際の注意点」と内容が重複するのですが、私たち動画視聴者が対戦相手を批判するようなコメントをしなければ、このような事態は起こらずに済むのです。
動画投稿者は、「視聴者に向けての注意喚起」、「悪質なコメント投稿者権限で非表示にする」といった対策を取る必要があると思われますが、
われわれ視聴者コメントを打つ際、投稿者も動画内の対戦相手も"画面の中にいるから何を言っても大丈夫な相手"ではなく、"喜怒哀楽のある自分と同じ人"だということを意識してコメントして頂ければと思います。

関連商品

  

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/21(水) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/21(水) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP